小顔は「眉メイク」で作れる!2016年夏は陰影で魅せる小顔がトレンド

 シェアする

2016年06月26日 19:13 記事/うめっち

露出の多い夏だから、顔は小さくみせたいもの。350名の女性にアンケートを実施した資生堂によると、小顔になりたいと答えた女性は84.8%。ほとんどの女性が夏は小顔に見せたいと答えています。

小顔は「眉メイク」で作れる!2016年夏は陰影で魅せる小顔がトレンド

そんな女性たちが、小顔に見せるために最も重要視しているパーツは「目」と答えており、パッチリと大きい目は確かに小顔に見えます。

目に続いて「眉」や「唇」が小顔メイクには重要だと回答が出たものの、実際に眉の描き方に気を使っていると答えた女性はわずかだったそう。

目や唇と比べると、眉は形・濃さ・傾き・位置なども変えられる自由度の高いパーツですが、描き方によって印象がずいぶんと変わるだけに “いつも通り” になりがち。

小顔に見せるためには眉の描き方が重要だと知っているものの、どのようにすればいいかわからない…という方は意外と多いようです。

sponserd link
ad1

小顔ポイント!プロが教える陰影テクニック

資生堂ビューティークリエーションセンターのヘア&メーキャップアーティスト・中山氏によるポイントは以下。

透明感を演出するハイライトカラーを眉山(眉が最も高くなる位置)の上下やTゾーンに入れることで、鼻筋や眉骨に明るい高さが生まれる。

さらにノーズシャドーやアイブローを使って顔全体に奥行をもたらすことで、小顔効果が期待できるとのこと。

小顔メイクビフォーアフター

また、“錯覚”のスペシャリスト大阪大学の教授・森川氏も、「陰影」があるものを見るとそのグラデーションにより立体感が強調されるため、

同じ大きさのものでも陰影がある方が小さく見え、物体を「分割」することで元の大きさよりも短く感じると答えています。

陰影を使って小顔メイクを作る

そのため、ハイライトで高さを出し、ノーズシャドーで陰影をつけ立体感を出すことで小顔にみせることができる、というワケです。

ざわちん動画で見る、小顔トリック眉メイク

小顔に見える理由が分かったところで、次は実際のメイク法について。小顔メイクの方法は、ものまねメイクでお馴染みの “ざわちん”が動画で実証しています。

眉メイク用インテグレート ビューティートリックアイブロー

資生堂「ビューティートリックアイブロー」のCMに出演中の岸本セシルさん・小松菜奈さんのものまねメイクで、ざわちんがポイントを解説しています。


この夏はちょっと眉に力をいれて、小顔メイクにぜひ挑戦してみては!

ad2


あわせて読みたい

edit 『 女子力アップ 』の一覧

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ