ラインスタンプ

怖っ!夏のツケは遅れてやってくる…「秋老け」に、ご用心

 シェアする

2015年09月25日 07:00 記事/うめっち

暑い夏がやっと終わって、やっと涼しくなり始めたと思ったら…アレ?肌荒れが…!!なんて経験ありませんか?

怖っ!夏のツケは遅れてやってくる…「秋老け」に、ご用心

日差しの強い夏、アウトドアやうっかり日焼けなどでダメージを受けた肌。そのツケはひと月遅れでやってきます。

行楽の季節。スポーツもファッションも、食べる事だって楽しい秋なのに、肌荒れが原因で「あれ?なんか老けた?」なんて言われるのだけはゴメンです!

sponserd link
ad1

「秋老け」にならないために!秋の肌ダメージの原因と対策

秋発行の雑誌も、スキンケアに関する特集を全面に押し出してPR。秋の肌荒れに悩んでいる方はやはり多いよう。

voce11月号
VOCE(ヴォーチェ) 2015年11月号

夏から秋にかけて、肌へのダメージが大きい理由には以下のようなものがあります。

  • 日焼け(紫外線が最も強いのはなんと5月!
  • 冷房が効きすぎた室内での「夏冷え」は夏バテにもつながり、肌にも影響
  • 湿度が下がって皮脂・肌の水分量が減る
  • 秋花粉の影響(夏のダメージに加え、花粉で瞼や肌が腫れたり荒れやすい)
  • 代謝機能が低下(気温の変化で低下。ターンオーバーも滞りがち)

秋バテで体力が落ちている方は肌も荒れやすく、まさにWパンチ。

秋のスキンケアとして最も重要視されているのは、やはり「保湿」。夏のダメージを補い、冬の乾燥の季節に向けての備えとしても保湿が大切です。

スキンケア情報サイト「スキンケア大学」によると

(様々な保湿成分があり作用も働きかける場所も異なるが)肌の一番外側の表皮の中で水分量が多く、また失われやすい角質層の角質細胞間脂質「セラミド」を補うのも、効果的な方法の一つ via.秋にやりたい保湿美容ケア/スキンケア大学

として紹介されています。

また、保湿をしたら美容液やクリームなどでフタをしてあげる事もお忘れなく。日ごろのケアを怠りがちだけど、たまにスペシャルケアをする!…というよりも、毎日コツコツ丁寧にケアを続けていく事が秋老け(秋の肌荒れ)回避に効果があるようです。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 女子力アップ 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ