ラインスタンプ

これは試したい!生理前豆乳飲むだけダイエットがいい理由

 シェアする

2015年09月30日 18:25 記事/うめっち

生理前の1週間に毎日、豆乳を飲むだけのダイエット法が、ここ最近 巷で話題となっています。

筆者の周りでも試している女性は多く、SNSでも「2キロ痩せた!」などの嬉しい報告を見かける事もあり、気になっている人も多いのではないでしょうか。

これは試したい!生理前豆乳飲むだけダイエットがいい理由

しかし、豆乳を生理前に飲む事で身体に何が起こって痩せるのか?生理前はナーバスになりがちなので、やるからにはその辺りをキチンと納得してからやりたいですよね。

sponserd link
ad1

なぜ生理前になると、太るのか

生理前になると甘いものが食べたくなったり、食欲が止まらない…という女性が多い。筆者もその一人で、生理前になると必ずチョコレートが食べたくなり、生理が始まるとピタっとその欲がとまるという典型的なパターンです。

甘いものが食べたくなる、太る、憂鬱になる、不安感に襲われる…など、生理が始まる1週間前頃から現れる心と身体のトラブル(症状)は、月経前症候群(PMS)によるもの。

月経前に卵巣から多く分泌される女性ホルモンによっておこると言われています。

女性が辛そうにしている写真

Allaboutのダイエットガイドによれば、このホルモン分泌が増えると生理の出血などへの栄養不足に備えるため、体は栄養の補充や水分・塩分を蓄えたり、脂肪の代謝を遅らせようと、防衛本能が働いてしまう。

このため、生理前になると1~3kgほど体重が増加してしまうのですね。

「生理前に豆乳」の理由、それは女性のカラダが持つ周期を利用したもの

これとは対照的に、生理が終わってから排卵日までおよそ1週間前後は “キラキラ期”。

生理中のむくみが解消され、心も身体もスッキリしダイエットに一番適しているがこの時期。生理前に増加した体重は比較的自然に元に戻ります。

そんな女性の体のサイクルを前提として、豆乳を生理前に飲む。その理由は、豆乳に含まれる大豆サポニンやペプチドの働きを期待できるため。

  • 抗酸化作用
  • 血中コレステロール・中性脂肪を低下させる
  • 腸内の絨毛を収縮(栄養の過剰摂取防止)
  • 基礎代謝アップ

体が痩せやすいコンディションになっている時に豆乳を飲むことで、より効果を発揮しやすくなる。

美肌のためにも豆乳や豆腐などの大豆製品は積極的に摂りたい食品ですが、飲みやすい調整豆乳・味つき豆乳には砂糖が入っているのでご注意。摂りすぎると逆効果になる場合も。

生理前の溜めこみによるむくみや体重増加予防に、豆乳を活用すると良さそうです。

via. Allabout beauty食養生

ad2


あわせて読みたい

edit 『 女子力アップ 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ