知らないと損する、パックの正しい使い方

 シェアする

2017年01月11日 07:30 記事/うめっち

乾燥や肌のダメージが気になる季節、手軽に肌の保湿ができるためシートマスク(パック)は便利ですよね。

知らないと損する、パックの正しい使い方

ドラッグストアやコンビニ、100円ショップなどでも1枚入りのお試しモノから、デイリー使い用のお得セットまでたくさん販売されています。そんな人気のシートマスク(パック)ですが、何気なく使っているだけではせっかくのマスクがもったいない!

パックを使うタイミングや、前後にどういうケアが必要か?も実は重要。知らないと、せっかくのパック効果が半減ですよ!

sponserd link
ad1

パックのタイミングは、洗顔・入浴後に

エイジングケアなどのコスメラインを販売する銀座ステファニー化粧品によると、

シートマスクの使用タイミングは、毛穴が開き、汚れが除去された状態の【入浴後】【蒸しタオル】の後にと勧められています。

シートマスク(パック)は入浴後に

結構、入浴中にパックをする方もいるようですが、入浴中は発汗作用が強く、美容成分が十分に肌に浸透しないことや、汗や湯気でシートマスクが肌に密着しにくい。

そのため、入浴後の利用が最もいいタイミングだと勧められています。

また、一般的なシートマスクは、美容成分を含む「美容液のシート」のようなもの。そのため、使用するタイミングは美容液と同じように

洗顔 ⇒ 化粧水 でお肌を整えてから使用します。

さらに、マスクを外した後は、乳液やクリームといった油分を含むもので、保湿や美容成分を逃さないように蓋をします。

筆者はこれらを何も知らずに、入浴・洗顔後の肌にそのままシートマスクをのせていたのですが、先に化粧水で保湿した後に使用した方が確かに「肌がしっかり潤った」という感じがしました。

パックで保湿できるのだから、化粧水は必要ないデショ…なんて思っていたけれど、先に保湿しておいた方が美容液の吸収が良いようです。(※個人的な使用感含む)

最後に注意点。パック時間は、長ければいいというものではありません。マスクが乾くまで顔にのせておくと肌の水分まで一緒に奪われてしまい逆効果!…ということもあるため(参考)ご注意を。

それぞれシートマスクの特徴も異なる場合があるので、説明書や使用方法をキチンと読んで推奨される使い方でスキンケアをするのがよさそうです。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 女子力アップ 』の一覧

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ