ラインスタンプ

嵐が竹馬で高所の絶叫ホップ収穫!キリンビールCMに登場「ハイポール」

 シェアする

2015年10月29日 18:28 記事/うめっち

嵐が出演するキリンビールの「一番搾り とれたてホップ生ビール」CMが2015年10月に公開されました。

CMでは松本潤さん、相葉雅紀さん、二宮和也さん の3人が竹馬のような長い棒を足につけてワイヤーにしがみつき、「高い…!」「怖い!」と恐る恐る移動しながら、ビールのもととなるホップを収穫のお手伝い。

嵐が竹馬で高所の絶叫ホップ収穫!キリンビールCMに登場「ハイポール」

農家の方から「大丈夫かぁ~?」と心配されながらの作業は、なんち高さ5mのところで行われています。

しかし、ホップの収穫は本当にこのようなスタイルでされるものなのか?そして、どうやってあの竹馬らしき器具に乗るのか…など謎ばかり。

sponserd link
ad1

ホップの「毬花」を収穫するときに使う、竹馬のような器具は「ハイポール」

ホップは、ビールに華やかな香りと苦みをもたらす重要な役割を果たしています。

ホップの収穫を目にする事が少ないため、あまり知られていませんが、ホップのツルは5~10m以上にものびます。その先にビールの原料となる松かさに似た花のような「毬花(まりばな)」ができます。

ホップの毬花 写真

ツルは、高いところに張ったワイヤーから吊るすようにして栽培されているため、収穫する時もその高さまで上がる事が必要。

収穫の方法は農家によって異なりますが、その多くはトラックの荷台に足場を組み、鎌で刈り取っていく。

しかし、トラックが入れないような場所では、竹馬のようなあの器具・ハイポール(4m前後)を足に装着して、足長おじさんのようなスタイルで自ら移動しながら刈っていくのだそうです。

それにしても、あのハイポールをどうやって装着して立つんでしょうか。過去にナニコレ珍百景で紹介された内容によると、「斜めに立てたパイプをよじ上り、上空でハイポールを身体に固定。畑に張り巡らされたロープを伝って移動しながらホップを収穫」するのだとか。

日本でホップを栽培しているのは、北海道や東北地方。CMのロケ地は明かされていませんが、キリンは岩手県遠野市に契約農家があるとのこと。

以下はホップ収穫時の様子。


ちなみに、ホップの収穫は年に1回。初秋の頃に行われ、地元ではこの収穫の様子が秋の風物詩としてニュースにもなるようです。


via.KIRIN-品質への取り組み-

ad2


あわせて読みたい

edit 『 CMマニア 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ