ラインスタンプ

謎すぎる「養老天命反転地」GoogleアプリCMで気になるあの場所は、岐阜のアート施設だった!

 シェアする

2017年07月29日 17:00 記事/うめっち

Googleが2017年7月に公開したCM「斜めになりたい篇」で登場した、養老天命反転地(ようろうてんめいはんてんち)。

謎すぎる「養老天命反転地」GoogleアプリCMで気になるあの場所は、岐阜のアート施設だった!
Photo / youtube Google Japan

おでかけを面倒くさがる男性を、女性がその気にさせてレッツゴー。現地に到着し、斜めになった彼女の写真を撮りながら男性はメチャクチャ楽しんでいる様子がCMで流れ「行ってみたい!」となった人も多いはず。

あの気になるスポット「養老天命反転地」は、岐阜県養老郡養老町にある「養老公園」の中にある体験型アートの施設。

世界で活躍したアーティスト・荒川修作とその妻で詩人のマドリン・ギンズが、30年にも及ぶ構想を実現した作品で、対になる丘と窪み、沢山の曲がりくねった回遊路、大小さまざまな日本列島などが作られています。

sponserd link
ad1

岐阜の養老天命反転地は「アート×体の不思議」の体験型アート施設

養老天命反転地では、入園者はバランスを取りながら進んでいくと、予想もつかない「不思議」と出会える。

養老天命反転地 画像
Photo by K.mizusaki

中にはCMに登場したようなフォトジェニックなスポットも有り。

養老天命反転地 画像2
Photo by おはぐろ蜻蛉

以下の動画は、GoogleアプリCM。


養老天命反転地の作品内には、滑りやすい箇所や斜面もあるため動きやすい恰好で行くことが勧められています。また、ヘルメットや運動靴の貸し出しもあり。

行くとちょっとした不思議体験ができるかも。養老天命反転地(岐阜県養老郡養老町高林1298−2)の入園料は大人750円、高校生500円、小中学生300円。毎週月曜が休園日。

Googleアプリなら、目的地まで簡単にルート検索できる

お出かけするとき、Googleアプリの音声認識機能を使って「ここから〇〇まで」と検索すると、現在地から目的地までのルートや所要時間などが表示されます。実際に使ってみると、なかなか便利。

Androidスマホでは、ホーム画面の検索ボックスか、グーグルアプリから「ここから検索」。iPhoneでは、グーグルアプリをダウンロード後に、「ここから検索」を使ってみよう。

ちなみに、このCMシリーズではいろんな名所やスポットが紹介されています。以前CMに登場した「かずら橋」の現地の様子はこちらから

ad2


あわせて読みたい

edit 『 CMマニア 』の一覧

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ