い…イカツイ!仮面ライダー1号 藤岡弘、映画で復活

 シェアする

2016年01月28日 12:07 記事/mimi

仮面ライダーシリーズの第1作で、仮面ライダー・本郷猛を演じた藤岡弘、が映画「仮面ライダー1号」で44年ぶりに復活します。

い…イカツイ!仮面ライダー1号 藤岡弘、映画で復活
映画 仮面ライダー1号で藤岡弘、復活 / (c)「仮面ライダー1号」製作委員会 (c)石森プロ・ テレビ朝日・ADK・東映

仮面ライダーシリーズが45周年を迎えた事を記念して製作される今作では、仮面ライダーも44年分パワーアップしてボディもなんだかイカツくて、見た目からして強そうです!

主演を44年ぶりに演じる事になった藤岡弘、さんは現在69歳にも関わらず、日々鍛え上げた強靭な肉体で衰えを知らない。また、世界各地で難民の支援活動を行ってきた藤岡さん。

“命の大切さ” や “尊さ” をどこかで伝えたい…と思っていたところに今回の映画の話がきたため「これは良いチャンスだと思いました」と、企画段階から参加したという。

sponserd link
ad1

藤岡弘、復活!映画 仮面ライダー1号 予告動画

主演の藤岡弘、さんのコメントは以下。

仮面ライダー1号 藤岡弘
パワーアップした仮面ライダー1号 / (c)「仮面ライダー1号」製作委員会 (c)石森プロ・ テレビ朝日・ADK・東映

最初の「仮面ライダー」から45年経っているわけですが、改めて主演するというのは感慨深いものがありますね。まさか45年を経て主演ができるなんて思わなかったな。お話を聞いたときは血が騒ぎましたね。
今回演じるに当たり、当時どういう気持ちで取り組んだのか、原点を振り返りました。そのときの想いをもう1回投入しようと思ったんですね。当時見ていた人を失望させたくないですからね。自分としては、一生懸命頑張らせていただきました。映画では生のアクションも見ものだと思いますよ。いろんなものが進化してパワーアップしているからね。

今作では、仮面ライダー1号のビジュアルも44年という時を経て刷新。また、愛車のバイク「サイクロン」も、今作では「ネオサイクロン」としてバージョンアップしています。

仮面ライダー1号 ネオサイクロン

ストーリー
今から45年前、男は悪の秘密結社ショッカーの手によって改造人間にされた。あの日以来、人間の自由を守るため男は戦い続けている。彼の名は、本郷猛。この世に誕生した、最初の仮面ライダーである。
長年にわたり、海外で悪と戦ってきた猛は、ひとりの少女の危機を知り、急遽帰国する。猛は、ショッカーが少女を狙う理由を探っていた仮面ライダーゴースト=天空寺タケルや、その仲間たちと出会う。
少女の危機、そして日本の最大の危機に、伝説の戦士・本郷猛が「変身」する。

予告動画は以下より。


ちなみに、今作では現在テレビ朝日系列で放送中の「仮面ライダーゴースト」で天空寺タケル(仮面ライダーゴースト)やその仲間たちと、仮面ライダー1号が出会うシーンも描かれているため、

昔からの仮面ライダーファンはもちろん、最新作をテレビで楽しんでいるちびっ子も楽しめる作品となっています。映画「仮面ライダー1号」は2016年3月26日より公開。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ