2016年スーパームーンは11.14、今年最大の月にパワーもらおう

 シェアする

2016年11月08日 18:00 記事/うめっち

満月が一番地球に近く、大きくみられる日「スーパームーン」が2016年は11月14日にやってきます。

近年注目されているスーパームーン。月が地球の一番近くを通るタイミングと満月のタイミングが近ければ月がいつもより大きく・明るく見える。また、海の満ち潮が数センチ高くなるそう。

2016年スーパームーンは11.14、今年最大の月にパワーもらおう
画像はイメージ

天文情報サイトAstroartsによると、2016年は11月14日20時20分頃に月が地球に最接近(距離は約35.7万キロ)し、その約2時間半後の22時50分頃、ちょうど満月になるという。

来年・再来年のスーパームーンと比べると、月との距離は今年が一番近いようです。

厳密に「最大」の時間を求めると上記の時間になるようですが、肉眼では “そういえば大きいかも?” というくらいかもしれません。

「月が地平線近くにある時」に、樹木の間やビルの隙間など他の「モノ」との対比してみる事によって、より月を大きく感じる事ができるようです。

また、別の日と同じ場所・同じカメラで、同じ倍率で写真を撮るとその大きさの違いを感じられます。

このほか、パワーストーンを月の光にあてる(月光浴させる)ことで石のパワーを発揮しやすくなる(浄化する)ともいわれています。その神秘的な力をたっぷり充電しよう!

sponserd link
ad1
ページ上部へ