ペルセウス座流星群 2016、ピークは8月12日の深夜から!1時間に50の流れ星も

 シェアする

2016年08月09日 20:30 記事/うめっち

夏の天文現象のビッグイベントとして有名な「ペルセウス座流星群」のピークを楽しめる季節が、2016年もいよいよ迫ってきました。

ペルセウス座流星群2016、ピークは8.12深夜から!1時間に50個見えるカモ

ペルセウス座流星群は、毎年豊富な出現数(流れ星が沢山見られる)や、明るい流星が多いこと、屋外・深夜での天体観測には気温的にも恵まれていることから、初心者でも観測しやすい流星群と言われています。

国立天文台によると、毎年8月12・13日頃を中心に活動が見られるこの流星群は、2016年の極大(ピーク)も8月12日の22時頃とのこと。

子供たちでも比較的観察しやすい時間帯にピークを迎え、星空観測の大敵と言われる月の光も夜半頃(0時過ぎ頃)に沈むようです。

sponserd link
ad1

条件のいい場所なら、1時間あたり30~50個の流星も

天文情報サイトAstroartsによると、町明かりが少なく、空の条件が良いところであれば、13日未明頃には1時間あたり30~50個の流星が見られると予想されています。

またピークを迎える日の前後も、流星群のない普段と比べると流れ星が見られる可能性が高いようです。ピーク当日に観察できなかった場合も、チャンスはありそう。

出来るだけ流星群を見やすくするには、出来るだけ街灯のない視界の開けたところで観測すること。夜空全体を大きく見渡すことが、流れ星を見つけるコツです。

以下はAstroartsによる、ペルセウス座流星群のシミュレーション(13日深夜0時から明け方4時頃まで)


沢山の流れ星が見られますように!

ad2


あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ