ラインスタンプ

ふたご座流星群2016、ピークは12月13~14日にかけて

 シェアする

2016年12月11日 20:00 記事/うめっち

毎年12月中旬に活発な活動をみせる流星群、ふたご座流星群が2016年は12月13日22時以降から14日未明にかけて、極大日(ピーク)を迎えます。

ふたご座流星群2016、極大日は月に負けない明るい流れ星探して

ふたご座流星群は、「しぶんぎ座流星群(1月)」「ペルセウス座流星群(8月)」と共に【三大流星群】に数えられ、出現数の多い流星群。

国立天文台によれば、ふたご座流星群は一晩中流星が出現するのが特徴で、流星を初めて見ようという人にもおすすめ。条件がよければ1時間に40個以上の流れ星を観察できることもあります。

sponserd link
ad1

2016年のふたご座流星群 ピーク日は「満月」。条件は良くないが…

流れ星が沢山みられる「ふたご座流星群」ですが、2016年の極大日(ピーク)はちょうど満月にあたる日。

星空観察の大敵は、この月明りや街の明かり。周りが明るいと、弱々しく光る星は見えない事も多いため、夜空を明るく照らしてしまう満月は流星の発見度も落としてしまいがちです。

とはいえ、明るく強く光る流星なら見る事もできるため、今年は月明りを視界に入れぬよう注意しながら、夜空を大きく仰ぎ見てゆっくりと待つと良いかもしれません。

ちなみにこの日、月が沈む “月の入り” は東京で6時23分頃。満月の光は夜通し空に浮かんでいます。

またピークの13日22時以降から14日未明の時間を外しても、月明りの影響を受けない時間帯や場所を選べばいくつかの流星は見る事ができそう。参考にしてみてください。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ