ラインスタンプ

8月16日は女子大生の日!どんな意味があるの?

 シェアする

2016年08月16日 10:03 記事/うめっち

1年365日、それぞれの日になにかと記念日が制定されていて面白いですが、8月16日の今日は「女子大生の日」。

8月16日は女子大生の日!どんな意味が込められている?

SNSでも、男子たちが “女子大生” という響きにソワソワ。

しかし、女子大生の日ってどういう意味でつけられたのでしょうか?

sponserd link
ad1

昔は女子大生がいなかった?!大学は「男性」のモノだった

「女子大生の日」のキッカケとなったのは、1913年8月16日。東北帝国大学(現在の東北大学)が女子受験生3名(黒田チカ、牧田らく、丹下ウメ)の合格を発表したことで、日本初の女子大生が誕生した。

これが女子大生の日の由来だという。

今となっては女性の大学進学は普通の事ですが、東北大学が誕生した明治末頃の日本にとっての「大学」は、旧制高校を卒業した男子学生のための学校。

そのため、女性が入学することは考えられていなかったよう。

ところが1913年、創立間もない東北帝国大学(東北大学)が独自の判断で女性4名の受験を認め、その後、3名が合格したことを発表しました。当時は女性が大学受験を受けることすら異例の事だった為、文部省から事情説明を求める書簡が大学に送られるほど。

その後3名の女性は無事大学を卒業し、「初の女子大生」から「女性初の学士」へ。

その後の歩みはそれぞれだったようですが、3名のうちの1人・黒田チカさんは、現在のお茶の水女子大学の教員 → オックスフォード大学などへの留学 → 研究で業績を挙げ、国内で2番目の女性理学博士となりました。

現在もその名は東北大学に残り、優れた業績を挙げた大学院生に「黒田チカ賞」が与えられるそうですよ!

女子学生の歴史/東北大学

ad2


あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

ページ上部へ