中井貴一、朝のニュースキャスターに!

 シェアする

2016年05月23日 18:30 記事/うめっち

中井貴一が落ち目のニュースキャスターに!?朝の情報番組のメインキャスターを中心に繰り広げられる災難だらけの1日を追った映画「グッドモーニングショー」が2016年10月8日に公開されます。

映画 グッドモーニングショー、中井貴一キャスターの人生最悪の1日!?
(C)2016 フジテレビジョン 東宝

メガホンを握るのは、テレビの放送作家・脚本家として活躍し「踊る大捜査線」シリーズなどで手腕を発揮した君塚良一氏。

テレビ界を知り尽くした監督が最新作の題材に選んだのは、朝の情報番組である “ワイドショー”。

中井貴一が、報道からスポーツ・芸能・グルメ・人気動画…と多岐にわたる話題を、朝の生放送で視聴者に届ける番組のメインキャスター(主人公)を務めます。

私たちの生活になじみ深い題材でありながら、画面からは見られないテレビの裏側をユーモアたっぷりに描き出します。

sponserd link
ad1

映画 グッドモーニングショー あらすじ

▼あらすじ

主人公の澄田真吾(中井貴一)は、朝のワイドショー「グッドモーニングショー」のメインキャスター。
かつて報道番組のエースキャスターだったが、同期入社のプロデューサー石山(時任三郎)に拾われ、いまに至っている。
ある日、いつものように深夜3時に起床した澄田は息子と妻の言い争いに巻き込まれる。逃げるようにテレビ局に向かう途中、今度はサブキャスターの小川(長澤まさみ)から、二人の交際を今日の生放送で発表しようと迫られる。
さらに、石山Pからは番組の打ち切りが告げられ、踏んだり蹴ったりの事態に困惑していた。

そんなとき、都内のカフェに銃を持った男が人質を取って立てこもるという速報が飛び込んできた。
芸能ゴシップや政治汚職、行列スイーツ特集をおしのけ、たてこもり事件をトップのネタに番組はスタートするが、その直後、警察からとんでもない知らせが入る。
なんと犯人の要求は「キャスターの澄田を呼べ」というものだった…。前代未聞の生放送が、いま始まる!

以下は特報ムービー。


生放送といういろんな制約の中で番組作りに奮闘するテレビマンたちの舞台裏、そして大胆な展開も必見。

キャスト

映画「グッドモーニングショー」の出演者には、

  • 中井貴一:トホホなキャスター
  • 長澤まさみ:ぶっとび女子アナ
  • 志田未来:生真面目新人アナ
  • 時任三郎:のらりくらりプロデューサー
  • 浜田岳:ワケあり立てこもり犯
  • 吉田羊:冷たい妻
  • 松重豊:コワモテ警察特殊班
  • 池内博之:やり手のチーフディレクター
  • 林遣都:熱血報道担当

ほか。

この作品の制作にはフジテレビが携わっており、同局のワイドショーを模したりイメージさせる演出もあるかもしれません。番宣でキャストが本物の番組に乱入しておもしろい展開になりそうな予感です。

映画グッドモーニングショーは2016年10月8日全国公開。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ