ラインスタンプ

高速道路 途中下車OK!道の駅利用で利用料そのまま「賢い料金」

 シェアする

2017年09月28日 12:40 記事/うめっち

指定された道の駅を利用することで高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」制度が2017年より一部で導入・社会実験を行っていましたが、対象となる道の駅が17か所追加となり、全国20か所で実施されることが国土交通省より発表されました。

高速道路 途中下車OK!道の駅利用で利用料そのまま「賢い料金」

「賢い料金」は、高速道路で休憩施設同士の間隔がおよそ25km以上離れている区間が全国に100区間もあることから、休憩施設の不足を補い運転環境をより良くするために導入されたもの。

高速道路を降りて道の駅に立ち寄り、一時間以内に再侵入した場合は再度料金の徴収とならず 下りずに利用した料金のままとする制度。

当初は 道の駅玉村宿(群馬県)、道の駅もっくる新城(愛知県)、道の駅ソレーネ周南(山口)が施行対象となっていましたが、これに加えて全国17か所の道の駅が追加選定されました。

sponserd link
ad1

高速道路「賢い料金(一時退出)」追加対象の道の駅一覧

駅名 所在地 最寄り道路・IC名
おりつめ 岩手県九戸郡九戸村 八戸線・九戸IC
村田 宮城県柴田郡村田町 東北道・村田IC
猪苗代(いなわしろ) 福島耶麻郡猪苗代町 磐越道・猪苗代磐梯高原IC
ごか 茨城県猿島郡五霞町 圏央道・五霞IC
保田小学校 千葉県安房郡鋸南町 富津館山道・鋸南保田IC
しらね 山梨県南アルプス市 中部横断道・白根IC
親不知ピアパーク 新潟県糸魚川市 北陸道・親不知IC
若狭おばま 福井県小浜市 舞鶴若狭道・小浜IC
アグリの郷栗東 滋賀県栗東市 名神高速・栗東IC
丹波おばあちゃんの里 兵庫県丹波市 舞鶴若狭道・春日IC
奥大山 鳥取県日野郡江府町 米子道・江府IC
舞ロードIC千代田 広島県山県郡北広島町 中国道・千代田IC
来夢とごうち 広島県山県郡安芸太田町 中国道・戸河内IC
むいかいち温泉 島根県鹿足郡吉賀町 中国道・六日市IC
霧の森 愛媛県四国中央市 高知道。新宮IC
彼杵の荘 長崎県東彼杵郡東彼杵町 長崎道・東そのぎIC
えびの 宮崎県えびの市 九州道・えびのIC

実験開始時期はそれぞれ異なる。詳細日時は今後発表される予定。

高速道路「賢い料金(一時退出)」の利用方法

一時退出が可能となる「賢い料金」の利用条件は、以下の通り。

  • ETC2.0搭載車であること(2015年7月1日以降にETC2.0セットアップをした車載器)
  • 高速道路を降りて道の駅に立ち寄り後、1時間以内に再侵入した場合

道の駅に立ち寄ったという証明などは必要ありませんが、高速道路を一定距離以上を連続して利用した場合の料金割引措置であること/再侵入は順方向に向かう場合のみ適用という条件があります。

高速道路 の写真

また、一番の重要ポイントが「ETC2.0搭載車」であること。

ETCは高速道路の自動料金収受を行うことができるシステムですが、「ETC2.0」は、従来のETCがバージョンアップしたもの。

大きなサービス内容の違いは、自動料金収受に加えてカーナビと連携することで渋滞情報や災害時支援情報などが取得できる「情報提供サービス」と経路情報を活用した、民間を含むサービスが受けられること。

ETC2.0について詳しくはETC総合情報ポータルサイトにてご確認ください。

2016年4月からは首都圏の道路料金の改定があり、ETC2.0で圏央道を利用すると、料金がおよそ2割引きとなるため特に首都圏の高速利用者はこちらを搭載している人が多そうです。

従来のETC車載器では料金支払いしか利用ができないので、「ETC2.0対応車載器」に買い替えてセットアップを行う必要がありますのでご注意を。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ