ラインスタンプ

浴衣に金魚・納涼スイーツなど日本橋で涼を楽しむイベント、9月末まで開催

 シェアする

2016年07月12日 12:00 記事/うめっち

江戸時代に日本橋で生まれた “涼をとる” 様々な生活の知恵や工夫を、現代流にアレンジしたイベントを街中で行う「ECO EDO日本橋2016」が7月8日~開催されています。

浴衣に金魚・納涼スイーツなど日本橋で涼を楽しむイベント、9月末まで開催
Photo / nihonbashi-tokyo.jp

ECO EDO日本橋2016では、「五感で楽しむ、江戸の涼」をコンセプトに、様々な方法で訪れる人をおもてなしする。

  • “見て” 涼を感じる=金魚・提灯
  • “着て” 涼をとる=浴衣
  • “聞いて” 涼をとる=風鈴
  • “食べて” 涼を感じる=スイーツ
  • “江戸の知恵” で涼む=舟遊び、打ち水

五感で涼を味わうこのイベントでは、日本橋のあちこちで楽しむことができます。

sponserd link
ad1

金魚と浴衣がキーワード、ECO EDO日本橋2016

2016年7月8日~9月25日まで開催される「ECO EDO日本橋2016」。これに連動する形で日本橋三井ホールでは過去最大規模の展示数を誇るアートアクアリウムが開催されています。

水の中を優雅に泳ぐ金魚を見るだけで、涼しげな気持ちに。

アートアクアリウムのプロデューサー、木村英智さんは「ECO EDO日本橋2016」の総合プロデューサーも務めており、日本橋は「金魚」であふれかえります。

ECO EDO日本橋 金魚提灯 仲通り

福徳神社へと続く参道「仲通り」や「コレド日本橋」では彼がデザインした高さ約1.8mの「金魚大提灯」が登場。仲通りにはこれに加えて約100個の金魚提灯も設置される。

また、8月28日までの土日には「金魚屋台」が福徳神社やコレド日本橋などに出現。

さらに、各地から金魚すくいの腕自慢が集まる祭典「日本橋」金魚すくいグランプリも開催。予選を勝ち抜き優勝を目指すコースと、1人1回200円で参加できるお楽しみコースもあり。

川辺では、山口県柳井市の特産品「金魚ちょうちん」を飾った納涼船で夜景クルーズを楽しめ、船内ではかき氷食べ放題もついてくる「納涼金魚ちょうちん船」も実施される。

金魚ちょうちんの画像
画像は山口県柳井市の「金魚ちょうちん祭り」の様子

このほか、日本橋にある各店舗にて金魚をモチーフとしたスイーツの販売、日本橋地域を無料で行き来できる無料の週末運行「金魚トロリーバス」が走るなど、内容盛りだくさん。

浴衣で街をぶらぶらできる浴衣レンタル・着付けセットもあり。詳しくは、専用サイト「まち日本橋」をご確認ください。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ