PとJK 実写映画化!亀梨×太鳳で、警官と女子高生のラブストーリー

 シェアする

2017年01月21日 12:00 記事/うめっち

仕事に真面目な警察官と女子高生が一緒にいる方法はただひとつ。それは…結婚!?累計260万部を突破した、現在も連載中の人気マンガ「PとJK」が亀梨和也・土屋太鳳主演で2017年3月に実写映画化されます。

PとJK 実写映画化!亀梨×太鳳のキャスティングにキュンとせずにいられない
(c)2017「PとJK」製作委員会

「警官の制服姿がカッコイイ」「どんな時も守ってくれる」「男らしい」そんな女性の理想像のような “P(ポリス)” 功太に亀梨和也さん、

そして恋愛初心者ながらも功太の心をつかみ、結婚までしてしまうという元気な “JK(女子高生)” を、土屋太鳳さんが演じます。

sponserd link
ad1

映画「PとJK」予告動画、ストーリー、キャスト、主題歌情報

マンガの実写化というと、読者それぞれに登場人物のイメージがあるため、キャスティングに物議をかもすことも多々ありますが、筆者個人的にはイメージピッタリの配役!

PとJK 原作マンガ
画像は原作コミック PとJK/三次 マキ

特に亀梨くんは警官の功太役がしっくりきている感じが、予告動画からも伝わってきます。ストーリーは以下。

女子高生で恋愛初心者のカコ(土屋太鳳)は、ある日警察官の功太(亀梨和也)と出会う。
カコは男らしい功太に惹かれ、ふたりの恋愛がスタートするかに見えたが、功太はカコが実は女子高生だと知って戸惑う。功太は職務上、女子高生と軽々しく付き合うことはできない。

そこで功太はいきなり「結婚しよう」とプロポーズ!!突然のことにカコはビックリしたが、うれしくて功太との結婚を決める。そして、ふたりのナイショの結婚生活がはじまった。

楽しくてラブラブな新婚生活を夢見るカコは、オトナな功太にドキドキさせられっぱなし。しかし、警察官と女子高生という立場の違いから、気持ちのすれ違いも出てきてしまう…。
そんな中、二人を巻き込む大事件が発生!果たしてふたりは困難を乗り越えて、本当の幸せを掴むことができるのか?

予告動画は以下より。


▼キャスト
亀梨和也/土屋太鳳/高杉真宙/玉城ティナ/西畑大吾(関西ジャニーズJr.)/村上淳/ともさかりえ/大政絢/田口トモロヲ ほか。

予告動画でも使用されていたポップでハッピーな劇中歌は、ブルーノ・マーズ「マリー・ユー」。キュンとくる青春映画に華を添えます。

無邪気な高校生の太鳳ちゃんと、ヒロインにだけ放たれる亀梨くんのキラキラ感にときめいて。映画「PとJKは」2017年3月25日に全国ロードショー。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ