ラインスタンプ

方言のおもてなしに傘の貸出も!ダイドーの自販機が画期的

 シェアする

2015年11月17日 18:00 記事/うめっち

ダイドードリンコが2015年9月から、東名高速道路・新透明高速道路のSA・PA(34エリア)に設置している自社自動販売機 計44台に「おしゃべり機能」を導入し

地元の方言でおしゃべり・おもてなしする自販機が各地で増えています。

方言のおもてなしに傘の貸出も!ダイドーの自販機が画期的

ダイドードリンコの方言おしゃべり自販機は、お金を投入したり商品を選択すると「よく来てくれたね!ありがとう!」「ありがとう、ここでゆっくりしていってね」などの言葉を方言でおしゃべり。

方言おしゃべり自販機ののれん
のれんまで作って、ちょっとかわいい(笑)

これまでにも、観光地やバイパスのPAなどで盛岡弁・仙台弁・ふくしま弁・土佐弁・阿波弁・沖縄弁・広島弁・博多弁・名古屋弁・津軽弁・関西弁の方言自販機が設置されており、今回新たに 横浜弁・静岡弁・浜松弁・三河弁などが加わりました。

観光客の利用が多いと予想される高速道路のPA・SAへの導入ということで、他県から訪れたドライバーをご当地の方言でおもてなし。長距離運転のドライバーに、ちょっとした癒しになりそうです。

sponserd link
ad1

自販機で傘の貸し出し!?日本らしいサービスが大阪からスタート

また、ダイドードリンコは2015年10月21日から大阪市の60台の自販機にレンタルアンブレラBOXを設置。

ダイドードリンコ 自販機横にレンタルアンブレラボックス

自販機の横に「DyDo」のロゴ入り傘を数本設置して、無料で貸し出すというもの。傘を利用した人は、借りた場所へ返却する。本当に返ってくるのか?とちょっと心配にもなりますが、なんだか日本らしいサービス。

これは、地域の方に飲料の提供以外の形で貢献したいと言う想いから発案され、試験的にスタートした取組みなのだとか。

通勤や通学途中にある自販機なら、翌日の出勤途中などに返却することもできるため、突然の雨に困った場合には有難いサービスになりそう。また、ロゴマークの入った傘をさしてくれれば、歩く広告塔にもなりますね。

この他にも最近の自動販売機はいろんな機能が。災害時に飲料の提供ポイントとしての役割を担ったり、Wi-Fi対応になったり、ジュースだけでなくお菓子の販売など個性ある自動販売機が登場しています。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

ページ上部へ