ラインスタンプ

早く観たい!可愛すぎる映画「ペット」声優はバナナマンが担当

 シェアする

2016年03月15日 17:51 記事/mimi

2016年夏に公開が予定されている映画「ペット」。ミニオンズを生み出したユニバーサルスタジオとイルミネーションスタジオがタッグを組んだ最新作なのですが、予告動画だけでも非常にワクワクする仕上がりで、公開が待ちきれない楽しみな映画です。

早く観たい!可愛すぎる映画「ペット」声優はバナナマンが担当
(C)UNIVERSAL STUDIOS

テーマは、飼い主が家を留守にしている間、ペットたちはいったい何をしているんだろう?といったとても素朴な疑問。普段は飼い主たちが見る事の出来ないペットたちの裏の表情やヒミツを、可愛らしくユーモアたっぷりに描いています。

与えられたペットフードには見向きもせずに、勝手に冷蔵庫を開けてみたり、キッチンアイテムを意外な使い方で遊んでみたり。ペットを飼ったことのある人なら誰もがほっこり笑顔になってしまうような、可愛いペットたちだけの時間と世界が広がります。

sponserd link
ad1

バナナマン設楽&日村が、監督のラブコールで日本語吹き替え版に

前作のミニオンズにも声優として出演していたバナナマンの2人。彼らの吹き替えを絶賛したプロデューサーと監督の2人からWオファーという形で今作「ペット」のメインキャラクターをバナナマンにオファーされたのだとか。

映画 ペット あらすじ
(C)UNIVERSAL STUDIOS

飼い主であるケイティのことが大好きで、彼女が仕事に出ていくたびにひどく寂しがるテリア混ざりの雑種犬「マックス」を設楽が担当し、

ケイティによって保健所から保護され、マックスよりも自分のほうが支配権があると主張するのろまな犬「デューク」を、日村が担当。また、2匹の飼い主であるケイティは佐藤栞里が声優を担当した。

予告ムービーは以下より。



マックスとデュークが道に迷った挙句、保健所の車に乗せられ連れていかれてしまう…。2人を助けようと、ペット仲間が一致団結し、救出の旅に出ます。

日本での公開は2016年8月11日とのこと。これは早く観たい、待ちきれません!

ad2


あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ