ラインスタンプ

映画「世界から猫が消えたなら」、失うことで見えてくる世界

 シェアする

2016年05月06日 18:00 記事/うめっち

映画プロデューサーとして「電車男」「告白」「悪人」「おおかみこどもの雨と雪」など大ヒット作を手掛けた川村元気の初の小説、世界から猫が消えたなら が映画化。2016年5月14日に全国公開となります。

映画「世界から猫が消えたなら」、失うことで見えてくる世界
(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会

主演に佐藤健、その元恋人役に宮崎あおい…と豪華キャストが並びますが、そのタイトルからはストーリーがあまり見えてこない。

佐藤健さんが大切そうに抱く猫が話の鍵を握っているのは間違いなさそうですが、一体どういうあらすじで、何が描かれる映画なのでしょうか。

sponserd link
ad1

映画「世界から猫が消えたなら」あらすじ

主人公の「僕(佐藤健)」は30歳の郵便配達員。愛猫・キャベツと一緒にふたりぐらし。ある日の午後。あまりにひどい頭痛がするので病院にいってみたら、脳に腫瘍ができて、余命わずかと宣告されてしまった。

映画 世界から猫が消えたなら 場面カット
(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会

もうすぐ死ぬ…?そんなこと簡単に受け入れられるはずもなく、ショックで呆然とする僕の前に、ひとりの男が現れた。その男は、僕と同じ姿形をした「悪魔」だという。(佐藤健 二役)

映画 世界から猫が消えたなら 場面カット2
(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会

悪魔は僕に、「世界からものを一つ消せば、一日の命をあげる」とささやいた。ただし消すものは、僕にとって大切なものじゃなきゃダメらしい。

悪魔との取引きで、僕は、世界から電話を消す。電話が無い世界も、それはそれで悪くないかも?なんて軽く考えたけど、とんでもない。

別れてもなお僕が想いをひきずる元彼女(宮崎あおい)とは、一本の間違い電話がきっかけで出会ったのだ。だから電話が消えてしまったことで、大切な思い出も、彼女と出会ったことさえもすべてなくなってしまった。

映画 世界から猫が消えたなら 場面カット3
(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会

次に、僕が消したのは「映画」だった。映画好きな僕が持つ、たった一人の親友(濱田岳)とは映画の話で盛り上がって仲良くなった。なのに映画マニアの彼の世界からも「映画」を奪ってしまった。

映画 世界から猫が消えたなら 場面カット4

こうやって、どんどん大切なものを1つずつ世界から消し、1日の命を得ていく僕。

そして、世界から「猫」が消える・・?僕が小さなころ拾ってきたネコ「レタス」や、レタスの死後、家にやってきた「キャベツ」。二匹とも小さなときから我が家で育てた大切な家族の一員だ。亡くなった大好きな母も、キャベツをとても可愛がっていた。

もしも世界から猫を消してしまうと、キャベツやレタス、そして母と笑いあった日々の記憶も消えてしまう。

僕は生きるために、世界から猫を消してしまうのだろうか。

HARUHIが歌う主題歌「ひずみ」MVで全体がつかめる、映画のストーリー

佐藤健、宮崎あおい のほか、濱田岳、奥野瑛太、石井杏奈、奥田瑛二、原田美枝子と実力派がそろう今作ですが、主題歌を担当するHARUHIさんはこれがデビュー曲。

この映画のためにつくられたような歌詞のその曲のMVがHARUHI オフィシャルYoutubeチャンネルで公開されています。

「1日の命のために、大切なものを1つ消す。そうしたら世界はどう変わるのだろうか?」そんな映画の全体の雰囲気、温かさ・切なさが伝わる動画に仕上がっているので、曲と共に以下よりご覧ください。


映画「世界から猫が消えたなら」は2016年5月14日全国ロードショー。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ