パスポート新デザインに葛飾北斎、2019年から全ページ異なるデザインに

 シェアする

2016年05月30日 18:00 記事/うめっち

日本のパスポート基本デザインが、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」になることが外務省より発表となりました。

パスポート新デザインに葛飾北斎、2019年から全ページ異なるデザインに

パスポートの変更時期は、2020年東京オリンピック開催前の2019年度中の導入を目指す予定。

表紙は現在と同じですが、入国・出国時にその証明となるスタンプを押すページが冨嶽三十六景の作品になるというもの。

sponserd link
ad1

見開きごとに異なるデザイン、葛飾北斎「冨嶽三十六景」から24作品

パスポートを開いて白紙だったページに、以下のようなイメージで葛飾北斎のデザインがプリントされる予定。

2019導入予定 パスポートの中身のデザイン

見開きごとに「冨嶽三十六景」の各作品が採用され、すべてのページで異なるデザインが楽しめます。採用されたのは以下24作品

2019導入予定 パスポートの中身のデザイン2

2019導入予定 パスポートの中身のデザイン3

日本人の私たちでも意外と見たことのないものもあります。入国・出国の証となるパスポートですが、心は日本にある…というような、ちょっと洒落たものになりそうですね。

ちなみに、葛飾北斎「冨嶽三十六景」の絵柄をうまく取り入れたパスポートカバーも人気がありました。新しくなった新パスポートに、このカバーをしておけば完璧な仕上がりになりそうです。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ