ラインスタンプ

映画 青空エール、土屋太鳳と竹内涼真でピュアな青春ストーリー

 シェアする

2016年08月17日 18:00 記事/うめっち

数々の人気漫画を生み出した「別冊マーガレット」から、この夏注目の実写映画『青空エール』が2016年8月20日に全国公開となります。

映画 青空エール、土屋太鳳と竹内涼真でピュアな青春ストーリー

映画 青空エールの主演は、大ヒットドラマ「下町ロケット」で共演経験のある 土屋太鳳さん・竹内涼真さん。

原作は「高校デビュー」「俺物語!!」などでも知られる河原和音さん。今回はまっすぐ真剣に部活に取り組む二人の男女の青春ストーリーを描いています。

そのまっすぐさ・純粋さに「涙でページがめくれない!」と読者の心をわしづかみにし、コミック完結時には『青空ロス』と嘆くファンもいたほど。

筆者も原作を読んだ1人ですが、今回の実写映画化では原作キャラのイメージにぴったりな爽やかキャストのため、期待できそうです!

sponserd link
ad1

映画 青空エール キャスト・ストーリー

▼キャスト
土屋太鳳/竹内涼真
葉山奨之、堀井新太、小島藤子、松井愛莉、平祐奈、山田裕貴、志田未来、上野樹里

あらすじは、以下の通り。

ブラスバンドの応援に憧れる小野つばさは、吹奏楽部の名門・白翔高校に入学する。だが、トランペット初心者のつばさ。レベルの高い猛練習についていけず、何度も挫折しそうになる。
そんなつばさを勇気づけてくれたのが、クラスメートで野球部員の山田大介。お互い夢に向かって励まし合うふたりは、ある「約束」をかわす。
それは、いつか甲子園に大介が出場し、アルプススタンドでつばさがトランペットで応援すること。

映画 青空エール 場面カット1

いつの間にかつばさには、大介へのほのかな想いが芽生えていた。1年生の夏、地区予選の決勝まで勝ち進んだ野球部を、吹奏楽部が応援することに。
ところが途中出場した大介のミスで惜しくも敗退。グラウンドで立ち尽くす大介のために、つばさは一人でトランペットを吹いてしまう。

映画 青空エール 場面カット2

謹慎処分となったつばさを心配して訪ねて来た大介。ふくらむ気持ちを抑えきれずに、つばさは大介に「好きっていったら困る?」と告白してしまう。 ・・・・つばさと大介の恋の行方は?そして、ふたりの夢のたどりつく先は?

壁にぶつかっても、大切な仲間たちと支えあい、一心不乱に前に進む。大好きなあの人にきっとエールを送りたくなる、ひたむきな「青春」ストーリーが夏の空に鳴り響く―。

以下は予告ムービー。


これは涙なしでは見られない予感…。

脇を固めるキャストも、原作キャラに近いキャスティング

映画 青空エールでは「のだめカンタービレ」で天才ピアニストで指揮者に恋をする役を演じた上野樹里さんが、今度は熱血指導者(顧問・指揮者)になり、

映画 ターザンREBORN 場面カット3

ゼクシィCMでかわいすぎる!と話題になった松井愛莉さんが主人公の親友役。

ビジュアル的(特に髪型)に原作にかなり寄っている小島藤子さんが吹奏楽部部長を演じるなど、キャスティングも個人的にはツボにハマッている作品です。

映画 青空エール ポスター

映画 青空エールは2016年8月20日、今年の甲子園の準決勝戦開催日に公開です。

(C)2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社

ad2


あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ