ラインスタンプ

星野源の魅力が詰まったエッセイ集「いのちの車窓から」

 シェアする

2016年12月21日 20:00 記事/うめっち

ドラマ「真田丸」「逃げるは恥だが役に立つ」などでは俳優として、また歌手としても今年大ブレイクだった星野源ですが、実は文筆家としての評価も高いという多才なお方。

そんな星野源の魅力が詰まったエッセイ集「いのちの車窓から」が、2017年3月30日から発売されます。

星野源がこっそりツイッター!?エッセイ集「いのちの車窓から」で逃げ恥秘話も
星野源「いのちの車窓から」

星野源が現在、唯一連載を持つ雑誌「ダ・ヴィンチ」。

『いのちの車窓から』は、ダ・ヴィンチで2014年12月号からこれまでに連載されてきた内容に、新たに書き下ろしたものが加えられています。

エッセイ集のタイトルになっている『いのちの車窓から』とは、普段かけている度の強い眼鏡のレンズ越しに周囲を見ている自分を、なんとなく “窓の内側にいるもの” と感じていることを綴った収録の表題作からとったもの。

「人生は旅だというが、確かにそんな気もする。自分の体を機関車に喩えるなら、この車窓は存外面白い。」(収録エッセイより)など、星野源の面白さや感性・哲学などが詰まった、頭の中を覗ける1冊となっています。

ちなみにエッセイ集の中には、大ヒットしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」撮影現場での秘話や、念願だった紅白出場、大ヒット曲「SUN」「恋」が生まれるキッカケなども語られています。

また、こっそりと別人としてツイッターをやっていたエピソードや、集団ではいつも一人だった自分が「自分は人見知りだ」と自ら言うことをやめたきっかけなど、

星野源が約2年間に渡って見てきたもの・感じてきたことが詰まった1冊(約200ページ予定)。単行本化熱望の声が殺到したことから、緊急出版が決定したのだそうですよ。

星野源 著書「いのちの車窓から」は2017年3月30日発売で1200円。現在予約受付中。ちなみに、過去に出版された著書「蘇える変態」も気になる一冊です。

sponserd link
ad1
ページ上部へ