クイーンエリザベス、寄港の様子

 シェアする

2017年03月18日 18:00 記事/mimi

クイーンエリザベスは『世界で最も有名な豪華客船の名前を継ぐ』と言われるクルーズ客船。英国王室との縁が深いと言われるイギリスの海運会社・キュナードだからこそ、女王の名前を付けることが唯一許されたのだとか。

クイーンエリザベス、寄港の様子

クイーンエリザベスは伝統的なエレガントな内装で、全長は294m、定員は2077名の大型客船。世界一周クルーズやアジアクルーズなどがあり、日本からの主な発着は大阪・神戸・横浜となっています。

クイーンエリザベス クルーズ客船

世界一周クルーズでは、発着地以外に国内では鹿児島・広島に寄港するため、これらの港で目にすることも。

クイーンエリザベス 豪華客船
写真は広島・五日市港に寄港したクイーンエリザベス

また、アジアクルーズでは横浜や大阪から発着し、国内では広島・高知などに寄港しながら、釜山などを巡ります。(※スケジュールは船会社事情により変更する場合あり)

以下の動画は、クイーンエリザベスが停泊中の様子。


客室はシングル(約14㎡~)デラックス(約19㎡)、バルコニー付(約23㎡)などからグランドスイート(約128㎡~)など10以上の客室タイプあり。

sponserd link
ad1
ページ上部へ