ラインスタンプ

ロストラル、美食のクルーズ船が広島港・宮島沖に停泊

 シェアする

2017年05月07日 11:22 記事/mimi

フランスのクルーズ船・ロストラル(L'AUSTRAL)が2017年5月4日に広島港に寄港。午前中、乗客が広島市内を楽しんだあと午後から船は宮島へと移動しました。

ロストラル、美食のクルーズ船が広島港・宮島沖に停泊

ロストラルはフランス籍の船で、大型のプライベートヨットをイメージした仕様のラグジュアリーな船です。就航は2011年で全長142m、全幅18m、乗客定員は264名で巡航速度は16ノット(約30km/h)。

ロストラル、美食のクルーズ船 広島港と宮島に寄港

客室数は132室、全室オーシャンビューでそのうち125がバルコニー付き。特に食事にこだわっており、フランス料理のフルコースが自慢の「美食の船」としても知られています。

客船としては小柄ながら、シアターやスパ、サウナ、フィットネス、ライブラリー、プール、ブティック、レストランやバーなど、様々な施設を有しています。

sponserd link
ad1

動画で見る、クルーズ船「ロストラル」

以下の動画は、宮島沖(広島県廿日市市)に停泊中のロストラルの様子。


前港・広島港から宮島へと移動中には、五日市港を目指していた大型客船サファイアプリンセスとすれ違う光景もありました。

豪華客船サファイアプリンセスと、クルーズ船・ロストラル
奥がサファイアプリンセス/手前がロストラル

ロストラルは、サファイアプリンセスなど大型客船と比べると小さな客船ですが、全長142mあるため、そばを行き交うフェリーや連絡船と比べるとその大きさを感じます。

ロストラル、宮島の連絡船やフェリーと比較

カキ筏の並ぶ宮島沖まで移動すると、そこに碇を下ろして停泊したロストラル。

宮島沖に停泊するロストラル

ここから宮島までは、小型のボートにて移動するようです。

ロストラルの小型ボート

ロストラルの船尾

ロストラルの船尾につけた小型ボートに乗り込み、宮島観光へ向かう乗客の姿がありました。

ロストラルの船尾から小型ボートに乗り込む

ちなみに、ロストラル(L'AUSTRAL)とはフランス語で「南」を意味する言葉なのだそうですよ。

美食のクルーズ船、ロストラル

広島県に寄港した豪華客船・クルーズ船いろいろ

ad2


あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ