北海道放送のラテ欄 縦読みがかつてない出来だと話題

 シェアする

2014年04月23日 19:00 記事/mimi

プロ野球中継のラテ欄 を縦読みすると意外な文章になっている!とよくツイッターなどで話題になりますが、2014年4月23日の新聞に掲載された

北海道放送の日本ハム×ソフトバンクの野球中継のラテ欄がこれまでにない長さの文章を作ってきた!とこれまたツイッターで話題になっています。

北海道放送のラテ欄 縦読みがかつてない出来だと話題
Photo by @asamidou

そのラテ欄を縦読みすると......

おそらく試合終了までお届けできるはず

...と...。ラテ欄担当者はこれだけに心血を注いでいるのではないか!?と思えるほどの出来。

ふつうに横読みすると、「ファイターズらしい野球をお楽しみください!!」「どこまで飛ぶ!?中田の打球でかい一発見せてくれおおきな声援は東京に届くはず...」

などなど、ファイターズ愛にあふれたエールが並んでいます。
※ラテ欄の「ラテ」とは、ラジオ・テレビの略のことで、新聞などで放送予定がかかれている欄のことがラテ欄と呼ばれています。

sponserd link
ad1
ページ上部へ