雲丹めかぶ、ごはんやお酒がススム絶品の佃煮

 シェアする

2015年11月26日 18:35 記事/mimi

島根県浜田市で作られている、雲丹めかぶ(ウニめかぶ)。以前、行列のできる法律相談所で島田紳助やイモトアヤコらが絶賛したことで注目された、ウニとメカブの佃煮です。

雲丹めかぶ、ごはんやお酒がススム絶品の佃煮

ウニとめかぶ、想像しただけでお酒が欲しくなってきます。

メカブとは、ワカメの根元部分のこと。ヌルヌル・ネバネバの成分であるフコイダンやアルギン酸を豊富に含み、免疫力を高める効果もあるといわれる体にも美容にもいい海藻です。

sponserd link
ad1

ウニとメカブの相性がばっちり!人気お土産の「雲丹めかぶ」

雲丹めかぶのパッケージは以下のような感じ。

雲丹めかぶ イモトも絶賛

開封してみると、甘く煮込んだめかぶの佃煮が見えます。

雲丹めかぶ、食べ方

ウニは瓶の底にたまっているので、これを最初にメカブと混ぜてから、ごはんに乗せて頂きます。

雲丹めかぶ、簡単レシピ

佃煮なので甘めに煮込んでありますが、甘すぎず、時折ウニの香りもして、ごはんが進みます。

雲丹めかぶ、おいしい食べ方

大人はもちろん、子供も好きな味じゃないでしょうか。雲丹めかぶの食べ方は、ごはんのお供にするほかに、スライスした山芋に乗せて食べてもよし。

150g入りで価格は500円弱。1瓶すぐに食べきってしまいそうです。個人的には、もう少しお値段が高くてもいいので、ウニがもう少し増量してあったほうがさらに好みでしょうか。島根方面にお出かけの際のお土産にすると、喜ばれそうです。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 グルメ・スイーツ 』の一覧

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ