ラインスタンプ

粒つぶアイス「ディッピンドッツ」は新食感アイスクリーム

 シェアする

2015年12月15日 12:35 記事/mimi

ディッピンドッツアイスクリームという名の、アメリカ生まれの小さな粒状のアイスクリーム。ディッピンドッツは、独自製法で作られた、つぶつぶ・さらさらな見た目も食感も新しいアイスクリーム。

粒つぶアイス「ディッピンドッツ」は新食感アイスクリーム

アメリカでは1988年から販売されていたアイスクリームで、今や世界19か国に広がっています。

日本でもテーマパークや高速道路のサービスエリアなど、いろんな場所で見かけます。小さい粒がとてもカラフルで、見た目にも可愛らしいアイスクリームですが、いったいどんな味や食感なんでしょうか。

sponserd link
ad1

ディッピンドッツアイスクリームの味や作り方は?

ディッピンドッツアイスクリームは、通常の約20倍のスピードで製造することで、小さな結晶(粒状)という形とクリーミーな食感を生み出しているのだそう。

ディッピンドッツアイスクリームの味と作り方

フレーバーは実にたくさんありますが、取扱店舗によって異なります。代表的なものには

  • レインボー(カラフルでラムネ味。人気ナンバー1)
  • ストロベリーチーズケーキ
  • チョコレート
  • おいしそーだ(黄色・白・ブルーの3色ミックスでシャーベットタイプのソーダ味)
  • バナナミックス(バナナ・チョコ・ストロベリー・バニラ)
  • アップルベリー(リンゴとストロベリー)

などなど。今回はアップルベリーに挑戦してみました。

ディッピンドッツアイス アップルベリー

通常のアイスクリームと大きく違うのは、その食感。粒がとにかく小さくよく冷やされているせいか、食べると 口の中に引っ付きます。

粒の小ささから、口の中に入れて噛むとクリーミーさを感じる間もなく溶けていくという印象でしたが、噛まなければ意外と溶けにくいためベタベタになることもなく、最後までサラサラの粒状を保っていました。

ディッピンドッツアイス 面白い食感

真夏の暑い日に涼を求めて食べると、物足りなさを感じそうですが、頭がキーンとするようなこともなく、体を冷やすような印象もないため、冷たさに弱い人でも食べやすそう。

冬に食べるアイスとしては向いているかもしれません。また、小さなお子さんでも、ベタベタにならず食べやすそうです。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 グルメ・スイーツ 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

ページ上部へ