とろ雪かき氷器が発売、これで台湾風かき氷がおうちで楽しめる!

 シェアする

2016年04月25日 18:40 記事/うめっち

ここ数年ブームになっている、ふわっふわの台湾かき氷が、おうちで作れる「Otona 電動ふわふわ とろ雪かき氷器 DTY-16」が発売されています。

とろ雪かき氷器が発売、これで台湾風かき氷がおうちで楽しめる!

台湾から日本初上陸を果たした新触感のかき氷のあの食感を、そのまま自宅で再現できます。

「台湾かき氷」は、普通のかき氷とは違ってきめ細かでフワとろ食感。アイスモンスターでは「味つきの円柱型アイスブロックを回転させながら帯状に削っていく」という製造方法だそうですが、とろ雪かき氷器も同じ仕組みになっています。

sponserd link
ad1

氷を作っておけば簡単!とろ雪かき氷器の使い方

とろ雪かき氷器の使い方は、付属の製氷機にマンゴージュースなどの材料を入れて凍らせ、本体にセット。スイッチを押せば電動で氷が薄くスライスされて出てきます!

とろ雪かき氷器の使用例
ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪かき氷器 DTY-16BK

こういった糖度が高い氷は、従来のかき氷器では削りにくいものだったようですが、やわらかい氷をしっかり固定できる設計にしたことでトロふわの台湾風かき氷を作れるようになったのだそう。

刃の調節ネジを回せば、従来のシャリシャリのかき氷も楽しめるとのこと。好みに合わせていろんなかき氷が、この1台で楽しめます。事前にたくさん味付き氷を作っておけば、人を呼んでかき氷パーティーもできますね!


とろ雪かき氷器はオープンプライスとのことですが、Amazon楽天では税込み6000円前後で販売中。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 グルメ・スイーツ 』の一覧

前の記事 / 次の記事

ページ上部へ