ラインスタンプ

スターバックスからディカフェ(デカフェ)メニュー、カフェインレスを選択肢のひとつに

 シェアする

2016年12月09日 11:50 記事/うめっち

スターバックスコーヒージャパンが地域密着型店舗「Neighborhood and Coffee Store」にて展開中の、カフェインレスのコーヒー「Decaf(ディカフェ)」メニュー。

スターバックスからディカフェ(デカフェ)メニュー、カフェインレスを選択肢のひとつに

これを広くPRしようと、2016年12月5日~2017年1月31日までの限定でプレゼントキャンペーンが実施されます。

Decaf(ディカフェ)とは、コーヒーからカフェインを取り除いたもので、国内ではデカフェ、カフェインレス、カフェインフリーなど様々な呼び方で知られているもの。日本ではまだまだこれを知る人や選択する人は少ないようですが、

世界的にみると、コーヒー愛飲者の間では一つの選択肢として日常に浸透。アメリカをはじめ多くの国ではコーヒー消費量の10%以上を占める、というのが現状。(日本では1%程度)

sponserd link
ad1

デカフェのニーズの高まりを受け、首都圏住宅型店舗からキャンペーン

日本でのディカフェ市場はまだ小さいものですが、そのニーズは高まっている傾向にあり、東京・神奈川・兵庫に8店舗出店中の地域密着型(住宅街の立地)店舗「Neighborhood and Coffee Store」では「ディカフェ ラテ」「ディカフェ カプチーノ」など新たなメニューを展開しています。

スタバの地域密着型店舗(カフェ)
玉川3丁目店(Neighborhood and Coffee Store)

キャンペーンは、これらディカフェメニューを購入した方に自宅用のディカフェのコーヒー豆30gがプレゼントされるというもの。

プレゼントされるコーヒー豆(ディカフェ コモド ドラゴン ブレンド)は新商品!というわけではなく、以前からスターバックス各店やオンラインショップにて販売されていましたが

スタバがこういったPRを行う事で「ディカフェ(デカフェ)」自体が一般的にフューチャーされていくかもしれません。

カフェインが苦手という方や、妊婦さんのように「カフェイン摂取を控えなければいけないけどコーヒーは楽しみたい…」という方に嬉しい、コーヒーの一つの選択肢となっていきそう。

現状では国内8店舗限定でのディカフェメニューですが、さらにニーズが高まれば、全店舗でのメニュー化もあるかも?(追記:2017年1月からディカフェメニュー、全国で提供開始へ

ad2


あわせて読みたい

edit 『 グルメ・スイーツ 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ