ラインスタンプ

2017年は北北西が吉!節分の他にも活用したい「恵方」とは

 シェアする

2017年01月19日 21:10 記事/うめっち

2017年の新しい年がはじまり、気持ちを新たに何かを始めたい!と思っている方も多そうですがこの年の「恵方」をまずはチェックしておくとよさそう。

2017年は北北西が吉!節分の他にも活用したい「恵方」とは

陰陽道(おんようどう)ではその年の福徳を司るとされる神「歳徳神(としとくじん)」が毎年場所を変えながら存在していると考えられています。この歳徳神が居る方角が「恵方(えほう)」。吉方(きっぽう)とも呼ばれ、たたり神が巡ってこない方角ともいわれています(参考)。

2017年の恵方は「北北西」。恵方に向かってことを行えば何事も吉とされています。

節分に食べる恵方巻が広まってきた近年、特によく聞くようになった言葉ですがこの「恵方」、節分の時のほか、どういった時に関係してくるのでしょうか。

sponserd link
ad1

恵方巻を食べる時やお参りなど、縁起の良い方角に向かってはじめよう

恵方が活用できることとしてやはり代表的なのが「節分」。

節分イメージ画像

節分とは、もともと「季節の変わり目」を表し立春・立夏・立秋・立冬の前日を指す言葉ですが、最近では立春の前の日を主に節分と呼び、豆まきをしたり恵方巻を食べたり…とイベント的に取り上げられる事が多い。

恵方巻(太巻き)を食べる時には「歳徳神のいる恵方に向かって黙々と食べる(喋ると運が逃げるという説)」というルールもあり、実践している家庭も多いようです。

さらに初詣や厄年の人の厄除け・安全祈願などで年の初めに訪れる事の多い神社は、家から見て恵方の位置にあるところへ行くと良いとも言われます。(氏神や、目的のご利益で有名な神社に行きたい…など神社の選び方は様々です)

このほか恵方に向けて旅に出てみたり…と活用の仕方はいろいろ。初めての事を行う時には恵方を向かって行った、という昔の風習にならってみるといい事があるかも!?(参考

現在地からみて恵方はどちらになるのか?を調べる事ができるアプリが便利。例として「恵方コンパス」がiOS版Android版ともに無料で配布されています。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 ライフ 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ