ラインスタンプ

ネコがボンネットに入りたがる季節、運転前のコンコンキャンペーン

 シェアする

2015年11月19日 18:00 記事/うめっち

朝晩の気温が下がり寒くなりはじめるこの頃、数年前から「ネコが車のボンネットに入り込んで回転部分に巻き込まれる事故」についてよく話題になります。

ネコがボンネットに入りたがる季節、運転前のコンコンキャンペーン

「温かい」「狭い空間」が大好きなネコちゃんたちにとって、風があまり通らず、ちょっとした隙間のあるボンネット(エンジンルーム)は非常に魅力的なスポットに。

猫がそんな場所でまったりとしているところ、何も知らずにエンジンをかけてしまったら…!

sponserd link
ad1

JAFも注意喚起、運転前は「コンコン」しよう

ネコが車のボンネットに…?そんなことってあるんだろうか??と半信半疑だった筆者ですが、ロードサービスなどを行うJAFは、2013年に公式ツイッターにて以下のように注意喚起。

確かに、自宅の近所に野良猫が多いと車の下に隠れている事も多いですし、ポカポカ陽気の日はボンネットで日向ぼっこするネコの姿もよく見かけます。

つまり、停まった車の周りにはネコがいる事が多い。ネコの大きさにもよりますが、車の下からボンネットの中に入り込む事も不可能ではなさそうです。

JAFの呟きに対して、多くの反響があったようで

  • 一度我が家のネコも入り込んで大騒ぎしました
  • 昔そんな子猫を救助しました
  • それがきっかけ(救出)で飼ってる

…と、寒い時期には特にこのような事例が多くあるようです。また、これに対し、「ボンネットを叩くと臆病な子は鳴かずに奥へと潜ってしまう」という意見・体験談もあるよう。

また、「命を守ろう!ボンネットコンコンキャンペーン」を呼びかける団体Cloverによると、

「コンコン」は音を出す事でネコをはじめとする動物に逃げてもらう事が一番の目的ではあるが、ボンネットをあけての確認が理想。
また、驚かせることによって何らかの「反応音」を返させる事が重要。そして、できるだけすぐにエンジンをかけない

という点を提案しています。ボンネットをあける余裕がないという場合は、コンコンした後、中でごそごそと動く音がしていないか?など耳を澄まして反応音を確かめるのも一つの事故予防ポイントになりそうです。

寒い季節になると、ヒトも布団の中やおうちから出るのが億劫になりがち。そのために通勤時間などはより慌ただしくなりがちですが、出発前のほんの少しの間、ゆとりを持って行動できるといいですね。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 ライフ 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ