ラインスタンプ

ポケットに入る超小型ドローン AirSelfie、スマホ操作で自撮りが変わる!

 シェアする

2016年11月23日 17:21 記事/mimi

エアーセルフィー(AirSelfie)でついにドローンも小型化、スマホと一緒に携帯できる時代になるよ!

スマホカメラの性能がどんどん良くなり、SNSなどに自撮り写真をUPする人が多いですが、自撮り棒や手を伸ばして撮れる範囲じゃ面白くない!と、AirSelfie Holdings がスマホケースに収納できる小型ドローンを開発しています。

ポケットに入る超小型ドローン、スマホ操作で自撮りが変わる!

エアーセルフィー(AirSelfie)の市販化に向けて、現在クラウドファンディング「kickstarter」にて出資者を募集中。

内容をみてみると、エアーセルフィー(AirSelfie)は世界最小のドローン(飛行型カメラ)。自撮り棒の長さに制限されることなく、スマートフォンケースからドローンを取り外して、空撮を楽しもうというもの。

たとえば、滝など自然と一緒に撮影する場合も、今まで見たことの無いアングルから広範囲で迫力の撮影が可能になる。

sponserd link
ad1

エアーセルフィー(AirSelfie)これは入手したくなる!ポケットに携帯できる世界最小ドローン

以下は、エアーセルフィー(AirSelfie)を説明した動画。


エアーセルフィー(AirSelfie)はiPhone6及び7や サムスンS7 edgeに対応したバージョンは、179ユーロ(約21000円)の支援で入手できる。ドローンが手軽に携帯できて、この価格で持てるというのは非常に魅力的!

エアーセルフィー(AirSelfie)はスマホケースから取り出すとスイッチが入る仕組みで、スマートフォンの画面で簡単に操作することが可能。

エアーセルフィー(AirSelfie)はスマホケースに入る小型ドローン

また、スマホケースにはバッテリーが搭載されているため、ケースに戻せば充電することが出来る。カメラは500万画素で、高さは最高20mまで浮上させられる。

自撮りはもちろん、通常のドローンとして操作することも可能です。2016年11月23日時点でKickstarterの残り日数は31日で現在も出資者を募集中。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 スマホ・SNS 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ