ラインスタンプ

LINE Out、熊本地震の安否確認で通話10分無料化

 シェアする

2016年04月15日 02:54 記事/うめっち

2016年4月14日21時26分頃、熊本県熊本地方を震源地とし、最大震度7、
マグニチュード(地震の規模)6.4の地震が発生し、熊本県(九州)を中心に中四国地方まで揺れが観測されました。(平成28年04月14日21時32分 気象庁発表情報による)

気象庁によるとその後も余震が続いており、震度2~7が日をまたいで続いています。

LINE Out、熊本地震の安否確認で通話10分無料化

LINE株式会社はこれを受け、コミュニケーションアプリLINEから固定電話・携帯電話にかけられる「LINE Out」機能で日本国内の番号への発信を1通話につき最大10分まで無料化したことを発表。

家の電話やLINEで繋がっていない方への安否確認に活用してもらえるようにとLINE公式アカウントが発表しました。

sponserd link
ad1

まずは災害伝言板やネット回線を優先し電話回線の負荷軽減を

LINE Out利用手順
(LINE Out利用手順)

LINE Outのサービスを10分無料化の対応はなされましたが、固定電話への通信は回線に負荷が集中する恐れがあるため、LINE側は安否確認の際は

「まず通信料の少ない災害伝言板やLINEトークなどをご利用ください」と促しています。

この地震を受け、ドコモauソフトバンクの主要3キャリアは災害用安否確認サービスの提供を開始しており、災害時の音声通話回線の混乱を避けて安否確認をすることができる。

さらに、Google Japanはネット上で安否確認ができる「パーソンファインダー」の提供を開始。安否情報を提供したい側・人を探している側どちらも簡単な操作で使用できるようになっています。

ソフトバンクは公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」を無料で開放。これにより、無線LANに対応する携帯電話などの機種を利用している人ならばソフトバンク以外のキャリアを使用していても
このサービスエリア内においてWi-Fi通信が可能に。

熊本県内のWi-Fiスポットはすでに開放済みで、順次九州地方全域を開放していく予定とのこと。使い方は、無線LAN対応機種でネットワーク名を「00000JAPAN」を選択することで利用できる。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 スマホ・SNS 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

ページ上部へ