ラインスタンプ

LINEに新たな乗っ取り手口、PINコードは何があっても教えちゃダメ

 シェアする

2015年08月06日 07:00 記事/うめっち

今やスマホアプリとしては必須アイテムとなっているLINE(ライン)に、新たななりすまし・乗っ取り手口が発覚した事を、LINE公式ブログが発表しました。

LINEに新たな乗っ取り手口、PINコードは何があっても教えちゃダメ

以前発生していたLINEの不正ログイン(乗っ取り)については、「他端末ログイン許可 のチェックをはずす」「PINコードを設定する」などの対策により問題は収束。

平和なLINE生活が戻ってきていたワケですが、どうやら今度はLINEやその他のSNS・メッセンジャーサービスを使って友人や知人になりすまして電話番号や認証番号(PINコード)を聞き出す という新たな手口が。

“PINコードを教えて” とメッセージが来たら要注意です!

sponserd link
ad1

乗っ取り犯はなにが目的?PINコードもしも教えてしまったら

乗っ取り犯の新しい手口・流れは以下のようなもの▼

1. 友人や知人になりすまして電話番号を聞いてくる。
2. 「四桁のPINコードが送られて来たら教えて」とPINコードを要求してくる

なぜこんなことをしているのか?というと、乗っ取り犯はこのやりとりで得た情報を元に、悪用するLINEアカウントを作るため。

LINEアカウントを新規で作るためには電話番号とPINコードが必要。乗っ取り犯にあなたの電話番号とPINコードを教えてしまうと、あなたの電話番号で新たなアカウントが作られてしまいます。

LINEアカウントは基本的に「1端末に1つ」となっているため、新たにアカウントが作られると、あなたがこれまで使用していたLINEアカウントは使えなくなってしまうのです。

LINEにはログインパスワードとは別に、4ケタのPINコード(認証番号)を設定するようになっています。これはセキュリティのための「二重ロック」の役割を果たすもの。

個人情報やプライベートなものが詰まったLINEアカウントのパスワードやPINコードは、銀行キャッシュカードやクレジットカードの暗証番号などと同じように、人に知られずに厳重に管理すべきもの。

あなたのアカウントが知らないところで新しく作られ、友人や知人がトラブルに巻き込まれないようにするためにも、暗証番号やPINコードは人に教えない・人の目に触れるところに置かない、を徹底する必要があります。

via.LINE公式ブログ

ad2


あわせて読みたい

edit 『 スマホ・SNS 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ