ラインスタンプ

知っておきたい、ツイッターでの緊急救助の求め方(地震など災害時)

 シェアする

2016年04月15日 03:34 記事/うめっち

熊本地震(2016年4月14日の夜~)により安否確認などのサービスが次々と提供されていますが、災害に遭い、電話も混乱してレスキューが呼べない…というときに知っておきたいのが、ツイッターでの救助要請。

この方法をTwitter Lifelineアカウントが公開しています。

知っておきたい、ツイッターでの緊急救助の求め方(地震など災害時)

これによると、ツイッターで緊急救助を求める場合、迅速に救援に向かえるよう

  • 要請内容(具体的に)
  • 住所又は位置情報
  • 可能であれば写真

を、「#救助」ハッシュタグと共にツイートすることを呼び掛けています。

また、救助が完了したら報告ツイートをし、救助要請ツイートを削除する。

sponserd link
ad1

では、救助要請ツイートを見かけた側はどうすれば良いのか?

ツイッターのヘルプセンターによれば、まず可能であればツイッターで被災者と連絡を取って状況を確認、そのあと代理で電話で119などに救助要請。

むやみにリツイートをして拡散せず、119番や地域の対策室などに連絡を。

ちなみに、今回の熊本地震について気象庁は2016年4月11日23時半から記者会見をし

今後1週間程度は震度6弱程度の激しい揺れを伴う余震が起きる可能性がある。揺れが大きかった地域では十分注意を

とよびかけています。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 スマホ・SNS 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

ページ上部へ