ラインスタンプ

スマホ閲覧中にバイブとシステム警告!悪質な「アプリ広告」に注意

 シェアする

2016年07月30日 19:00 記事/うめっち

アンドロイドスマホにてインターネットを閲覧中、急に「Warning システム警告!!」というメッセージと共にバイブレータ機能で本体を振動させるものに遭遇しました。

ネット閲覧中にバイブとシステム警告!落ち着いて、それはアプリ広告です

筆者が遭遇したのは、覧中のページとは別のウインドウが立ち上がり、

お使いの●●(製品名)の動作が遅くなる可能性があります! お使いのAndroid上のパスワードとセキュリティ情報が危険な状態にあるかもしれません。
推奨されるソリューション:新しいTurbo Cleanerをインストールして、ウイルスを除去してください

というメッセージが出るというもの。

アダルトサイトを見ているわけでもなく、ただ調べものをしていただけなのにこの画面とバイブでビックリ!さらになぜかカウントダウンまではじまります。

表示されているページは、「Google」のカラフルなロゴをイメージさせる色使いとよく使われてそうなイラストであるため、そのメッセージに信用性があるようにも思える。落ち着いてメッセージを読めば “スパムかな?”と疑うこともできますが、

サイト閲覧中にいきなりバイブが鳴ることは普通ないため、かなり動揺し、そのまま「今すぐアップデート」や「インストール」のボタンを押してしまう人も多いといいます。

sponserd link
ad1

おちついてページを閉じよう。ウイルス感染のチェックはセキュリティソフトで

悪質なアプリ広告
※画像は筆者が遭遇した広告画面

セキュリティソフト「Norton」のブログによれば、上記のような「いきなり警告」と「バイブ」を組み合わせた悪質な宣伝広告が増えているそう。

中には「システムが損傷した」「SIMカードが損傷する」「重大なウイルスに感染した」というメッセージを表示させて脅し、強制的に指示に従わせようとする。

指示に従って進んでいくと、GooglePlayのアプリインストールページにアクセスされるようです。

アンドロイド携帯で悪質なシステム警告でアプリに誘導

誘導先のアプリ自体は、必ずしも悪質なものであるとは限らないようですが、スマホユーザーを勘違いさせ焦らせて強制的にインストールさせようとする手口は、かなり悪質。

このような警告が出た場合は、焦らずに「戻る」ボタンなどでそのページから離れて、インターネットの閲覧を続けても問題ありません。

また「ウイルスに感染した」というメッセージが出て心配な場合、Nortonによると「感染しているかどうかのチェックはウイルス対策ソフトをインストールしなければなりません。」とのこと。

体験版であれば、有料アプリでも製品版と同様の機能が無料で使用できるので、ノートン・ウイルスバスターなど実績のあるセキュリティソフトをGooglePlayストアからダウンロードしてチェックすることを勧めています。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 スマホ・SNS 』の一覧

前の記事 / 次の記事

ページ上部へ