ラインスタンプ

格安スマホ(SIM)レビュー「分からない・怖い」を解消!

 シェアする

2017年09月19日 22:30 記事/うめっち

近年、業者の数も利用者数もぐっと増えてきた「格安スマホ」「格安SIM(シム)」。

大手携帯電話会社に比べ、月額料金が格安になるという点から気になっていたものの “詳しいことが良く分からない…”という不安感が大きいあまり、その一歩を踏み出せない人も多く、筆者もその一人でした。

格安スマホ(SIM)レビュー「分からない・怖い」を解消!

格安スマホ(格安SIM)を提供する業者は多岐にわたり、どれを選べば良いかわからない・面倒くさい…という問題も。

そんな問題を乗り越え、今回筆者が実際に契約・使用したことで見えてきたメリットやでデメリット、解決できた不安事などをまとめてご紹介していきます。

sponserd link
ad1

そもそも「格安SIM」ってなに?

SIMカードとは、電話番号など固有の識別情報が記録された小さなカードのこと。これをスマホやタブレット端末に差し込むことで、通話やデータ通信(ネット)といった機能が使えるようになります。(参考

日本では以前、ドコモ・ソフトバンク・auといった大手通信会社(キャリア)との契約時に渡されるSIMカードは、その端末か、同キャリアの一部端末でしか使うことができないように、端末にロックがかかっている状態(SIMロック)でした。

SIMロックって何

近年、この端末のロックが外された「SIMフリー端末」が出回るようになり、ドコモ・ソフトバンク・auといった自前の基地局など設備を持つ大手携帯電話会社から回線を借りて運営を行うMVNO(仮想移動体通信事業者)も登場。

このMVNO業者が提供するSIMカードが「格安SIM」。MVNOは回線を借り、実店舗をあまり持たないことで運営コストを抑えられるので格安でサービスを提供することができます。

月額1000円以下など、大手携帯会社との契約ではなかなか実現できないような格安な利用料でスマホが使えることから、「格安SIM」は格安スマホと表現されることも。

LINE使いたいなら、「SMS付き」を

「格安SIM」を販売するMVNO業者には、楽天モバイル、Y!モバイル、DMMモバイル、LINEモバイル、イオンモバイルなどなど様々な会社がありますが、その多くが「データ通信のみ」と「通話付き」の2種類のSIMを販売。

「通話付きSIM」は、電話(090、080、070から始まる電話番号での音声通話)・データ通信(文字や写真の送受信やインターネットなど)が利用できる。

一方、「データ通信のみ」のSIMは文字や写真の送受信・インターネットといったデータ通信のみ利用する人向け。例えば、「携帯電話」としてはガラケーを使い、ネットやアプリはスマホを使うという2台持ちの人などにオススメされます。

「データ通信のみ」のSIMはプランによってはワンコイン(500円)程度から使えるほど安価なところが革新的。

ただし、スマホ利用者が使用することが多い「ライン」「カカオトーク」「モバゲー」などが使えない可能性があるので要注意!

その理由は、【SMS認証】にあり。

格安SIMでライン使いたいならば

SMS(ショートメールサービス)は電話番号を知っていれば短いメッセージを送ることができるサービスですが、一部のアプリでは利用の際、本人確認のためにSMSを使った認証作業が必要。LINEなどはこれが必要なため、データ通信のみのSIMでは使えない!といったトラブルも。

さらに、必須ではないものの「Dropbox」「Gmail」などはセキュリティのためにSMSを利用する仕組みになっています。

月額料金で言うと毎月数百円程度かかりますが、「データ通信のみ」のSIMを利用するときはオプションなどでSMSを付けておく方が無難と言えそうです。

どの業者を使うか?は料金やサービスを比べてみて

格安SIMを販売するMVNO業者は筆者がザッとみただけでも20社弱ほど。

CMでよく目にする会社もあれば、「この会社、格安SIMまで扱ってるの?」というものまで。

一番安いところで使いたい/サービス・アカウントを一本化してポイントを貯めたい/この会社なら安心感がある など基準は人それぞれなのでいろんな業者を見てみると良いかもしれません。比較の時、個人的に便利だったのは、「スマホ比較のすまっぴー」が分かりやすくておすすめです。

ズボラ筆者としては、「それぞれ違いはあれど、どの会社を使っても大手携帯電話会社でのスマホ利用の時よりは利用料が安くなることは間違いない」という感想なので、後は好みの問題。

また、店舗を持たないのが特徴的だったMVNO業者の中にも、家電量販店やショッピングモールのテナントに入っているところもあるので、「店頭で話を聞けるほうがいい!」という選択の仕方もありますよ。

「格安SIMってそもそもよくわからない…」という謎をお持ちの方の参考になれば嬉しいです。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 スマホ・SNS 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ