EXILEが島根観光キャラクター、「たたら侍」映画出演も

 シェアする

2015年06月04日 09:40 記事/うめっち

EXILEファミリーが島根県の新たな観光プロモーションのメインキャラクターに就任していたことがわかりました。

EXILEが島根観光キャラクター、「たたら侍」映画出演も

島根県は「縁結びの神様」が宿る出雲大社のある町で、これを全面におしだした “ご縁の国しまね” というキャッチコピーで観光PRを行っています。

今回より、ポスターやプロモーション動画など“島根の顔”になるのは AKIRA(EXILE)/小林直己(EXILE・三代目J Soul Brothers)/青柳翔(劇団EXILE) の3名。

3名とも島根の出身ではありませんが、青柳翔(劇団EXILE)さんが隠岐の古典相撲を題材にした映画『渾身 KON-SHIN』に主演した事から、島根県とEXILEファミリーとの縁が結ばれたそう。

sponserd link
ad1

DAIGOからEXILEへ、島根の顔は “ご縁”から決まる

ご縁の国しまねのプロデュース役でもある社長のHIROさんは特に島根の魅力に惚れ込んだようで、それ以降、ツアーのパフォーマンスに石見神楽が使用されたり、社長のHIROさんが東京都に出雲そば店をオープンさせるなど積極的にPRを行っています。

<紡がれたご縁 vol.7/ご縁の国プロモーション会見> ご縁の国しまねプロモーションのスタートにあたり、今年3月に開催した県内での記者会見。 HIROさんからは「島根の文化・芸能に刺激をもらっている。素晴らしいものがたくさんある、大好きな...

Posted by ご縁の国しまね on 2015年6月1日

県の観光プロモーションのイメージキャラクターや観光大使などに就任する芸能人はたいてい「県出身者」から決まる事がほとんどですが、島根の場合はちょっと違う。

今回、青柳翔(劇団EXILE)や AKIRA(EXILE)・小林直己(EXILE・三代目J Soul Brothers)の3名は「ご縁の国しまね」観光プロモーションのイメージキャラクターですが、3名とも島根県出身ではありませんし、その前にイメージキャラクターを務めていたDAIGOさんも同様。

DAIGOさんに関しては 祖父の竹下元総理が島根出身という縁から決まったそうで、いずれも “なにかの縁” で結ばれた著名人をイメージキャラクターに据える傾向にあるようです。


また、観光キャラクターに就任した彼らが出演する2016年公開の映画「たたら侍」は、奥出雲のたたら製鉄をモチーフにした作品の撮影が進められています。

映画のプロモーション活動の際にも島根の話は必ず出る事が予想され、島根としてはEXILEとのコラボはビッグプロジェクトとなりそうです。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ