ラインスタンプ

東京にスタバの工場カフェが登場!国内初のロースタリー、巨大店舗をオープン

 シェアする

2016年10月26日 00:40 記事/うめっち

スターバックスリザーブロースタリーが、東京都中目黒に2018年オープンします!このスタバ店舗「スターバックスリザーブロースタリー」はなんと。世界で4番目の店舗で、

スターバックスコーヒーが、日本で初めてオープンする工場併設型の店舗!

東京・目黒にロースタリー、スタバが国内初の巨大店舗をオープン

スターバックスリザーブロースタリーは、世界中から調達した個性的で希少なコーヒー豆(スターバックスリザーブ)の焙煎や抽出・ドリップまで行っている工場が併設されています。

生豆が運ばれてくるところやコーヒースペシャリスト・マスターロースター(仕入れや焙煎を行う人)との会話、こだわりのコーヒーを楽しむことが出来ます。

ロースタリーはスターバックスの本拠地・シアトルに2014年にオープンし、「スタバ史上、最も成功した店のひとつ」と言われているほど。その後、2017年には上海、2018年にはニューヨークにロースタリーをオープン予定。

日本にオープンする店舗の敷地面積は、1200平方メートルもの広さになるようです。

sponserd link
ad1

工場併設スタバの店舗デザインは隈研吾氏!

東京都中目黒にオープン予定のロースタリー。工場でありながら、オシャレなアート空間のような店舗になる予定。

東京・目黒にオープン予定の スターバックスリザーブ ロースタリー

この設計を担当したのが、世界的建築家の隈研吾さん。

隈研吾さんとスターバックスが初めてコラボしたのは、木組み構造のデザインがとても印象深い「スターバックス コーヒー 太宰府天満宮表参道店」の店舗設計。

「自然素材による伝統と現代の融合」をコンセプトとしたこの店舗デザインは、世界的にも高い評価を受けているんだそうです。

2018年オープン予定のスターバックスリザーブロースタリーも、隈研吾さんワールドに包まれた他にはない素敵な空間になりそうです。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ