ラインスタンプ

沖縄は「ウニソース」がお好き、道の駅で食べられるローカルフード

 シェアする

2017年03月13日 18:25 記事/mimi

沖縄の観光スポットとしても人気のある、道の駅。サーターアンダギーなら「道の駅許田」、沖縄の鮮魚が食べたいなら「道の駅いとまん」など、それぞれの楽しみ方が出来る道の駅は、沖縄観光でぜひ訪れたいスポットの1つです。

沖縄は「ウニソース」がお好き、道の駅で食べられるローカルフード

そんな中、あちこちの道の駅で見かける「ウニソース焼き」の文字。ホタテやムール貝、カレイに伊勢海老など、いろんな魚介類にウニソースをかけて焼いたものが、ショーケースに並んでいます。

沖縄ローカルフード「ウニソース焼き」

ウニといえば高級食材ですが、ウニソースの印象は少し違って、沖縄では道の駅などで手軽に買えるB級グルメ的な感覚で売られています。

他県ではあまり目にしないこの「ウニソース焼き」は、沖縄で人気のローカルフードのよう。どんな味がするんでしょうか?

sponserd link
ad1

あれもこれも、ぜーんぶウニソース!1個から買える、沖縄のウニソース焼き

今回チャレンジしたのは、ホタテのうにソース焼き。いろんな道の駅で売られていますが、訪れたのは「おんなの駅」。おんなの駅…というと綺麗なお姉さんが沢山いそうな響きに聞こえ、なにやらドキドキしますが、

恩納村(おんなそん)という村にあるから「おんなの駅」。女の駅ではありません。というわけで、子供や家族連れ、男性客もたくさんいます。

ホタテのウニソース焼き

目に飛び込んでくる、ウニソースがかかった魚介類たち。ホタテのほかに

ムール貝のウニソース焼き

ムール貝や

伊勢海老のウニソース焼き

伊勢海老、かまぼこ、ホッケ…などなど、何もかもにウニソースがかかっています。他の道の駅には、サーモンや牡蠣にもウニソースがかかっていました。

サーモンのウニソース焼き
もはや全部同じに見える

その中から、ホタテのウニソース焼きを頂いてみました。以下の動画は、ホタテのウニソース焼きにお箸を入れてみたところ。


貝柱があり、あまり綺麗にカット出来ませんでしたが、なかなか濃厚そうな見た目です。

ホタテのウニソース焼き、マヨネーズたっぷり

ウニソースの下にはたっぷりのマヨネーズ。ウニソース自体は、ウニの香りや味は割と薄めで、ウニソースというよりマヨネーズの味が強いでしょうか。お味は濃厚ですが、ウニの味が濃厚というわけではなく…なんとも表現が難しい。

地元の方はこのウニソースが大好きなようで、おんなの駅の中にある恩納村水産物直売店で、ウニソースだけを買ってかえる方もいるようですよ。

ともあれ、1つ200円前後から注文できるため、沖縄のローカルフードを味わってみたい方は、沖縄県内の道の駅で気軽にトライしてみては。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ