ラインスタンプ

Amazon Go、アマゾンのレジ無し実店舗!シアトル1号店が2017年オープン

 シェアする

2016年12月07日 11:37 記事/うめっち

ネットショッピングのAmazon(アマゾン)が、レジでのお会計をなくした新しい実店舗「Amazon Go(アマゾンゴー)」を2017年初頭に米ワシントン州シアトルにオープンすると発表しました。

Amazon Go、レジレス店舗が2017年シアトル1号店オープン
Photo / youtube

Amazon Goは、お店で品物を手にとり、そのままバッグに入れて出るだけで決済が済んでしまうという、なんともビックリなお店…!

お店でそのまま品物をバッグに入れるなんて、まるで万引きしているようでドキドキしそうですが、急いでいるのにレジには大行列…なんて時には本当に便利なシステムです。

しかし、一体なぜそんな事ができるのか?その詳細を見てみましょう。

sponserd link
ad1

Amazon Go(アマゾンゴー)は、スマホかざしてチェックイン!

2017年にオープンするAmazon Goの店舗面積は180平方フィート(約167㎡)という、コンパクトなコンビニサイズ。入店するにはアマゾンアカウントとスマートフォン、そしてAmazon Goアプリが必要。

公開されたAmazon Goの説明ビデオによると、アプリを立ち上げて専用コードを画面に表示させ、改札ゲートのような入口でこれをかざして入店します。

棚から品物を取りだした時点で “ショッピングカートに入れる” の状態になり、お店を出ると自動決済されるという流れ!専用サイトで以下のように説明されています。

私たちのチェックアウトのないショッピング体験は、自転車に使用されているのと同じ種類の技術によって可能になります。私たちの「Just Walk Outテクノロジー」は、製品がいつ棚に持ち込まれたか、または棚に戻されたかを自動的に検出し、仮想カート内でそれらを追跡します。ショッピングを終えたら、店を出るだけです。その後、Amazonアカウントに請求し、領収書をお送りします。

Amazon Goには、パンや軽食、牛乳や水、チーズ…といった常備食品などが置かれる予定で、まさにコンビニといった感じ。

日本でも最近はあちこちでセルフレジが導入されてきましたが、アマゾンでは「レジをなくしてしまおう」という大胆な発想になるのですね。


ドローン配達などネットショッピングにも革新的な技術を導入するアマゾン。実店舗の在り方も変えていきそうです。

オープン日詳細は未発表ですが、アメリカ合衆国 ワシントン州シアトル市 7thアベニュー2131…と住所も公開。Googleストリートビューではまだ工事中の様子のままですが、現地にはすでに看板もついているようです。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 ワールドニュース 』の一覧

前の記事 / 次の記事

ページ上部へ