前の20件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2015年 未年羊図記念コイン、海外にも十二支はあった!

2015年は未年(ひつじどし)ということで、銀行から 未年羊図記念コインが販売されています。

2015年 未年羊図記念コイン、海外にも十二支はあった!

コインの額面には1豪ドル、25豪ドル、30豪ドル、100豪ドル、100ポンド、150カナダドル、50ユーロなどがあり全7種類。見てみると、すべて海外硬貨ばかりです。干支の図柄でなぜ外国のコイン?

十二支は、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種類の動物の名前からなる干支で、この名前から想像して日本や中国だけの文化(呼び方)だと思っていたのですが、実は十二支は世界でも使われているのだそう。

国によっては少し動物に相違があり、ベトナムでは丑は「水牛」、卯は「猫」、未は「山羊」に変わり、タイでは未は「山羊」に、モンゴルでは寅が「豹」に変わっています。

イタリアの カンビアーノペン、インクが一生いらないペン…ですと!?

4EVER・ピニンファリーナ・カンビアーノという、インクがいらないペンがイタリアで発売されました…!

「ペン」といえば、手のひらサイズの棒の中にインク(リフィル)が入っていて、それがなくなれば交換・買い替え…というのがこれまでの常識でしたが、
カンビアーノペンはそのインクがいらない!という驚きの進化を遂げてしまいました。

カンビアーノ、インクが一生いらないペン…ですと!?

フェラーリを代表とする自動車デザインから、時計、靴などのファッション雑貨、PC周辺機器までのデザインを幅広く手掛けるイタリアのピニンファリーナ社とイタリア文具メーカーのナプキン社が共同開発。

フロレンティン・ホフマンのムーンラビット、台湾で巨大オブジェ披露

巨大アヒルのオブジェ、ラバーダックで一躍話題となったオランダ人アーティスト、
フロレンティン・ホフマン(フロレンタイン・ホフマン)氏が、台湾で新作を披露しました。その名もムーンラビット。

フロレンティン・ホフマンのムーンラビット、台湾で巨大オブジェ披露
Photo by @ilbarci

台湾の海軍桃園基地にて毎年行われる「桃園地景芸術節(ランド・アート・フェスティバル)」にて披露されたムーンラビットは全長およそ25.3メートル。

斜面に横たわるこの巨大ウサギは、「中秋の名月」にちなんで作られたもので、「月にはウサギが住んでいる」という中国の伝説に感銘を受けたホフマン氏が手がけてたのだそうです。

swimarium(スイマリウム)、3Dプールで世界のダイビングスポットへ!

香港のOVA Studioが、すごいプールを設計しました。

swimarium(スイマリウム)という名がついたそのプールは「スイム」と「アクアリウム」が合体した造語で、まさに “泳げる水族館”!

swimarium、3Dプールで世界のダイビングスポットへ!

どういう事かと言うと、LEDスクリーンを組み込んだ強化ガラスに囲まれたプールでは、グレートバリアリーフ、ガラパゴス、パラオ、バリ、モルディブ、バハマ…とダイバーが憧れる世界のダイビングスポットのライブ映像(または記録映像)が映し出される。

swimarium 画像2

専用の3Dゴーグルを着用すると、まるでイルカやウミガメ、サンゴ礁などと一緒に泳いでいるかのような疑似体験ができる!というもの。ただしこのイメージでは浜辺がないためプールに入った瞬間から足がつかないので泳ぎが得意な人でないとちょっと怖いかもしれません。

建物などに投影する「プロジェクションマッピング」は世界的にも有名になってきましたが、swimarium(スイマリウム)では、スクリーンは「水」!なんとも画期的です。

アイスバケツチャレンジ、ALSのために ビルゲイツや孫社長も氷水かぶった!

アイスバケツチャレンジ(Ice Bucket Challenge)というイベントがSNSを通じて世界各国で広がりをみせています。
アイスバケツチャレンジとは、筋肉が萎縮して身体が動かなくなってしまう難病 ALS(筋萎縮性側索硬化症)の認知や寄付金を集めるためにはじまったもので、

頭から氷水をかぶる!
その姿を撮影し、次の3名を指名してSNSにアップする というもの。指名された人は24時間以内に頭から水をかぶるか、100ドル(約1万円)をALS協会に寄付する というルールになっています。

アイスバケツチャレンジ、ALSのために ビルゲイツや孫社長も氷水かぶった!
Photo by youtube

昔流行った「不幸の手紙」とか「チェーンメール」などに似ている仕組みのSNSバージョン。これは ボストンの野球選手、ピートフレイツ氏がALSと診断され、治療法が見つかっていないこの難病に、多くの人に興味を持ってもらおうと始めたもの。

ALSは、言葉が話しにくくなる/歩きにくい/箸がうまく使えないなど発症部位によって初期症状は異なりますが脊髄と脳の運動神経が変性(神経細胞あるいは神経細胞から出て来る神経線維が徐々に壊れていってしまう状態)する病気でどんどん筋肉が縮み、手足が痩せていくというもの。

日本では大体6000人から7000人の方がALS難病登録をしていると言われています。via. 日本ALS協会

蓮の花の形が美しい建築物、ロータスビルディング

まるで水面に浮かぶ蓮の花の様に美しいフォルムのこれ、中国にある実在する建築物で、ロータスビルディング(Lotus Building)という建物。

蓮の花の形が美しい建築物、ロータスビルディング
photo by designboom

ちょっと気の利いたキャンドルホルダーのようにも見えますが、中にはちゃんと会議室などが備えられた立派なビルなんです。

この建築物・ロータスビルディングを作ったのは、オーストラリアの建築会社である「studio505」。外観の美しさだけでも相当目を引く建物ですが、この蓮の花びらはなんと花開いたり・閉じたりすることもできるというこだわりぶり。

ロータスビルディング、中国に蓮の花の建築物が誕生

夜になると、美しくライトアップまでされて、水面に映る姿もまた美しい・・・。

オードリーヘップバーンの孫、エマファーラーが雑誌でモデルデビュー!

絶世の美女・オードリーヘップバーンの孫がモデルデビューをして海外で話題になっています。オードリーの孫・エマファーラー(emma ferrer)さんがモデルデビューしたのは、ファッション誌「BAZAAR」。

オードリーヘップバーンの孫、エマファーラーが雑誌でモデルデビュー!

エマファーラー(emma ferrer)は現在20歳。さすが美形ですね!

エマもまたオードリーの知的な美しさを引き継いだ美女で、髪の毛は黒っぽいダークブラウン。20歳とは思えない大人の雰囲気があります。

海外旅行で気を付けたい、ブースターバックのスリ手口

日本は治安がいいといいますが、日本の感覚に慣れていると、海外旅行でスリに合う…なんて話はよく耳にすると思います。実際、海外旅行でスリに合う日本人は少なくなく、特にスペイン、イタリア、フランスなどヨーロッパはスリが多いのだとか。

海外旅行で気を付けたい、ブースターバックのスリ手口

これから紹介するのも、海外のスリの手口の1つ。とてもシンプルだけど、なかなか気づけない大胆な手口です。あなたは見抜けるでしょうか?

動画は以下より。


大きめなバッグを持ったビジネスマンっぽいコートの男性が、スッと立ち去ったらもう鞄がない…。ターゲットとなるカバンを上から丸ごと覆ってしまうという大胆な手口。つまり、このかばんの底はあいているんです。

恐らく、持ち手を握ると、覆った中のカバンも一緒に持ち上げることが出来る仕組みになっていると思われます。なんて怖い…。

こんなスリに合わないようにするには、自分の視界から外れる場所には置かないこと。または、身に付けられるカバンにすること(リュックはすられやすいのでご注意を)。

スリに合ってしまったら、楽しい旅行が台無しになっちゃいますよ。

サグラダファミリアは2026年完成へ、完成イメージ動画がすごすぎ

スペイン・バルセロナにあるサグラダファミリア。世界遺産に登録されるも、完成形には遥か遠い状態であるため「アントニオ・ガウディが手がけた未完の建築物」として知られ、「サグラダファミリアに完成形はないのでは」とも言われていました。

サグラダファミリアは2026年完成へ、完成イメージ動画がすごすぎ

そんなサグラダファミリアの完成予想イメージがCGで作られ、公式youtubeチャンネルにて公開されています。

その動画で見るサグラダファミリアの完成形の規模がすごすぎ!と世界で話題に。

ネコ専門糖尿病クリニック、イギリスに

イギリス・ハートフォードシャー州の動物病院「Queen Mother Hospital for Animals」の中にネコの為の糖尿病科ができました。

ネコ専門糖尿病クリニック、イギリスに
Photo by chikawatanabe

イギリスではネコの肥満が問題となっていて、10年前に比べてネコの平均体重は25%アップ。糖尿病の確立は30年前に比べて4倍もアップしているとか。

この原因として、猫が室内で飼われるようになり運動が足りていない事が大きいと見られています。(これは筆者の主観ですが、海外のキャットフードはカロリーが高そうなイメージもあります)

ネコが肥満になると肝臓などへの負担のほか、体重を支えきれず関節炎になったり、自分自身のグルーミングをするのに十分にストレッチができない…などいろいろな問題が出てくる。

かわいくてついつい甘やかしてしまう愛犬・愛猫ですが、彼らの事を想えばエサや運動について心を鬼にする必要もあります。

シカゴのジョンハンコックセンターに、超高層ビルからダイブした景色が楽しめるアトラクション登場

Tiltという名前のアトラクションが、アメリカ・シカゴにある超高層ビル「ジョンハンコックセンター」に2014年から登場しました。

シカゴのジョンハンコックセンターに、超高層ビルからダイブした景色が楽しめるアトラクション登場
photo by 「Tilt」360chicago.com

このアトラクションは、ジョンハンコックセンターの94階にある展望施設で、およそ300メートルの高さのこのフロアから飛び降りるような感覚で景色が楽しめるというもの。

写真の様に、窓がズズズッと斜めにスライドしていき、体がビルの外へと投げ出され、まるで窓からダイブしたような感覚で景色を楽しめます。

実話をもとにしたCM、タイのお父さんのLINEの感動的な使い方

タイでも大人気となっているスマートフォンアプリのLINE(ライン)。そんなタイで、LINEを使用しているユーザーから寄せられた実話をもとにして作られたCMが、とても温かくていいCMになっています。

実話をもとにしたCM、タイのお父さんのLINEの感動の使い方

母親を失った家族。最大の理解者だった母を亡くし、喪失感から立ち直れない娘。こんな時、父親はどうすればいいんだたろう...。

悲しみくれる娘を気遣う父親が、娘の為に一生懸命に考えて、娘にLINEからメッセージを送る...という内容で90秒のショートストーリーになっているのですが、

その完成度は高く、たった90秒という短さなのにストーリーに引き込まれ、感動してしまいます。実際にタイで流されたタイ限定CMですが、Youtubeにて公開された後、「感動した!」「泣いた!」と、日本でも「心に響いた」という声が多く、反響の大きかったCMです。

30代前半(女性は特に32歳)が人生で一番痩せやすいらしい

人生で最も痩せやすいのは30代前半で、女性ならば32歳・男性は31歳が「ダイエット適齢期」という調査結果が海外サイトmailOnlineにて掲載されました。

30代前半(女性は特に32歳)が人生で一番痩せやすいらしい

アラサー女子の筆者、ダイエットのピークはてっきり20代前半だと思っていましたがそんな調査結果にちょっとびっくり。
「30歳を超えると痩せにくくなる」というのが定説だと思っていましたが...。

記事によれば、科学的なもの...というよりはそのライフスタイルによるものという感じ。

グーグルグラス、キーボードオプション発表!腕をスクリーンに入力も可能

グーグルグラス(Google Glass)の、キーボードオプションがYoutubeで公開されました。グーグルグラスは、目で見たものをメガネ越しにそのまま写真を撮ったり、それをそのままメールで送ったりすることが出来ますが、

瞳(眼球)の動きを読み取って文字入力する方法や、グーグルグラスのヘッドセットにあるタッチパッドを指で操作する入力方法については、なんだか疲れそうだな...と思っていました。が!

グーグルグラス、キーボードオプション発表!腕をスクリーンに入力も可能
photo by Youtube

新たに発表されたキーボードオプションでは、キーボードを光で腕に映し出し、それを反対の指でタッチして操作することが出来るようです。これはかなり使いやすくなるのでは!

上海ディズニーランド 2015年末にオープン、ディズニーホテルも開業

2015年、上海にディズニーランドがオープンするそうです!
この発表は、ウォルトディズニー社の公式なリリースによるもので、2015年末にはオープンを見込むとのこと。中国ではこれまでに酷似したキャラクターがいるテーマパークがテレビなどでも報じられていましたがついに本物がやってくる!

上海ディズニーランド 2015年末にオープン、ディズニーホテルも開業
※プレスリリースより

上海ディズニーランドは上記のイメージ図のように公園を美しい緑で囲み、湖を隔てた奥にはシンデレラ城!

昼もきれいそうですが、夜もまたムーディーな感じが出ててカッコイイ。

このイメージ図では、アトラクションのようなものはメリーゴーランドのみしか見当たりませんが、あくまでも最初のイメージ図、ということなので後の発表が楽しみです...!

2015年末にオープンを目指す、とのことですがこれに伴いディズニーホテルも一緒にオープンするとのこと。世界中にファンを持つディズニーなので、中国でもきっとファンであふれかえるんでしょうね。

東京ディズニーランドの例をみると、周辺の交通機関もディズニー仕様になるかも。上海の街に現れる夢の国、どんな風になるのかわくわくしますね。

The walt disney company

前の20件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ上部へ