1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

アマビエって何よ?新型コロナで注目の妖怪

新型コロナウイルスの感染拡大により、突如としてネット(SNS)を中心に注目を集めるようになったのが

アマビエ という妖怪。

アマビエって何よ?新型コロナで注目の妖怪

アマビエは、長い髪・くちばし・鱗を持った半人半魚の妖怪で疫病の予言や病を除ける妖怪 というもののようで

SNS上では「#アマビエチャレンジ」などのハッシュタグと共に様々なアマビエのイラストが投稿され話題に。

ついには2020年4月、厚生労働省が若者世代向けに新型コロナウイルスの感染拡大防止啓発アイコンとしてアマビエを採用。

いろんなメッセージと共にアマビエを配し、家庭や学校・職場などにおいて自由に使用してほしいと呼びかけられています。

LINEトークに母の日演出、3つのキーワードで出現

コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」が、2020年5月7日よりメッセージのやりとりをするトークで

母の日に関連するキーワードを送信すると、トークルームの背景に母の日をテーマにしたアニメーションが表示される演出を開始しました。

LINEトークに母の日演出、3つのキーワードで出現

とあるキーワードをトークで送ると、送った側・受け取った側どちらのトーク画面背景にも、LINEのキャラクター「ブラウン」が登場し、カーネーションを差し出すというかわいいアニメーションが出現!

少しの間しか表示されないので見逃してしまうともったいないですが、気の利いた演出にほっこりできそう。

LINEグループ通話で「みんなで見る」スタート、YouTube・画面共有も

コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」が、
グループ通話中にスマホ画面を共有したり、YouTubeをみんなで楽しめる新機能「みんなで見る」を提供開始すると発表しました。

LINEグループ通話で「みんなで見る」スタート、YouTube・画面共有も

これは、新型コロナウイルスの影響で2020年2月下旬よりグループコミュニケーションが盛んになったことを受けて大幅アップデートされたもの。

LINEでは1対1だけでなく、グループでの音声通話・ビデオ通話が可能。

コロナ禍においてSTAY HOMEが求められ、グループ(複数人)でビデオ通話をした という人も多い。

そんな中、 “顔を見て話す” だけでなく画面をシェアしたりYouTubeを見たりしながら感想を言い合ったり、談笑したり・・とみんなで一緒に居るかのような時間を過ごせる、というのが今回のアップデート内容。(「LINE」バージョン10.6.5より利用可能)

YouTubeの共有は2020年5月4日~、スマホ版LINEでのみ利用可能。

画面共有機能では、例えば家族や友達の誕生日プレゼントを一緒に探したり・思い出の写真を一緒に見ながら通話を楽しむことができる。

LINE みんなで見る機能

利用方法は、グループでのビデオ通話中に画面右下にある▶マークをタップしメニューに沿って進む。

1人が画面を共有中の間、他の参加者は共有することはできない。また、画面シェア中はスマホに表示されるものすべてが共有画面に表示されるため、通知設定を変更するなど事前に確認をした上で操作をするよう、呼びかけられています。

おうちで うんこミュージアム、GWの在宅時間を盛り上げるコンテンツ!

東京・お台場のダイバーシティ東京にある、「うんこ」がテーマの最先端アミューズメント施設

うんこミュージアムTOKYO が、2020年5月1日より「うんこミュージアム オンライン」の提供をスタートさせると発表しました。

おうちで うんこミュージアム、GWの在宅時間を盛り上げるコンテンツ!

うんこミュージアムオンラインとは、新型コロナの感染拡大防止のため1都3県の共同キャンペーンとして実施される「いのちを守る STAY HOME 週間」を支持し、GW(ゴールデンウィーク)期間のおうち時間をより楽しめるようにと企画されたもの。

うんこミュージアムTOKYOの人気コンテンツを自宅にいながら楽しめるほか、人気のお土産・うんこグミを特別価格で販売する。

スマホでオンライン飲み会「たくのむ」登録不要・URL共有ですぐ開始!12人まで無料に

オンライン飲み会サービス「たくのむ」が2020年3月28日にリリースされ、話題となっています。

スマホでオンライン飲み会「たくのむ」、URLシェアするだけすぐ開催!

新型コロナの感染拡大防止のため「外出の自粛要請」や「人が密に集まって過ごすような空間」は避けるよう呼びかけられており、飲み会なども自粛が呼びかけられていますが、

スマホやPCのカメラを使用してオンラインで顔をあわせ、それぞれの場所で飲む「オンライン飲み会」を開くグループが急増中。

そんな場を提供してくれる「たくのむ」は、URLを共有するだけでオンライン飲み会が簡単に開催できるサービスとなっています。

お賽銭もスマホ決済?!神社やお寺がキャッシュレス化、賛否いろいろ

初詣は行かれましたか?お正月の風物詩である初詣ですが、今年は「キャッシュレス賽銭」がニュースなどでも話題になっていますね。

お賽銭もスマホ決済?!神社やお寺がキャッシュレス化、賛否いろいろ

世界的にキャッシュレス化が進み、日本にも本格的にその波がやってきつつありますが、

下鴨神社(京都府京都市)や日光二荒山神社(栃木県日光市)、愛宕神社(東京都港区)・平等寺(徳島県阿南市)・黄金神社(岐阜県高山市)など

神社やお寺で「キャッシュレス賽銭」を導入し始めているところが、2018年ごろからジワジワと増え始めています。

スマホをラッキーアイテムに!神社公認・LINE着せかえ「開運バージョン」

コミュニケーションアプリ「LINE」に、人気の初詣参拝スポット8社の公認を得た着せ替えアイテムが期間限定で登場しました。なんとも幸運を呼びそうな、着せかえ…!

スマホをラッキーアイテムに!LINE着せかえに神社公認 開運バージョン

「初詣で行きたい!全国のおすすめ参拝スポット」として選ばれることの多い有名神社8社をモチーフにした、令和最初のお正月にふさわしいデザインとなっています。

LINE着せかえに神社公認 開運バージョン 画像2

▼特集参加神社

  • 愛宕神社(東京 港区)
  • 息栖神社
  • 伊古奈比め命(白浜
  • 金蛇水神社
  • 諏訪大社(上社下社で1種ずつ)
  • 東郷神社 他

例えば愛宕神社の詳細ページを見てみると、以下のような説明があります。

愛宕神社は徳川家康ゆかりの出世・勝運の神社。大鳥居から境内へと続く石段は「出世の石段」と呼ばれ、キャリアアップをめざすビジネスマンの参詣が絶えません。

伊古奈比咩命神社(白浜神社)は以下。

夫婦の神様を祀り、日本全国から縁結びのご利益を求めて訪れる方も多く、海岸の大岩にある鳥居では、また別のパワーを頂く事の出来る、伊豆最古の神社が壁紙になりました。

出世に、縁結び・商売繁盛・子授け・家内安全・勝運 など、それぞれの神社には由緒があり、鳥居や社のデザインをスマホに忍ばせればご利益をいただけそうな感じです。

この着せかえ特集は、2019年12月24日~2020年1月3日まで。1セットあたり370円(税込)または150コイン(Android端末、iOS端末のみ)にて購入可能となっています。

PayPayの登録者が2000万人超え!1日なんと10万人ペースで増加

スマホ決済アプリの「PayPay」が、登録ユーザー数が2000万人を突破したと発表しました。

PayPay(ペイペイ)は、2019年10月1日に1500万人を突破してからは怒涛の勢いで登録者数が増え続けており、なんと1日10万人ペースで増加しています。

PayPayの登録者が2000万人超え!1日なんと10万人ペースで増加

これは、10月1日にスタートした「キャッシュレス・消費者還元事業」の影響があるのはもちろん、

ペイペイは定期的に「PayPay感謝デー」「まちかどペイペイ」などのキャンペーンを実施しており、こういったキャンペーン実施で登録者数を加速させた結果になったとみられています。

PayPayが2000万人超え!ボーナスキャンペーン開始

キャッシュレス化が盛んになり、筆者の住む町でもあちこちのお店がスマホ決済を導入し始めていますが、

たしかに体感的にも、PayPayの導入店舗が圧倒的に多く、その勢いを感じます。これまで現金主義だったお店までも、PayPayだけは導入していたりと驚くほど。

スマホ決済アプリ、どれ使う?バーコード・QRコード決済サービスなど初心者向けに解説!

CMや店頭でもよく見かけるようになった、スマホ決済アプリを使った「バーコード決済」「QRコード決済」。

スマホでペイ!バーコード・QRコード決済サービス比較、どれ使う?

各スマホ決済アプリが行っているお得なキャンペーンに加え、2019年10月1日からキャッシュレス還元も始まり、その利用者は伸び続けている印象ですが

スマホ決済アプリの種類も色々あるため、どれが自分にあっているのか?どのスマホ決済サービスを使おうか悩んでいる方も多いはず。筆者もそんな1人です。

今からスマホ決済の導入を検討している方に向けて、スマホ決済の不明点を紐解きながら、それぞれのサービスの特徴や支払い方法について比較してみたいと思います。

LINEスタンプ定額で使い放題、Androidに続きiOS版でも利用開始へ

コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」が、LINEスタンプの定額制 使い放題サービスをAndroid版・iOS版 の両方でスタートしました。(Android版は7月23日より先行スタート)

LINEスタンプ定額で使い放題、Androidに続きiOS版でも利用開始へ

定額制使い放題「LINEスタンプ プレミアム」は、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」において、300万セットを超えるクリエイターズスタンプが使い放題になるサービス。

クリエイターズスタンプには人気の「カナヘイのピスケ&うさぎ」「けたたましく動くクマ」「ゆるくま」など人気シリーズもあり。

月額金額は240円(学生プランは120円)で、対象のクリエイターズスタンプが使い放題になる!

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

ページ上部へ