ラインスタンプ

2019年07月01日 うめっち/更新:2019.07.01

セブンペイスタート!7payのはじめかた、ナナコとの違いとは

 シェアする

2019年7月1日から、スマホ決済・バーコード決済のセブンペイ(7pay)サービスがスタートしました。

セブンペイスタート!7payのはじめかたと、ナナコとの違いとは

セブンペイはセブンイレブンの店頭で、自分のスマートフォンに専用のバーコードを表示させ、レジでスキャンしてもらうことでお支払いが済ませられるキャッシュレス決済サービスのこと。(今後加盟店は増える予定)

これまでセブンイレブンの独自キャッシュレス決済というと、ナナコ(nanaco)がありましたが、これとどう違うのか?セブンペイを使うメリットはどこにあるのか?…そして、どうやって使いはじめるのか…。

そんな細かい疑問とモヤモヤを、一つずつ晴らしていきましょう。

sponserd link

セブンペイとは?

セブンペイとは、セブンイレブンで使用できるスマホ決済。

セブンペイ 画像

利用額が後でまとめて請求されるクレジット型とは違い、先にお金をカードに入金しておく「チャージ型」なので、現金感覚でお買い物ができます。また、審査もないので、すぐに利用を開始できます。

セブンペイのはじめかた

セブンペイを使うには、事前の準備・登録が必要です。

① App StoreまたはGoogle Playで無料配布されている「セブンイレブンアプリ」をまずはダウンロード。会員登録を行います。(すでにセブンアプリを使用している方は②番から)

② 会員登録が済んだら、アプリトップ画面(アプリをひらいてすぐの画面)にセブンペイ利用開始案内が表示されるので、これをタップ。(以前からセブンアプリを使用しており、利用開始のバナーが表示されない場合はアプリを最新版へアップデートを)

セブンペイ 画像2

③ 表示内容を確認し、「同意する」をタップ。で、登録完了!

セブンペイにお金をチャージする/支払いをする

次はセブンペイへお金をチャージします。

アプリのトップ画面や会員コードなどの画面に表示される「支払い/チャージ」ボタンをタップ。すると、QRコードやバーコードが表示されます。

セブンペイ 画像5

QRコードは「支払い」時に使用します。チャージをしたい場合は、QRコードが表示されている画面上にある「チャージ」のタブをタップ。

すると、チャージ方法の選択画面にうつります。チャージ方法は現時点で以下5種類から選択可能。

  • クレジットカード/デビットカード
  • セブン銀行(デビットカード)
  • セブン銀行ATM
  • nanacoポイントでチャージ
  • レジで現金チャージ

店頭レジでチャージする場合は、チャージ用のQRコード・バーコードが表示されるので、チャージするお金と一緒にレジへ。

セブンペイ 画像3
チャージする画面は周りが緑色

現金のチャージ額は1000円から可能で、以降 千円単位で。

チャージは会計前にしておく必要はなく、お買い物の精算時にチャージすることができます。品物をレジに持っていった際、まずチャージする旨を伝え、処理してもらった後にお会計をすればOK。

セブンペイ 画像4
Photo / 7pay.co.jp

レジでの現金チャージが、個人的には一番シンプルでやりやすい方法でしょうか。

このほかのチャージ方法も、アプリ内のガイダンスに沿っていけば可能なので、好みの方法でトライしてみてください。

支払いの時は、アプリ画面の「支払い/チャージ」のボタンから「支払いタブ」に進んでバーコードをレジで読み込んでもらえばOKです。

ちなみに、決済時にレジが鳴る「決済音」は、音楽プロデューサーとしても活躍中のヒャダインさんが手がけたものとなっています。

セブンペイとnanacoカードの違いとは

ナナコカードはキャッシュレス決済ができるだけでなく、利用額に応じてポイントが貯まるカードでした。(店内一部商品・公共料金支払いなどを除く)

ナナコカード 画像

これまで、ナナコカードでは100円の利用につき1ナナコポイント(=1円相当)が貯まる仕組みでしたが、2019年7月1日より「税抜200円で1ポイント」へ引き下げ。

セブンペイでの支払いも同様に「税抜200円につき1ナナコポイント」ですが、セブンペイの利用開始が「セブンアプリ」からということもあり、セブンアプリと自動的に紐づけされます。

「セブンイレブンアプリ」とは?
スマートフォンにDLし利用登録。店頭でお買い物の精算前に「会員コード(バーコード)」を提示しスキャンしてもらうことで「バッジ」「セブンマイル」が貯まる。

セブンペイ 画像6

「バッジ」はセブンイレブンでのお買い物に対して付与されるもので、「マイル」とはセブン&アイグループのお店でお買い物をした際に貯まるもの。
いずれもためていくとレベルが上がり、特別なキャンペーンに参加できたり、「コーヒー1杯無料」などお得なクーポンが配信される。

セブンペイでの決済を行うと、会員コードを提示しなくても「バッジ」や「マイル」も自動的に貯まります。

ナナコカードはカードだけ利用していても「バッジ」「マイル」は貯まりませんが、ナナコカードとアプリを紐づけすることで、会員コード提示なしでもポイントが貯まるようになります。(ナナコカード残高もアプリで確認できる)

セブンペイとナナコ、つまり「アプリ」か「カード」か

つまり、セブンペイとナナコカードの機能などについて違いはほぼなく、“カードを読み込ませて決済する” か、“スマホのバーコードをスキャンしてもらって決済するか” の違い。

現時点では『カード OR アプリ』で、自分が使いやすいほうを選べばよさそうです。

ちなみに、2019年7月1日~10月31日までは、セブンペイの支払いで「ナナコポイント2倍キャンペーン」が実施中。

税抜200円ごとに通常のナナコポイントが1貯まり、キャンペーンナナコポイントが税抜200円ごとに1貯まる(通常ポイントは2日後に付与、キャンペーンポイントは翌月7日にまとめて付与される)ということで、期間限定ではありますがポイント還元が良い方で選ぶ、というのも一つの手です。

このほか、セブンイレブンでは2019年7月1日より他社バーコード決済(PayPay/メルペイ/LINE Pay/アリペイ/WeChat Pay)の取り扱いも開始。

2020年に向け、怒涛の勢いでキャッシュレス対応が進んでいます。



あわせて読みたい

edit 『 スマホ・SNS 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ