ラインスタンプ

LINEメッセージの削除が可能に!送信取消機能で相手のトーク画面からも消せる

 シェアする

2017年12月14日 13:03 記事/うめっち

コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」が、送り間違えてしまったメッセージやスタンプを送信相手のトーク画面からも消せる機能

送信取消機能を追加したと2017年12月13日に発表しました。

LINE、メッセージ削除が可能に!送信取消機能で相手のトーク画面からも消せる

送信取消機能は、1対1でのトーク・複数人でのグループトークなど以下の対象の範囲で自分が送信したメッセージを24時間以内であれば削除できるというもの。

削除対象範囲
メッセージ、スタンプ、画像、動画、ボイスメッセージ、LINE MUSIC、URL、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴

LINEは、話すような感覚でリアルタイム・手軽にメッセージのやりとりができるアプリ。加えて様々な機能が追加され、日常的に使用する人も多い。そんな中、「恋人に送るはずのメッセージを間違えて上司に送ってしまった…」「友達に送るはずが親に送った」という送り間違い(誤爆)も多く、

“相手に読まれる(既読が付く)前に消したい” という要望が多く寄せられていたそう。不可能と思われていたこの機能が、ついにリリースされたのです!

sponserd link
ad1

送信取消機能の使い方/利用には双方の「最新版にアップデート」が必要

ラインの誤爆(送り間違い)を削除する「送信取消機能」の使い方は簡単。

消したいメッセージ・スタンプを長押しし、「送信取消」を選択。

LINE、メッセージ削除(送信取消) やり方

これだけ。

相手の既読・未読にかかわらず、「送信してから24時間以内」であれば取り消す事が可能です。ただし、削除(取消)した事は履歴に残ります。また、一部のOSバージョンを除いては、スマホ本体の通知表示は取り消すことはできないとのことなのでご注意。

また、スマートフォン版LINE、デスクトップ版LINEにて使用できる機能となっており、Chrome版では、相手が取消したメッセージは反映されるが、送信したメッセージそのものを取消すことはできません。取消したいメッセージがある場合は、その他の端末の利用を。

LINE メッセージ削除(送信取消)の注意

最後に重要なのは、送信取消機能は自分だけでなく相手も「LINEアプリが最新版であること」が条件となっています。

このように条件がそろっていなければ意味がない所もあるので、送り間違えないように落ち着いてメッセージのやり取りを行うことが一番ですね。

ad2


あわせて読みたい


edit 『 スマホ・SNS 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ