ラインスタンプ

2018年12月28日 うめっち/更新:2018.12.28

しぶんぎ座流星群、2019年最初の天体ショーが1.4ピークに

 シェアする

しぶんぎ座流星群 が2019年1月3日、新春の夜に極大(見ごろピーク)となります。

年明けを祝う真冬の天体ショー!

しぶんぎ座流星群、2019年最初の天体ショーが1.4ピークに
画像はイメージ

しぶんぎ座流星群は「ペルセウス座流星群(8月)」/ふたご座流星群(12月)と共に「三大流星群」に数えられていますが、

他の二つよりも活動が活発な期間が短く、さらに流星の出現数が年によって大きく異なる事でも知られている流星群。今年の条件や見ごろの時間帯はいつごろでしょうか。

sponserd link

3日夜中から4日にかけて夜空見上げて

「しぶんぎ座」は今は存在していないので聞き慣れない星座の名前ですが、かつて「うしかい座」と「りゅう座」の境界あたりに「へきめんしぶんぎ(壁面四分儀)座」という星座があったとされ、

この辺りの放射点(流星が飛び出してくるエリア)があることから「しぶんぎ座流星群」と呼ばれているのだそう。

しぶんぎ座流星群 方角
Photo / nao.ac.jp

天文情報サイトAstroartsによると、2019年のしぶんぎ座流星群は1月4日11時頃(日中)が最も流星群の活動が活発になるそうですが周りが明るくては流星は観測できないため、

「3日の深夜~4日明け方頃」が見ごろになりそう。

国立天文台によると、この日は新月の2日前とあって月明りの影響がないので、極大時間とは少しずれますが3日深夜~4日明け方頃にかけてまずまずの条件が揃う。空が暗く周りに灯りがない場所で1時間あたり最大30個程度の流星が観測できるという。

ウェザーニューズによると3日夜~4日明け方は冬型の気圧配置が続くため、関東から西の太平洋側などで一番条件よく流星群観測ができそう。日本海側は雲が広がりやすいとあって雲の隙間を狙う天体観測に。

星が流れても雲にさえぎられてしまうと見えなくなってしまうため、当日はスキっと晴れた夜空になることをまずは願いたいところです。



あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ