1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

シンガポール夜景スポット!マーライオン公園からの眺めが美しい

マーライオン公園は、陽の高い時間に訪れても楽しめますが、夜になるとまたガラリと雰囲気が変わります。シンガポールで有名な観光スポットが集結しているマリーナエリアにあるため、ここからの夜の風景が本当に素晴らしいのです。

シンガポール夜景スポット!マーライオン公園からの眺めが美しい

夜景スポットとしても人気のマーライオン公園からは、正面にマリーナベイサンズ、その横には世界最大級の巨大観覧車・シンガポールフライヤーなどもあり、

海には遊覧船や豪華客船、後ろにはそびえ立つビル群の夜景も広がり、360度パノラマで夜景が広がるオススメスポットです。

世界最大の噴水!富の噴水(富の泉)は金運アップ・願いが叶う風水パワースポット

シンガポールのパワースポット「富の噴水(富の泉)Fountain of Wealth」。富の噴水は、風水に基づいて造られた世界最大級の噴水で、シンガポール最大のショッピングモール「サンテックシティ(Suntec City)」の中央にある、無料で見学できるスポット。

世界最大!富の噴水(富の泉)は金運アップ・願いが叶う風水パワースポット

シンガポールは生活に風水が根付いるため、色んな建築物に用いられています。中でもパワースポットとして象徴的なのが、この富の噴水(ファウンテン オブ ウェルス)。中央に湧き出ている泉の水に触れながら願い事をすると、「金運アップ」「願いが叶う」と言われています。

富の噴水(富の泉)の通常の姿
これが通常の水の流れ / Photo by sunteccity.com.sg

さらに、夜は噴水と光・音のショーも実施されます。

風水では「水」は金運・経済の繁栄をもたらす象徴と伝えられているそうで、富の噴水は「世界最大」の噴水としてギネス認定もされています。高さ約14mのサークルから内側に水を流すことで良い “気” をこの地に呼び込むと言われています。

また富の噴水は、時間帯によってその姿が変わります。噴水エリアに立ち入ることができる「タッチウォーターセッション」も!

阿秋甜品でマンゴーサゴ、50種以上のメニュー並ぶブギスの中華デザート専門店!

マンゴーサゴをはじめ、数々のチャイニーズスイーツが食べられる、阿秋甜品(アーチュウデザート:Ah Chew Desserts)。シンガポールのブギスエリアで、地元ファンも多い中華デザート専門店です。

阿秋甜品でマンゴーサゴ、50種以上のメニュー並ぶブギスの中華デザート専門店!

年間を通して暑いシンガポールでは冷たいデザートがうれしい!マンゴーサゴは、マンゴー好きならチェックしておきたいシンガポールの鉄板スイーツです。

シンガポール アーチュウデザート

テーブルに置かれたメニューをザッと見ただけでも50品以上あるほど豊富。なにを食べたらいいのか迷うほどです。

アジア最大の巨大観覧車・シンガポールフライヤー!28人乗りゴンドラで地上165mまで

シンガポール・フライヤー(Singapore Flyer)は、シンガポールの繁華街「マリーナベイ」の中心部にある巨大な観覧車。

アジア最大の観覧車で、最高到達点は165m。シンガポール市内を上から見下ろすことはもちろんのこと、晴れた日ならマレーシアやインドネシアの島々までも見渡せるという絶景大観覧車なのです。

シンガポールフライヤー、風水的最高の立地・気をすくいあげるアジア最大の観覧車!

シンガポールフライヤーの所要時間はおよそ30分。

シンガポールフライヤー エントランス

シンガポールフライヤー ゴンドラ(カプセル)

ゴンドラも巨大で、1つに最大28人が乗ることができます。このゴンドラがゆっくりと30分かけて1周します。

シンガポールフライヤー ゴンドラ(カプセル)2
室内広々!

全面ガラス張りなので、眼下に広がる町も遠くに広がる海・街の様子をしっかり見渡す事ができます。巨大観覧車・シンガポールフライヤーの設計を手掛けたのはなんと日本を代表する建築家・黒川紀章氏。工事には日本の会社も参加しています。

マーライオン公園、シンガポールの象徴が「顔はライオン体は魚」のワケ

シンガポールの象徴・マーライオン。上半身がライオン・下半身は魚の、真っ白で巨大な像が口から水を放出しているあのマーライオンが見られる代表的なスポットが、マーライオン公園(Merlion Park)です。

マーライオン公園、シンガポールの象徴とお決まりのあのポーズで写真を

観光でシンガポールを訪れる際には、押さえておきたい人気スポット!マーライオン公園には世界中からの沢山の観光客が訪れます。

今は人気スポットのマーライオン公園ですが、昔は現在の場所より少し奥まった場所にマーライオンが設置されていたため、

・近くに寄れない(正面から見られない)
・放水が常時行われていない(ポンプの故障)
・新しい橋が出来て景観が遮られた

などの理由から、実際に行くと期待を裏切られる「世界三大ガッカリ観光名所」の一つと呼ばれていたこともあったようです(※1)。

ですが今は大丈夫。2004年に移設されて以降は、その足元まで近寄れて、どこから写真を撮っても映え、毎日勢いよく放水!すべての問題が解決され、「シンガポールに来たーっ!」という気持ちを盛り上げてくれること間違いなし!

ラクサはシンガポールで愛されているB級グルメ!人気店328カトンラクサで本場の味

シンガポール名物料理の1つ、ラクサ(Laksa)。濃厚なココナッツミルクベースの麺料理ということで、異国の香りがプンプンするシンガポールのご当地グルメです。

ラクサはシンガポールで愛されているB級グルメ!人気店328カトンラクサで本場の味

中でもラクサの人気店「328カトンラクサ(328 Katong Laksa)」が美味しいと評判だそう。

328カトンラクサ(328 Katong Laksa)
入口には日本語で「人気の店」と自分で書いている(笑)

シンガポールには、ローカルフードが集まったホーカー(日本でいう屋台村のような所)があり、そこでも様々なご当地のローカルフードが食べられるのですが、

初めてのシンガポールは人気店で本場の味を味わいたい!ということで、市街地から少し離れたラクサの激戦地・カトン地区まで足をのばし、328カトンラクサにやってきました。

シンガポールの海は大型船でいっぱい!タンカーが沢山停泊する不思議な風景

日本からシンガポールへ飛行機で向かったとき、シンガポール上空から最初に目に飛び込んできたのがこの風景。海にたくさんの大型船が浮かんでいます。その大半が動いておらず停泊しているように見えます。

シンガポールの海は大型船でいっぱい!タンカーが沢山停泊する不思議な風景

なんだなんだ??と、その数に圧倒され空の上から目を奪われます。

シンガポールの海は大型船やタンカーが沢山停泊している

シンガポールの港のそばには大型船やタンカーが沢山停泊している

日本では見たことのないこの風景、とても印象的だったのですが、シンガポールでは日常的な「あるある」の風景のようです。

カラフル!プラナカンの建物が可愛い、シンガポール カトン地区へ

シンガポールの中心部から車でおよそ15分ほど東に走ると、カトン地区(Katong District)に到着します。ここには黄緑、オレンジ、ピンク、水色など、風景がパッと明るく華やかになるパステルカラーの建物がズラリ建ち並んでいます。

カラフルな「プラナカン」の建物がカワイイ!シンガポール カトン地区へ
写真はカトン地区 クーン・セン・ロードにあるプラナカン建築群

「プラナカン」と呼ばれるこの建築群はとてもカラフルで、“フォトジェニック!” と女性に人気のエリアです。

古い建物でも、パステルカラーで綺麗に塗り直されているため、今も町は美しいまま残されています。プラナカン建築が楽しめるカトン地区を、散策しながら見ていきましょう!

チリクラブ、カニの旨みが詰まったシンガポールの人気グルメ

シンガポール観光で押さえておきたいグルメの1つ、名物グルメ「チリクラブ」。大きなお皿にドーン!と赤い物体と大量のソースがかけられているのがソレです。

チリクラブ、シンガポールの代表的グルメがたまらん!

チリクラブとは一体何なのか?というと、チリソースがかかった蟹(crab)料理のこと。甘辛いソースがカニの身に絡んでたまりません。

カニ丸ごと一杯を取り分けて食べるため、手がベッタベタになりますがそんなことは途中から気にならなくなる魅惑の料理です。

マリーナベイサンズの噴水ショー「スペクトラ」無料のショーがパワーアップ!

シンガポールのシンボル的ホテル「マリーナベイサンズ」では毎日、噴水ショーが実施されているのをご存じですか?

マリーナベイサンズの噴水ショー「スペクトラ」無料のショーがパワーアップ!

シンガポール通の方にはよく知られているこの噴水ショーが、2017年から新しくなりました。内容がリニューアルした「光と水のショー」は、名前もWONDER FULL(ワンダーフル)から SPECTRA(スペクトラ)に変わり、毎日、シンガポールの夜を華やかに彩っています。

新しくなった噴水ショー・スペクトラは、最新のレーザー技術にパワフルなジェット噴水、そして美しい音楽と水のシンフォニーが楽しめます。

マリーナベイサンズの噴水ショー「スペクトラ」

嬉しいのは、なんといってもこのショーが「無料」だということ。シンガポール旅行時にはぜひ見ておきたい、15分のショータイムです!

ジャンボナンが名物!沖縄・北谷のカレー屋 ボリウッドドリームズ

ボリウッドドリームズ(Bollywood Dreams)は沖縄県中頭郡北谷町にあるちょっと大人な雰囲気漂うインド料理の店。

中でも特大の「ジャンボナン」と一緒に食べるインドカレーが人気となっている店で、見た目も味もグッド。

ジャンボナンが名物!沖縄・北谷のカレー屋 ボリウッドドリームズ

旅行者は沖縄旅行でカレー?と首をかしげてしまいそうですが、テーブルに運ばれてくると思わずカメラを向けてしまうインパクト。

沖縄 ボリウッドドリームズ ラッシー

南国を感じさせるカラフルなラッシーと一緒に頂きたい!

岡山 良寛てまり、コロンと和の包みがかわいい和菓子はお土産にも

岡山土産といえば「ぎびだんご」「マスカット」などがお馴染みですが、地元の方に教えてもらった 菓子処ひらい「良寛てまり」もおすすめ。

岡山 良寛てまり、コロンと和の包みがかわいい和菓子はお土産にも

岡山 良寛てまり 箱の中身

岡山県倉敷市玉島に本店を構える菓子処ひらいは、地元の歴史や四季の風情を折り込んだお菓子を販売するお店。

良寛てまりは、レトロ柄の包みで巾着結びされたコロンとかわいいあんこと栗のお菓子です。

カフェ電車?!おくいづも女子旅列車、JR木次線でプチトリップ!

日本旅行が2017年11月18日限定の日帰りツアー「癒しの汽車旅 木次線 おくいずも女子旅列車」を発売しました。

カフェ電車?!おくいづも女子旅列車、JR木次線でプチトリップ!

これは、広島県庄原市の「備後落合駅」~島根県松江市の「宍道駅」までを結ぶローカル線・JR木次線を利用したツアー。(ツアーでの乗車区間は宍道-出雲横田、出雲横田-木次間)

島根を旅する女性を応援する「おくいずも女子旅つくる!委員会」らが企画したもので、普段は定期列車として使用されている気動車にカーペットを敷き、靴を脱いでくつろぎながらスイーツ等を楽しめる和風「汽車カフェ」空間をつくりあげた。

おくいづも女子旅列車、受付スタート

旅先「出雲横田安楽寺」では、

・オリジナル弁当で昼食
・MY扇子づくり体験
・本堂での読経体験(自由行動もあり)

やってみたいとは思いながらも、ノープランだとなかなか行動にうつせない「ブラリ電車の旅」。今回のツアーなら、ごはんもスイーツもコーヒーも付いているため、気軽に楽しめそうです。

おくいづも女子旅列車

ツアー催行日時は2017年11月18日10時50分宍道駅集合~16時42分木次駅解散(その後宍道行き列車にも乗継OK)。25名限定で、最少催行人数は15名。料金は8800円。申し込み・お問合せは日本旅行TiS松江支店(0852-22-0011)、または日本旅行グループ各店舗、日本旅行HPで。

文具女子博 開催!ステキな文房具屋さん集結の3日間

文房具って、どうしてあんなに魅力的なんでしょうか。ノートを新調した、こだわりのペンを買った、などささやかな文具アイテムでも、新しいモノを手にするとちょっとワクワクする。

そんな文具好き「文具女子」にたまらないイベント、文具女子博が2017年12月15日から3日間開催されます。

文具女子博 開催!ステキな文房具屋さん集結の3日間
Photo / bungujoshi.com

文具女子博とは東京流通センター第二展示場Fホールを舞台に、お馴染みの文具メーカーから巷で噂の店まで、ステキな文具屋さんが一堂に会する文具の祭典です。

出店社には、お皿にお絵かきして絵柄を焼き付ける「らくやきマーカー」などで知られるエポックケミカル、ペンサイズのふせんなど付箋を主に取り扱う「カンミ堂」、キャンパスノートなどでもおなじみの「コクヨ」、書道メーカー「呉竹」、ペンやクレヨンの「サクラクレパス」などなど

総勢約70社ものブランドが大集結!その場で購入できる日本最大級の文具イベントとなります。

入場料は500円(小学生以下無料)。「文具女子博」とはいうものの、もちろん男性も入場可能。開催日時は2017年12月15日~17日、10時~17時(最終日は16時)まで。最終入場は閉場1時間前までとなっています。

ラグジュアリーな豪華客船 セレブリティミレニアムで、秋色に染まる「日本の美」をめぐる

人気の豪華客船「セレブリティ・ミレニアム」が、2018年秋の秋色に染まる日本の“美”を巡るクルーズコースの販売を2017年10月10日よりスタートしました。

ラグジュアリーな豪華客船 セレブリティミレニアムで、秋色に染まる「日本の美」をめぐる

セレブリティミレニアムで日本一周が楽しめる今回のクルーズは、横浜発着で日本屈指の港町をめぐる13日間の旅。

セレブリティミレニアム、広島・五日市港へ寄港の様子
写真は広島・五日市港へ寄港の様子

日程(2018年)は以下のようになっています。

日程 寄港地 入港 出港
セレブリティミレニアム、2018年 秋の日本一周クルーズ
9/30 横浜(大桟橋) 16:30
10/1 清水 7:00 15:00
10/2 神戸 11:00
10/3 神戸 18:00
10/4 高知 7:00 18:00
10/5 広島 9:00 18:00
10/6 終日クルーズ
10/7 釜山 [韓国] 7:00 17:00
10/8 終日クルーズ
10/9 函館 9:00 20:00
10/10 青森 7:00 20:00
10/11 終日クルーズ
10/12 横浜(大桟橋) 10:00

函館、青森、横浜、神戸、高知、広島などに立ち寄りながら、世界遺産や各地の絶景を楽しむ、ちょっと贅沢な大人のクルーズとなっています。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ上部へ