1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

日本庭園で和のイルミネーション「黄金の島ジパング」由志園で

池泉回遊式庭園が有名な由志園島根県松江市)で、130万級の光で庭園を彩る「黄金の島ジパング」クリスマスイルミネーションが、2019年11月15日~12月26日まで開催されます。

日本庭園のクリスマスイルミネーション「黄金の島ジパング」由志園で

イルミネーション開催時には、開園時間を延長して由志園の園内中央にある池泉を舞台にした中四国最大規模の水中イルミネーションなど、

和のイルミネーションをテーマに、「黄金の島ジパング」と題して毎年園内を7つの演出で彩ります。2019年の見どころとなる7つの演出は以下の通り。

  1. 48台のプロジェクターによる庭園全体のプロジェクションマッピング
  2. 中四国最大規模の水中イルミネーション
  3. 七色に光る「和イルミネーション」エリア
  4. 光る巨象のインタラクティブ(双方向性・対話性)アート
  5. 山陰最大級の紅葉ライトアップ
  6. 最新技術で体験する音と光の空間
  7. 紅葉の後に登場する新たな光の演出

イルミネーションは期間ごとに、以下の日程で開催されます。

紅葉ライトアップとクリスマスイルミネーション
期間 2019年11月15日から11月30日まで
時間 20:00まで毎日開催
クリスマスイルミネーション
期間 2019年12月1日から12月26日まで
時間 20:30まで毎日開催

幻想的な世界に包まれるクリスマスイルミネーションは、由志園(ゆうしえん)にて2019年11月15日~12月26日まで開催。期間中の土日祝には、JR松江駅から無料シャトルバスも運行するとのこと。

なお、年明けも「ニューイヤーイルミネーション」として約2週間のみ以下の日程で実施する。

ニューイヤーイルミネーション
期間 2019年1月2日から1月14日まで
注意 毎週水曜日はライトアップをお休み
時間 20:00まで開園

島根県のグルメ&コネタ&おでかけスポット

福岡 大宰府の名物 梅ヶ枝餅、その場で焼きたて頬張り町ブラも

太宰府天満宮の名物・土産といえば「梅ヶ枝餅(うめがえもち)」。

福岡 大宰府の名物 梅ヶ枝餅、その場で焼きたて頬張り町ブラも

広島出身の筆者は、地元のお祭りなどに屋台で出ていた姿を見かけるくらいで、大宰府を訪れるまでちゃんと食べたことはなかったのですが

店頭で購入してその場で食べた、ホカホカの梅ヶ枝餅に心を掴まれてしまい、一瞬にして大好きになってしまいました。

食べてみるまでは「お餅に梅ですか・・・?」と味のイメージが沸かぬままあえて手に取ることはなかったのですが、梅が入っているわけではなく、梅で有名な大宰府天満宮ならではのエピソードになぞらえてつけられた名前でした。

環境芸術の森「逆さ紅葉」で有名な佐賀の秘境に行列

佐賀県唐津市にある作礼山(さくれいざん)の中腹に、新緑・サクラ・モミジなど、森が美しい表情を魅せる時期に来場者が列をなすスポット「環境芸術の森」があります。

環境芸術の森「逆さ紅葉」で有名な佐賀の秘境に行列

環境芸術の森では、園内の「風遊山荘(ふうゆうさんそう)」に置かれる漆のテーブルに紅葉が写り込み

「逆さ紅葉」を見ることができ、絶好の写真撮影スポットとして人気。

ツヤツヤとした漆のテーブルに鏡のように紅葉が映るその様子は「リフレクション写真」とも呼ばれていて、SNSでも話題。筆者が訪れた際も、来園者はスマホや自慢のカメラを手に熱心に撮影していました。

天空の駅「旧宇津井駅」がライトアップイベント

広島県「三次市」と島根県「江津市」とを結ぶJR三江線の駅、宇津井駅(うついえき)。ホームが地上20mの位置にあり、日本一高い駅「天空の駅」として鉄道ファンに人気のあった駅ですが、2018年3月末で、三江線が廃線になったことに伴い、現在は廃駅となっています。

天空の駅「旧宇津井駅」がライトアップイベント
photo / なつかしの国石見

旧宇津井駅では、冬になると周辺の田園を含めたライトアップ「INAKAイルミ@おおなん」を実施しており、廃線となった今でもこのイベントは続いており、今年で10回目を迎えます。

「INAKAイルミ@おおなん」は2019年11月22日・23日の2日間開催で、旧宇津井駅の周辺には地元・邑南町のグルメ屋台も並ぶとのこと。

JR三江線の駅、宇津井駅でイルミネーションのライトアップ

なお、羽須美中学校グラウンド(島根県邑智郡邑南町阿須那123)が臨時駐車場となっており、臨時駐車場からイベント会場の宇津井駅まではシャトルバスも運行する。

イベント時間は両日とも16時~20時30分まで。問い合わせは邑南町役場 羽須美支所(0855-87-0221)まで。

黒酢の壺がズラリと並ぶ、鹿児島・霧島ならではの壺畑が広がる風景

黒酢の発祥の地・鹿児島県霧島市。霧島の街を車で走っていると、所々に黒い壺が並んでいる風景を見かけます。

黒酢の壺がズラリと並ぶ、鹿児島・霧島ならではの風景

畑のような広い敷地に、壺が並ぶ風景この風景は、初めて見ると非常に新鮮でビックリするのですが、

黒酢の壺がズラリと並ぶ、鹿児島・霧島

霧島では200年以上も変わらず、この伝統製法で黒酢が作られているんだそうですよ!

日本でここだけ!宮崎・都井岬は「馬の楽園」絶景の中で野生馬に出会える!

宮崎県の都井岬(といみさき)は、日本で唯一、野生馬に会える場所!と聞いて、やってきました!

日本でここだけ!宮崎・都井岬は「馬の楽園」絶景の中で野生馬に出会える!

都井岬は、宮崎県串間市・日向灘の南端で太平洋に面している岬。

太平洋沿いの道に癒されながら走っていると、野生の馬、御崎馬(みさきうま)に出会えるという珍しい場所です。

ここで会える御崎馬(みさきうま)は日本在来馬なんですが、ちょっと珍しい品種だそう。

今ではとても貴重だそうで、串間市によると「御崎馬は純粋な日本在来馬として国の天然記念物に指定されている」のだそうですよ。

パンダくろしお 人気、運行期間を2020年夏まで延長へ

列車の正面にはパンダの顔面、車体や車内にもかわいい動物ラッピング電車になっている「パンダくろしお」を、運行期間を延長するとJR西日本が発表しました。

パンダくろしお 人気、運行期間を2020年夏まで延長へ

パンダくろしおは、和歌山のテーマパーク「アドベンチャーワールド」とJR西日本がコラボして運行しているラッピングトレイン。

パンダくろしお、車内もかわいい
車内もパンダ一色

JR西日本が発足30周年を迎えた2017年から運行している列車ですが、この見た目の可愛さがウケて当初の運行期限に指定されていた2019年11月までの運行を、2020年8月ごろまで延長して運行する。

パンダくろしお 車体ラッピングデザイン
パンダくろしお、ラッピングデザイン(一例)

パンダくろしお 車内自動扉デザイン
車内の扉にもアニマルラッピング

また「パンダくろしお」は2019年12月からさらに1編成を追加投入。より多くの乗客が利用できるようになる。

運行区間は東海道線「京都駅」から紀勢線「新宮駅」(新大阪駅・天王寺駅・和歌山駅経由)で、日によって運行列車・区間が異なるとのこと。

関連:ミッキー新幹線、JRが九州新幹線を可愛くラッピング!乗車レポート

知ってた?沖縄はマグロ天国、いろんな種類のマグロが水揚げされている!

沖縄の魚といえば、沖縄の市場でよく見かけるミーバイやイラブチャーなど、熱帯魚のようなカラフルな衝撃カラーの印象が強く、さすが南国…魚ひとつとっても全然違うのね、と衝撃を受けたのが鮮烈な記憶として残っているのですが、

市場やスーパーで切身や握り寿司として売られている魚を見ていると、意外にも「まぐろ」が多く並んでいることに気づきます。しかも、安い!

知ってた?沖縄はマグロ天国、いろんな種類のマグロが水揚げされている!

沖縄で「マグロ」というのは、ちょっと意外な気がしていた筆者ですが、

魚種別漁獲量(平成28~29年度の沖縄農林水産統計年報参照)をみてみると、実は沖縄の漁獲量で一番多いのが「まぐろ類」となっており

まぐろ類(本マグロ、キハダマグロ、メバチ、ビンチョウなど)の漁獲量は、全体の中でもズバ抜けています。

しかも、沖縄マグロの漁場は近海にあり、時間をかけずに水揚げすることが出来るので、他県のマグロのように冷凍することなく市場に運ぶことができるため、新鮮なのだとか。

名古屋駅で見つけた「ういろモナカ」自分で完成させるサクサク美味しいプチ土産

名古屋駅のお土産コーナーで見つけた、ういろモナカ。モナカのなかに、ウイロウと餡子を開封後に自分で後入れして完成させるというもので、サクサク食感が楽しめます。

ういろモナカ 名古屋駅 土産 画像3

ういろモナカには桜・白・抹茶の3種類があり、それぞれ1つ入りで237円(2018年購入当時価格)。レトロなデザイン・文字で、イラストもなく中身が想像しにくいパッケージが逆に興味をそそります。

名古屋みやげに ういろモナカ、駅で買えてレトロかわいい

名古屋市中区大須に本店を構える老舗店「大須ういろ」のういろモナカを、実際に食べてみました。

岩国駅 1Fにベジトリップ、軽食メニューも!人気のジューススタンド

JR岩国駅(山口県岩国市麻里布町)に、人気のジューススタンド店「ベジトリップ」の2号店がオープンします。

ベジトリップは、岩国市地方卸売市場内に店舗をかまえるコールドプレスジュースを提供するお店。青果店が運営しているため、新鮮なフルーツをふんだんに使ったデザートスムージが人気です。

岩国駅 1Fにベジトリップ、軽食メニューも!人気のジューススタンド

ベジトリップの新店(2号店)が登場するのは、JR岩国駅 西口1F。

岩国駅 1Fにベジトリップがオープン

岩国市地方卸売市場内の店舗は、車がないとアクセスしづらい場所でしだか、新店は駅の1Fに登場したため、さらに人気を集めそうです。

岩国駅の店舗は2019年10月19日にグランドオープン。2019年10月16日からはプレオープンが行われています。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ上部へ