1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

柳川「さげもん」艶やかに祝う雛祭り、町をめぐって楽しむ!

福岡県柳川市に伝わるひな祭りは「さげもん」と呼ばれる飾りを雛人形と一緒に飾り付けられ、とても華やか!

柳川「さげもん」艶やかに祝う雛祭り、町をめぐって楽しむ!

女の子がすくすくと成長し、幸せな結婚ができるようにと、華やかな結婚式の様子を表現したのが雛飾り。柳川市の「さげもん」は、お雛様の代わりに古着の切れ端で小物を作って飾りお祝いしたことが始まりと言われています。

柳川 さげもんめぐり

現在は雛人形のまわりに飾りつけられている「さげもん」ですが、本場・柳川ではまちの名所や商店の一角にも飾られ、これを見て回って楽しむ「さげもんめぐり」も恒例イベントとなっています。

日本一「道の駅たちばな」は、八女茶ソフトクリームも人気の直売所!

福岡県の南の玄関口・八女市の「道の駅たちばな」では、全国的にも有名な「八女茶」など地元の農産物や加工品が販売されています。

日本一「道の駅たちばな」は、八女茶ソフトクリームも人気の直売所!

国道3号線沿い、熊本との県境に近い静かな場所にあります。

日本一「道の駅たちばな」は、八女茶ソフトクリームも人気の直売所!

道の駅たちばな は、日本一の直売所を決める「直売所甲子園」の2011年大会で優勝しており、入口には大きく「おめでとう!日本一」の横断幕が掲げられています。

福岡県八女市 道の駅たちばな 入口の様子

直売所甲子園は、消費者との信頼関係づくり・農家の働き甲斐・地元への貢献度などを独自の指標で決定するもので、持続的な運営が出来ているかも審査ポイントになっているのだとか。

ナイトサファリ、シンガポールの世界初・夜行性動物サファリパーク

シンガポールの夜に家族連れでも遊べるスポット、それが「ナイトサファリ」。

ナイトサファリ、シンガポールの世界初・夜行性動物サファリパーク

多くの旅行プランや観光ガイド本にもよく登場するため、シンガポールの「夜観光」といえばナイトサファリを連想する人もいるかもしれません。

ナイトサファリは1994年にオープンした、世界初の夜行性動物サファリパーク。営業時間は夜7時すぎから!というちょっと変わったスポットで、広大な敷地を探検気分で歩いたりトラム(園内ガイド付き乗り物)で巡ることもできます。

ご当地スナック 馬刺しチップス、熊本のオモシロお土産に

日本一の馬肉の産地・熊本で、個性的なスナック菓子「馬刺しチップス」に出会いました。

ご当地スナック 馬刺しチップス、熊本のオモシロお土産に

馬刺しに馴染みのない筆者はパッケージを見て一瞬ギョっとしましたが、サシが入ってツヤツヤしているおいしそうな馬肉の写真。ご当地感があって、お土産などによさそうです!

花文字が華やか!シンガポール・チャイナタウン散策のお土産に

シンガポールの中で中国の文化が色濃く残るまち「チャイナタウン」でお土産探しするなら、自分の名前などを即興でオリジナルに仕上げてくれる「花文字」はいかが?

シンガポール チャイナタウンで即興 花文字、お土産に嬉しい華やかさ

花文字(Rainbow Calligraphy)とは、文字の中に縁起の良い吉祥絵(龍・稲穂・鶴・亀・鯉・花など)を散りばめた華やかな書法。

花文字は中国生まれということで、チャイナタウンには花文字を書いてくれるお店がたくさんあり、数分であっという間に仕上げて持ち帰る事ができます。

自分の名前のほか、「商売繁盛」「LOVE」などのメッセージでもOK!シンガポールの思い出をカタチに残す自分用のお土産にオススメです。

京都の旧駅舎でプロジェクションマッピング「京都駅ビル×京都鉄道博物館」

「京都駅ビル×京都鉄道博物館 プロジェクションマッピング FANTASTIC JOURNEY」が2018年2月2日よりスタートします。

京都の旧駅舎でプロジェクションマッピング「京都駅ビル×京都鉄道博物館」
画像は投影イメージ

京都府のお出掛け情報

旧二条駅舎を舞台に歴史的建造物で楽しむ光と音の映像ショーは、梅小路公園ライトアップ「京都・冬の光宴2018」に連動したイベント。

現役時代は日本最古級の木造駅舎と言われた旧二条駅舎(現在は京都鉄道博物館の敷地内)で実施されるプロジェクションマッピングは、1時間に4回投影され、1回あたり5分程度の映像が楽しめます。

開催は2018年2月2日(金曜日)から2月13日(火曜日) までの2週間弱、18時~20時30分まで。2月7日は休館日のためプロジェクションマッピングの開催も無しとのこと。

光るカクテルが写真映え!ハウステンボス 光のカフェ&バー

美しく幻想的な「光の王国」開催中の長崎・ハウステンボスの園内で、散策途中に立ち寄りたいスポットのひとつ「光のカフェ&バー(光のCafe&Bar)」。

光るカクテルが写真映え!ハウステンボス 光のカフェ&バー

ハウステンボスの観覧車の近く、「アートガーデン~花と緑のエリア~」にあるこのお店では

ハウステンボス 光のカフェ&バー 外観

キラキラとグラスの中が光るおもしろカクテルや、ちょっとしたおつまみがいただけます。外の風景を見回せるガラス張りの店内は暖かく、快適。これはデートにおすすめ!

搾りたてオレンジジュース自販機がシンガポールで人気、コレ日本にも欲しい!

搾りたて冷え冷えオレンジジュースが3ドル(シンガポールドル)で飲める自動販売機が、シンガポールのあちこちに設置されています。

搾りたてオレンジジュース自販機がシンガポールで人気、コレ日本にも欲しい!

初めは「ふーん」「こんなのあるんだ」程度に横目で見ていたのですが、とにかく街のいろんな場所で見かけるため、試しに購入してみたところ、これがちゃんとした生搾りジュースで美味しい!ちょっと驚きました。

「i.JOOZ」と書かれた生搾りジュース自販機にお金を入れると、自動で圧搾を開始します!

シンガポール 生搾りオレンジジュース自販機

およそ30秒ほどで出てきたのは、自動カップシーラーで口が閉じられた搾りたてジュース。備え付けられていた太目のストローをさしていただきます。

手塚治虫モチーフも!さっぽろ雪まつりが2018もスゴイ

さっぽろ雪まつりが2018年は2月1日より順次開始となります。さっぽろ雪まつりは、北海道札幌市内数か所で行われる雪と氷の祭典。雪で作った大小の像が展示され、毎年メディアを賑わせます。

FFや手塚治虫モチーフも!さっぽろ雪まつりが2018もスゴイ

2018年公式ガイドによると、大雪像の中には「ファイナルファンタジー XIV“白銀の決戦”」「手塚治虫 生誕90周年記念 オールスターズ」「Happy Birthday! Hokkaido.」などのテーマが。

今年も気になるテーマが物凄いスケールの雪で再現されそうです!

圧倒スケール!ハウステンボス「光の王国」ランキング全国1位のイルミが素晴らしい

長崎ハウステンボスの冬の風物詩、「光の王国」。夜景観光コンベンション・ビューローとぴあ株式会社が開催するイルミネーションアワード「全国イルミネーションランキング」では、5年連続でハウステンボスが総合1位に輝いています。

圧倒スケール!ハウステンボス「光の王国」ランキング全国1位のイルミが素晴らしい

また、2017年に夜景コンベンションビューローが制定した「日本三大イルミネーション」にも選出されており、

ハウステンボスのイルミネーション「光の王国」

ぜひ一度は生で見てみたい、注目のイルミネーションスポット!

ハウステンボスのイルミネーション「光の王国」 写真

そんなハウステンボスの光の世界を、実際に訪れてみた感想や見どころを交えて、ご紹介します。

マーライオンタワーは口が展望台!セントーサ島を見渡すシンガポール最大のマーライオン

シンガポール島の南にあるセントーサ島に、“入場できるマーライオン”「マーライオンタワー(セントーサマーライオン)」があります。

マーライオンタワーは口が展望台!セントーサ島を見渡せる巨大なマーライオン

マーライオンといえばシンガポールのシンボル的存在。よく知られている口から水を吐き出しているマーライオンは、夜景スポットでもあるマーライオン公園に設置されていますが、

セントーサ島にあるマーライオンは、その何倍もある、シンガポールで一番大きなマーライオン!

マーライオンタワー(セントーサマーライオン)外観
真横から見上げたマーライオンタワー

マーライオン自体がタワーになっているため、中に入ってシンガポールの歴史を学んだり、展望台になっているマーライオンの口の部分から景色を眺めることも出来ます。

マーライオンタワーの頭上にのぼれる!

さらに、頭の上に乗る事もできるのです!

メリーゴーランドに乗ってVR世界旅行!ハウステンボスが世界初コラボ

ハウステンボス(長崎県)園内に2017年3月4日より「メリーゴーランド×VR」が登場、見慣れたアトラクションが一味違う体験ができるコンテンツへと生まれ変わっています。

メリーゴーランドに乗ってVR世界旅行!ハウステンボスが世界初コラボ

「VRドラゴンワールドツアー」と名付けられたこのアトラクションは、遊園地の定番ライド「メリーゴーランド」にVR機器を搭載させたもの。

VRメリーゴーランド ハウステンボス

VRとはバーチャルリアリティの略で、ゲームなどの世界に自分が入り込んだかのような感覚を体験できるもの。このVRドラゴンワールドツアーでは、空を舞うドラゴンと共に世界中を旅する体験ができる不思議なアトラクションとなっています!

太鼓谷稲成神社は、津和野のパワースポット!朱色が鮮やかな千本鳥居も

日本五大稲荷の一つ・津和野のお稲荷さん、太鼓谷稲成神。全国に各地にお稲荷さんがありますが、稲荷を稲成と書くのはここだけ。「成」は、願い事がよく叶うようにと込めて付けられたのだとか。

緑豊かな小高い場所に建つ太鼓稲成神社は、朱色に続く千本鳥居や大きな扉・種に輝く本殿など、景観も美しいパワースポットです。

太鼓谷稲成神社は、津和野のパワースポット!朱色が鮮やかな千本鳥居も
写真は2010年撮影のもの

山口県の元乃隅稲成神社にもここと似た海へと続く長い鳥居のトンネルがありますが、元乃隅稲成神社は、白狐のお告げにより昭和30年に太鼓谷稲成神社から分霊された神社です。

太鼓谷稲荷神社 津和野 画像 20

太鼓谷稲成神社は、SLやまぐち号の終点・津和野駅に到着する前に車窓からも見える神社。ひときわ目立つ佇まいに引き寄せられるように、お邪魔してみました。

珍しい「おみくじ」いろいろ、広島にある可愛い おみくじたち

新年を迎え、お宮参りをすると必ずやりたくなるのが「おみくじ」。

珍しい「おみくじ」いろいろ、広島にある可愛い おみくじたち

木箱に入ったものを手探りでひくもの、木筒を振って出てきた棒に番号が書かれているもの、などが「おみくじ」の一般的なスタイルですが、地域によっては、可愛くて珍しいおみくじが色々あります。

今回は、広島県で見つけたちょっとレアで、ひいたあとは部屋に飾りたくなる可愛い おみくじを紹介します!

シンガポール夜景バスツアー!2階建バスで観光スポットを巡ろう

シンガポールには観光バスが沢山走っています。中でもお手軽に参加できてオススメなのが、夜景スポットをオープントップバス 「Hop On–Hop Off Bus(ホップオン・ホップオフバス)」で巡る、夜景バスツアー。

シンガポール夜景バスツアー!2階建バスで観光スポットを巡ろう

昼間もこのバスは観光バスとして運行していますが、シンガポールは日差しも強く蒸し暑いため、夜のバスツアーのほうが涼しく、紫外線を気にすることなく気持ちいい風を受けながらオープンバスで走れるのがいいところ。

今回筆者が参加した「キラキラ夜景バスツアー」はJTBの旅行パンフレットにオプションで付いていたもの。JTBに限らず、夜の観光を盛り込んだバスツアーは沢山あります。

パッケージツアーでシンガポール旅行へ行く場合、パッケージツアーのパンフレットなどにある「オプション」から夜景バスツアーを申し込んだほうが割安で利用できるため、お得ですよ。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ上部へ