前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

さんすて岡山、大規模リニューアル!まずは食・土産のエリアから

岡山駅構内にある商業施設、さんすて岡山(サンステーションテラス岡山)が3期にわたる大規模リニューアルを実施中。

さんすて岡山 大規模リニューアル、まずは食・土産のエリアから

このうちの第一弾として「さんすて岡山南館」の食・お土産のエリアを拡大、新たに51店舗を2020年3月13日からオープンさせると発表しました。

さんすて岡山のリニューアル第一弾は、お土産やデリカ・スイーツ、レストラン・カフェなど “食” にかかわるゾーン。

宮崎空港に巨大「大根やぐら」登場、日本一PRで

宮崎ブーゲンビリア空港(宮崎県宮崎市)に、高さ6m×幅6mの巨大「大根やぐら」が2020年1月11日~17日まで期間限定で設置されます。

巨大「大根やぐら」登場、宮崎空港に日本一PRで

空港に、、大根のやぐら!?

少々ミスマッチな展示物にびっくりしますが、これは宮崎平野の冬の風物詩で伝統農法である「大根やぐら」を、実物大で空港に設置し再現したもの。

日本人が愛するごはんのお供「たくあん」の原材料は干し大根ですが、宮崎市はこの干し大根の生産量が、日本一。

宮崎市 田野・清武町域では、毎年12月上旬~2月上旬ごろになると、竹で組み立てた高さ6mの巨大やぐらに大根をびっしりと干した「大根やぐら」が約300基も組み立てられるのだそうです。

駅弁「金沢三昧」のどぐろ・能登牛・カニ、金沢名物の詰め合わせ弁当

JR金沢駅の構内「あんと」で売られていた駅弁のなかで、一番人気として紹介されていたのが「金沢三昧」。

駅弁「金沢三昧」のどぐろ・能登牛・カニ、金沢名物の詰め合わせ弁当

金沢三昧は、金沢の名物である「のどぐろ」「能登牛」「かに」という3種類の高級食材が詰まった、贅沢な駅弁(1200円)。1番人気ということで、頂いてみました。

駅弁「金沢三昧」パッケージ
駅弁「金沢三昧」パッケージ

金沢三昧を作っているのは、石川県加賀市にある高野商店さん。

高野商店は、北陸の海の幸・山の幸をふんだんに使ったお弁当を明治29年から100年以上作り続けている、老舗のお弁当屋さんです。

愛媛・柑橘の島で見た!奥深き「みかん」の種類と特徴

愛媛県や広島県など、瀬戸内海沿岸部で柑橘の生産が盛ん。瀬戸内の温暖な気候と太陽の恵みをいっぱい受けて、たくさんの柑橘がつくられています。

愛媛・柑橘の島で見た!奥深き「みかん」の種類と特徴

大長みかん(おおちょうみかん)、せとか、はるか、デコポン、八朔…などなど、筆者がすぐに思いつくのはこれくらいなんですが、

しまなみ海道サイクリングの休憩ポイントとして寄った「道の駅 多々羅しまなみ公園」で、ちょっと興味深いポスターを発見しました。

おもてなし感溢れる金沢駅と鼓門!世界で最も美しい駅14選に選ばれた日本唯一の駅

北陸新幹線の東京-金沢間が開通したことで注目を集めた、JR金沢駅。駅前に建つ巨大な鼓門が印象的な石川県の玄関口です。

おもてなし感溢れる金沢駅と鼓門!世界で最も美しい駅14選に選ばれた日本唯一の駅

JR金沢駅は、北陸新幹線の開通前に駅周辺整備を行い、2005年に「鼓門」と「もてなしドーム」が誕生しました。

新幹線や特急列車・高速バスなどで金沢観光に向かう場合、最初に降り立つのが、この金沢駅。鼓門やもてなしドームの他にも、いろいろ「おもてなし心」が散りばめられてありましたよ。

佐賀県内は高速乗り放題!福岡、北九州、山口、広島からの往復もセット

ETC限定の周遊パス「さが観光周遊ドライブパス」をネクスコ西日本九州支社が2020年1月10日利用分より発売すると発表しました。

佐賀県内は高速乗り放題!福岡、北九州、山口、広島からの往復もセット

佐賀県といえば、嬉野温泉・武雄温泉などの歴史ある温泉、佐賀牛、温泉湯豆腐、呼子イカなどのグルメ、有田焼・伊万里焼など多くのファンを魅了し続ける陶磁器などで知られる場所。

さが観光周遊ドライブパス では、佐賀県の高速道路が定額で乗り放題になるうえ、福岡、北九州、山口、広島といった他県からの往復通行料金もセットになってお得なプラン!

金沢名物の金箔ソフト「黄金ソフトクリーム」が凄すぎた!

石川県金沢市の名産品の1つ、金箔。金沢ではあちこちで、金箔を使ったお土産やグルメを目にするのですが、中でも有名なのが金箔ソフト!

金沢名物の金箔ソフト「黄金ソフトクリーム」が凄すぎた!

ソフトクリームの上に金粉がキラキラと振りかけてあるのかと思いきや、なんと金箔で包まれた黄金のソフトクリームじゃないですか…!

金沢の金箔ソフト「黄金ソフトクリーム」が凄すぎた!兼六園の見城亭(けんじょうてい)

なんとも神々しいメタリックなフォルム。

筆者が見つけたのは、金沢市にある日本庭園で国の特別名勝に指定されている兼六園(けんろくえん)の入口にあったお店、見城亭(けんじょうてい)さんのスイーツバー。

見城亭(けんじょうてい)さんのスイーツバー

見城亭は2019年11月10日にリニューアルオープンしており、有名な建築家・隅研吾さんの設計で生まれ変わっています。

2Fにレストランがあり、春には咲き誇る桜の花に包まれた金沢城が、正面に臨めます。1階にはスイーツバーのほかカフェを新たに併設されています。

スタバが大分に初の公園店舗「別府公園店」ドライブスルーも設置

スターバックスコーヒーは、大分県内に初となる公園店舗「スターバックスコーヒー 別府公園店」を2019年12月12日にオープンします。

スタバが大分に初の公園店舗「別府公園店」ドライブスルーも設置

スターバックスコーヒー 別府公園店は、広大な敷地と四季折々の植物など自然に囲まれた別府公園の東駐車場にオープン。

緑が広がる美しい公園の一角で、光を沢山取り込める開放的な店舗が誕生。店内は、大分県出身のアーティストや職人に協力してもらい、アートや照明など空間で個性が重なり合う。

また、店内には別府市内で活動しているアーティストの作品も展示するなど、地域とのつながりも築いていく。

日本庭園で和のイルミネーション「黄金の島ジパング」由志園で

池泉回遊式庭園が有名な由志園島根県松江市)で、130万級の光で庭園を彩る「黄金の島ジパング」クリスマスイルミネーションが、2019年11月15日~12月26日まで開催されます。

日本庭園のクリスマスイルミネーション「黄金の島ジパング」由志園で

イルミネーション開催時には、開園時間を延長して由志園の園内中央にある池泉を舞台にした中四国最大規模の水中イルミネーションなど、

和のイルミネーションをテーマに、「黄金の島ジパング」と題して毎年園内を7つの演出で彩ります。2019年の見どころとなる7つの演出は以下の通り。

  1. 48台のプロジェクターによる庭園全体のプロジェクションマッピング
  2. 中四国最大規模の水中イルミネーション
  3. 七色に光る「和イルミネーション」エリア
  4. 光る巨象のインタラクティブ(双方向性・対話性)アート
  5. 山陰最大級の紅葉ライトアップ
  6. 最新技術で体験する音と光の空間
  7. 紅葉の後に登場する新たな光の演出

イルミネーションは期間ごとに、以下の日程で開催されます。

紅葉ライトアップとクリスマスイルミネーション
期間 2019年11月15日から11月30日まで
時間 20:00まで毎日開催
クリスマスイルミネーション
期間 2019年12月1日から12月26日まで
時間 20:30まで毎日開催

幻想的な世界に包まれるクリスマスイルミネーションは、由志園(ゆうしえん)にて2019年11月15日~12月26日まで開催。期間中の土日祝には、JR松江駅から無料シャトルバスも運行するとのこと。

なお、年明けも「ニューイヤーイルミネーション」として約2週間のみ以下の日程で実施する。

ニューイヤーイルミネーション
期間 2019年1月2日から1月14日まで
注意 毎週水曜日はライトアップをお休み
時間 20:00まで開園

島根県のグルメ&コネタ&おでかけスポット

福岡 大宰府の名物 梅ヶ枝餅、その場で焼きたて頬張り町ブラも

太宰府天満宮の名物・土産といえば「梅ヶ枝餅(うめがえもち)」。

福岡 大宰府の名物 梅ヶ枝餅、その場で焼きたて頬張り町ブラも

広島出身の筆者は、地元のお祭りなどに屋台で出ていた姿を見かけるくらいで、大宰府を訪れるまでちゃんと食べたことはなかったのですが

店頭で購入してその場で食べた、ホカホカの梅ヶ枝餅に心を掴まれてしまい、一瞬にして大好きになってしまいました。

食べてみるまでは「お餅に梅ですか・・・?」と味のイメージが沸かぬままあえて手に取ることはなかったのですが、梅が入っているわけではなく、梅で有名な大宰府天満宮ならではのエピソードになぞらえてつけられた名前でした。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ上部へ