前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

名古屋発祥の「台湾ラーメン」味仙の辛ウマご当地メシにハマる!

名古屋メシといえば、味噌煮込みうどん、味噌カツ、エビフライ、手羽先モーニングなどが有名ですが、地元民が足繫く通う名古屋メシに「台湾ラーメン」がある。

“台湾”ラーメン?名古屋発祥のご当地グルメなのに、なぜ「台湾ラーメン」なのか?

名古屋発祥の「台湾ラーメン」味仙の辛ウマご当地メシにハマる!

台湾ラーメンというネーミングの謎は、発祥のお店「味仙(みせん)」にあって、始まりは初代オーナーの郭さんが、台湾で小皿で食べられている「タンツー麺」を激辛にアレンジして提供したものが最初なんだとか。

その激辛ラーメンの名前を、郭さんの出身地が台湾であることから「台湾ラーメン」と名付けたんですね。

その後、激辛ブームの波に乗って「台湾ラーメン」は一気に広まり、今や揺るがない名古屋のご当地グルメとしての存在感を放つまでに。近年ではファミリーマート限定で味仙監修の「台湾ラーメン」が販売されていたりします。

沖に浮かぶ漁船ズラリ!鹿児島・桜島を結ぶ牛根大橋と周辺の風景

牛根大橋(うしねおおはし)は、鹿児島県垂水市と桜島を結ぶ橋。このあたりには、田舎の港町の雰囲気ある風景が広がっているのですが、

ふと、牛根大橋の下を見ると、たくさんの船が浮かんでいます。

沖に浮かぶ漁船ズラリ!鹿児島・桜島を結ぶ牛根大橋と周辺の風景
牛根大橋の下に浮かぶ、沢山の漁船

牛根大橋の周辺は入り江になっており、その入口には多くの船が浮かんでいました。

鹿児島・桜島を結ぶ牛根大橋
牛根大橋

筆者は港町の風景が好きで、いろんな土地の風景を見ていますが、日本ではこういった風景を見たのは初めて。多くのタンカーが海峡を埋め尽くしていたシンガポールの風景と、ちょっぴり似ています。

人が乗っていない“船の置き場所”といえば、桟橋や防波堤などに係留されてあるのが一般的だったため、鹿児島県垂水市の風景はとても珍しく新鮮でした。

鹿児島のグルメ&コネタ&お出掛けスポット

沖縄にベッセル初のリゾートホテル「レクー沖縄北谷スパ&リゾート」天然温泉も

全国でホテルを展開する株式会社ベッセルホテル開発(本社:広島県福山市)が、ベッセルホテルズの新ブランドとして初となるリゾートホテル Lequ Okinawa Chatan Spa & Resort(レクー沖縄北谷スパ&リゾート)を、2020年3月1日に沖縄県で開業しました。

沖縄にベッセル初のリゾートホテル「レクー沖縄北谷スパ&リゾート」天然温泉も
写真はオープン前の様子

ホテル名は、充実した時間に誘うという意味の“Lead to Quality Time”から、Lequ(レク―)と名付け、気取りすぎず非日常を楽しめるリゾートホテルとして誕生。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートには、ベッセルホテルズでは初めての天然温泉も。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの天然温泉

沖縄では珍しいこの天然温泉は、地下1400mからくみ上げたもの。大きな窓で解放感のある大浴場にて、ゆっくり旅の疲れを癒すことが出来るのが魅力となっています。

成城石井、岡山に中四国初出店!さんすて岡山が大規模リニューアル

JR岡山駅の商業施設「さんすて岡山」が、2020年3月13日よりリニューアルオープン!3期にわたって、段階的に大規模リニューアルが行われています。

さんすて岡山に成城石井 中四国初出店!3期にわたり大規模リニューアル
※写真はイメージ。岡山駅の桃太郎像

さんすて岡山はJR岡山駅と一体化した商業施設で、地上エリアにあるもの。(駅から続く地下エリアは「岡山一番街」)

さんすて岡山には南館・西館・北館 の3つがあり、リニューアルされるのは南館と北館。第1期・2期で南館を、第3期に北館を順次リニューアする。

さんすて岡山 リニューアルゾーン

デイリー使いに嬉しいスーパーやドラッグストアをはじめファストフード店から、スタバといった人気チェーン、地元岡山ならではの飲食店、さらに岡山・中四国初上陸の成城石井もオープン予定。

まずは2020年3月13日に第1期エリアとして さんすて岡山南館がリニューアルオープン!

120種類の巨大アスレチックタワー「万博ビースト」大阪の万博記念公園に誕生

大阪にドイツ製の巨大アスレチックタワー・万博BEAST(バンパクビースト)が2020年3月15日にオープンする。

120種類の巨大アスレチックタワー「万博ビースト」大阪の万博記念公園に誕生

万博BEASTは、六角形のタワー型アスレチックで、4階層のアスレチックエリアと屋上展望台「天空回廊」で構成されている高さ24mの施設。

万博BEAST、大阪のタワー型アスレチック

アスレチックエリアには、クライミング、スラックライン(ベルト状のラインの上でバランスを楽しむ)、ジップライン(ワイヤーロープを滑車で滑り降りる)など、

様々なアクテビティがなんと120種類も体験できる。

せとうちトレイン(SETOUCHI TRAIN)リニューアル!マスキングテープ販売も

瀬戸内海のおだやかな海に浮かぶ島々をイメージし、「瀬戸内海ブルー」を基調にデザインされたラッピング列車 せとうちトレイン(SETOUCHI TRAIN)が、2020年2月16日よりリニューアルして運行中。

せとうちトレイン(SETOUCHI TRAIN)リニューアル!マスキングテープ販売も

せとうちトレイン(SETOUCHI TRAIN)は、2019年3月から運行している地域の魅力を発信するラッピングトレイン。

運行は、山陽線(姫路~岡山~三原)、伯備線(岡山~新見)、赤穂線(播州赤穂~岡山)、瀬戸大橋線(岡山~児島)、宇野みなと線(岡山~宇野)、福塩線(福山~府中)の区間を走っています。

車両は115系電車 1編成(3両編成)で、「マリメッコ」や「ムーミン」のデザインを手がける鈴木マサル氏がデザインを担当。

今回、座席を車両外装にあわせてリニューアル。また、倉敷に本社を置くカモ井加工紙株式会社の人気商品・マスキングテープとコラボし「SETOUCHI TRAIN柄オリジナルマスキングテープ」を2020年3月13日から発売開始する。

せとうちトレインのオリジナルマスキングテープは全6種類。15mm幅×7m(税別240円)と24mm幅×7m(税別380円)があり、岡山駅、倉敷駅、尾道駅にて販売する。

せとうちトレイン(SETOUCHI TRAIN)の運行は2022年3月頃までの予定。

岡山県のグルメ&コネタ&おでかけスポット

鳥取14か所にポケモンマンホール「ポケふた」設置、ポケストップにも

鳥取県内14か所に、それぞれデザインの異なるポケモンマンホール「ポケふた」が設置されることを鳥取県が発表しました。

鳥取14か所にポケモンマンホール「ポケふた」設置、ポケストップにも
鳥取のポケふた と、女優の釈由美子さん (お披露目会に出演予定だったが、新型コロナの影響から中止となった)

ポケモンマンホール「ポケふた」は、ご当地デザインが施されたマンホール蓋(デザインマンホール/ご当地マンホールなどと呼ばれる)のポケモンバージョン。

2018年12月に鹿児島県指宿市に「イーブイ」マンホールが設置されたのを皮切りに、各地に「ポケふた」が設置されていて、ポケふた巡りを楽しむファンも多いという。

今回鳥取県には、とっとりふるさと大使に任命されているポケモン「サンド」「アローラサンド」が描かれるマンホール蓋が14枚設置されます。

瀬戸大橋のライトアップ、2020年4月から通年点灯に!

岡山県倉敷市香川県坂出市を結ぶ瀬戸大橋のライトアップが、2020年度より通年点灯へと変更されました。瀬戸大橋のライトアップはこれまで、週末など限定的に実施されていましたが、

自治体などから点灯拡大の強い要望などもあり、2020年度は7月7日を除き、4月1日より毎日点灯することが決定。

瀬戸大橋のライトアップ、2020年4月から通年点灯に!

点灯時間は季節によって異なりますが、基本的には日没から点灯を開始し、初夏~夏休みシーズンにかけて一部日程では最長で22時までライトアップを行う。

2020年度の瀬戸大橋ライトアップスケジュールは以下の通り。

夜の沖縄観光に!東南植物楽園で180万球イルミネーションに包まれ光のお散歩

冬でも暖かい沖縄では、夜もお出掛けしたくなる!
沖縄旅行といえば、昼間のアクティビティも楽しいですが、夜もまだまだ楽しみたい! そんな時にオススメなのが、沖縄市にある「東南植物楽園」のライトアップイベント「ひかりの散歩道」です。

夜の沖縄観光に!東南植物楽園で180万球イルミネーションに包まれ光のお散歩

東南植物楽園とは沖縄県の中部エリアにある植物園。沖縄北ICからも近く、南国の自然や動物に触れ合えるスポット。

東南植物楽園では毎年、冬から春(11月末~3月末または4月初旬ごろ)にかけて園内を美しく彩るイルミネーションを開催しています。

サンゴ染め体験!沖縄・首里琉染で、旅の思い出になる手作りお土産

沖縄旅行の思い出に、サンゴ染め体験はいかが? サンゴ染め体験ができるのは、首里城のすぐそばにある首里琉染(しゅりりゅうせん)さん。このお店は、沖縄の草木染紅型研究所。

サンゴ染め体験!沖縄・首里琉染で、旅の思い出になる手作りお土産

サンゴ染め体験のほかに、紅型染め(びんがたぞめ)という、沖縄の伝統的な染色技法を用いた琉球染物の体験もできます。ちなみに、サンゴ染め体験ができるのは、沖縄でここだけ。

沖縄で「サンゴ染め体験」ができる、首里琉染さん

当編集部では、サンゴ染めに挑戦してきました!

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ上部へ