前の10件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

横浜・大さん橋、屋上の芝生公園は癒しの絶景スポット!映画やドラマのロケ地にも

横浜港大さん橋国際客船ターミナル(通称:大さん橋)は、世界各国のクルーズ船が寄港する世界有数の港。その独特な形をした建物の屋上は、大接近した豪華客船などを間近に見られる美しい公園のような広場になっています。

横浜・大さん橋の屋上、芝生公園は癒しの絶景スポット!映画やドラマのロケ地にも

贅沢な眺望と綺麗な芝生が広がっているこの屋上広場は、映画やドラマのロケ地にも使用されていて、

映画「海猿」(BRAVE HEARTS 海猿)のラストシーンにも使われていたのを見て、筆者は一目で「行ってみたい!」と思っていた場所です。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル、映画 海猿やドラマ「おっさんずラブ」ロケ地にも

ちなみに、最近ブレイクしたドラマ「おっさんずラブ」でも、吉田鋼太郎と大塚寧々が扮する夫婦の “最後のデートスポット” のロケ地としても使われました。

MSCスプレンディダ、プチ旅も楽しめる大型カジュアル客船

MSCスプレンディダは、MSCクルーズ社が運航する巨大豪華客船。MSCクルーズ社はイタリアで創業したクルーズ会社で、2019年1月現在は15隻のクルーズ船を保有。2026年までに全24隻まで増やす計画を持つ、 “客船の発注件数最多を誇るクルーズライン” です。

MSCスプレンディダ、プチ旅も楽しめる大型カジュアル客船

MSCスプレンディダは、2009年デビューしたカジュアル客船。

日本には、2018年に初就航しています。全長333.3mという大型客船のMSCスプレンディダは、遠くから見ても圧巻の大きさ。

横浜・大黒ふ頭に停泊する、MSCスプレンディダ

その迫力に、クルーズ初心者には手の届かない存在のようにも見えますが、

実は日本発着プランや、4日間のショートプランなどもあり、クルーズ初心者向けの体験乗船にもちょうどよい価格帯のツアーなども用意されています。

門司港駅を大正の姿に復原!グランドオープンを記念し「SUGOCAセット」も発売

創建当時(大正3年)の古き良き姿に復原させようと工事がすすめられている、鉄道駅として日本で最初に重要文化財に指定された門司港駅(福岡県北九州市門司区西海岸1-5-31)が、2019年3月10日にグランドオープンとなります。

門司港駅を大正の姿に復原!グランドオープンを記念し「SUGOCAセット」も発売

門司港駅の外壁には石貼り風にモルタルを塗り、屋根には天然の石盤を葺き、屋根周りの飾りも復原する。

名古屋テレビ塔、営業終了!改修後は塔内に「高級ホテル」2020年リニューアル

名古屋テレビ塔(愛知県名古屋市中区錦3丁目6-15)が、2019年1月6日に営業を終了しました。全面リニューアルのため、改修後の再オープンまでの約1年半は休館となる。

名古屋テレビ塔、営業終了!改修後は塔内に「高級ホテル」2020年リニューアル

名古屋テレビ塔が開業したのは、1954年6月20日。当時は展望料金が大人50円・学生30円・小人20円でした。(閉館前は大人700円・高大学生600円・小中学生300円)

名古屋テレビ塔は、集約電波塔として日本で最初に建てられたタワーであり、タワーとして全国で初めて、国の登録有形文化財として2005年に登録されました。

名古屋・栄のシンボルタワーは2019年に一度幕を下ろし、内容も新たに2020年に生まれ変わります。

マリーナベイサンズ CLUB55で絶景朝食を!朝から景色にうっとり&品揃えにワクワク

シンガポールのシンボル的存在の高級ホテル「マリーナベイサンズ」。55階にある CLUB55(クラブ55)は、絶景を見渡せるラウンジとして人気のレストランですが、

モーニングをはじめ、アフタヌーンティーなどの時間帯(毎日6時30分~19時まで)は宿泊者専用になるため、対象者は朝食もゆっくりと楽しむことが出来ます。※20時以降は一般も利用可能

マリーナベイサンズ CLUB55で絶景朝食を!朝から景色にうっとり&品揃えにワクワク

CLUB55の朝食は、クラブフロア以上(クラブルーム、グランドクラブルーム、スイートルーム)の宿泊者が利用可能。

マリーナベイサンズ CLUB55 朝食の風景

ビュッフェスタイルの朝食となっています。

bills(ビルズ)福岡、パンケーキなどがハリウッドセレブにも人気のお店!中州でも行列必至

シドニー発の人気レストラン「bills(ビルズ)」が東京をはじめ、日本では神奈川・大阪・福岡に出店中。

世界の有名誌で「世界一の朝食」と称されたスクランブルエッグやリコッタパンケーキが食べられると、各店には地元から観光客まで多くの人が訪れます。

bills福岡、中州の水上公園 爽やかなガラス張り空間でのんびり

bills(ビルズ)福岡もその人気店の一つで、平日でも大にぎわい。筆者が訪れたのは福岡店がオープンしてから2年経っている2018年夏だったのですが、行列必至という感じでした。

bills福岡 外観2

bills福岡 パンケーキが焼かれている

中洲の水上公園、川の上に建つガラス張りの外観が目を引く建物。入口付近はキッチンになっていて、ふんわりと膨らみながら焼けていくパンケーキが目の前で見られる。もう、食欲MAXです。

コーヒーハウス KAKO(かこ)花車本店、名古屋モーニング「小倉トースト」を昭和レトロな店内で

名古屋を訪れたら「コーヒー(飲み物)を注文するとパンがサービスで付いてくる」というお得なモーニングの文化を味わいたい!と、観光客からも人気なのが コーヒーハウス KAKO(かこ)花車本店。

コーヒーハウス KAKO(かこ)花車本店で名古屋ツウを味わうモーニング

名古屋市中村区にある「花車ビル」の1階にあるお店です。名古屋で初めて自家焙煎珈琲を始めたという、コーヒーハウス KAKO(かこ)花車本店。

1972年創業で、お店はオフィスビルのような建物の1Fにヒッソリとあり、看板もけっこう年期が入っているため分かりづらい。

名古屋 コーヒーハウスかこ 花車本店の外観

注意して見ていないと初めて訪れる人は気づかずに通りすぎてしまうかも?

名古屋 コーヒーハウスかこ 花車本店 外観2

レトロな雰囲気の店内では、おいしいコーヒーとちょっとかわった「あんトースト」がいただけます。

夜のイルミネーションが綺麗な、横浜の観覧車「コスモクロック21」

冬になると、街が全体的にイルミネーションで彩られますが、横浜のシンボル的存在でもある よこはまコスモワールドの大観覧車「コスモクロック21」は、

夜のイルミネーションが綺麗な、横浜の観覧車「コスモクロック21」

日没後から綺麗なライトアップイルミネーションが冬に限らず年中見られる、みなとみらいの夜景には欠かせないスポット。

横浜の観覧車と、みなとみらいの夜景

「コスモクロック21」は、名前に「クロック」とあるように世界最大の時計機能付き大観覧車となっています。

横浜の観覧車「コスモクロック21」の時計

観覧車の中央にデジタル時計があるほか、観覧車には1分の秒数と同じ数だけゴンドラ(60台)あり、秒針のようにゴンドラを支える柱などが美しく光って時間を刻んだり、カラフルなイルミネーションで美しく横浜の夜を彩ります。

鈴型モナカが可愛い!博多駅のお土産 鈴懸(すずかけ)香り高い おてづめ最中

鈴懸(すずかけ)は、1923年創業の博多の老舗和菓子屋さん。福岡県福岡市博多区に本店・工房を構えるお店ですが

博多駅でもその和菓子を購入することができます。

鈴型モナカが可愛い!博多駅のお土産 鈴懸(すずかけ)香り高い おてづめ最中

博多駅 駅ビル「JR博多シティ」内にある商業施設「デイトス(博多駅筑紫口側 地下1F~地上2F)」の1階にある鈴懸デイトス店。

博多駅 鈴懸(すずかけ)デイトス店 外観
Photo / jrhakatacity.com/deitos

気になる店がたくさん立ち並ぶ中、シンプルかつ高級感が漂うブースがその店です。

鈴懸の店の名を表したような「鈴乃最中(すずのもなか)」のおてづめが、シンプルだけどとても美味しい!

博多駅イルミネーション「光の街・博多」2018-2019スタート

博多駅前を華やかに80万球の光で彩る冬のイルミネーション「光の街・博多」が2018年11月8日よりスタートしました。

博多駅イルミネーション「光の街・博多」2018-2019スタート

博多駅イルミネーション 画像1

今年で8回目となるこのイルミネーション。

博多駅前(博多口)には、白や青・紫などの光をベースにまとまりのある色使い。雪はあまり降らない地域だけれど、雪が降り積もったロマンチックな雰囲気が広場に広がります。

前の10件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

ページ上部へ