前の10件 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18

スヌーピーがテーマ!「ピーナッツ ホテル」2018年神戸にオープン

スヌーピーをテーマにしたデザインホテル、「PEANUTS HOTEL(ピーナッツ ホテル)」が2018年8月に兵庫県神戸市にオープン。

同日、1階に「ピーナッツ カフェ」、3階には「ピーナッツ ダイナー」も同時オープンとなります。

スヌーピーがテーマ!「ピーナッツ ホテル」2018年神戸にオープン

ピーナッツ ホテルは、スヌーピーのコミックの一コマをコンセプトにした宿泊施設。

ピーナッツ ホテル コンセプトの一コマ

スヌーピーのドッグハウスにやってきた小鳥たちが寛いで寝てしまう。

「IT'S NICE TO HAVE A HOME WHERE YOUR GUESTS FEEL COMFORTABLE.(お客さんが心地よく思ってくれる家をもてるって素敵だね。)」

そんなほっこりしたシーンがコンセプト。客室は全18室。全て別々のコミックをコンセプトにイメージした部屋がつくられます。

カフェ(テイクアウト専門)やレストランは宿泊者もそうでない方も利用可能。スヌーピーファン必見のカジュアル・フレンドリーなデザインホテルです。

ホテルの予約は2018年7月9日10時よりPEANUTS HOTELサイト内にてWEB受付。各種クレジットでの事前決済で、現金払い・当日払いは不可となっています。(宿泊代 朝食込み3万円~)

ピーナッツ ホテル(兵庫県神戸市中央区中山手通1-22-26)は2018年8月1日グランドオープン。

小浜温泉で温泉たまご作り!自分でつくれる、出来立てホヤホヤ

有り余るほどの温泉が湧き出て、街にはシューシューと白い蒸気が立ち込めている、小浜温泉。長崎県の小浜温泉には、日本で一番長~い足湯「小浜温泉足湯 ほっとふっと105」がありますが、

この場所では熱々の源泉を利用して、温泉たまごを自分で作ることが出来ます!

小浜温泉で温泉たまご作り!自分でつくれる、出来立てホヤホヤ

「小浜温泉足湯 ほっとふっと105」の敷地内には大きな蒸し釜があり、その隣の建物では

小浜温泉足湯 ほっとふっと105で、温泉たまご

蒸すときに使うカゴを200円で借りられるほか、地元産の卵、季節の野菜なども売られています。

小浜温泉で温泉たまご作り

このときは、卵やトウモロコシ、さつまいも等が売られていました。ちなみに、とても良心的なのは、食材は持込みでもOKというところ。

自分で蒸したい野菜や卵を準備して、それらを蒸して食べることも出来るとのこと。たとえば、肉まんをスーパーで買ってきて、ここで蒸してもOKです!

長崎の可愛いフルーツバス停に、思わずパシャリ!九州にイチゴやメロンのバス停がある風景

長崎に、メロンや苺・スイカなどの形をした、カラフルで可愛いフルーツバス停が「かわいい!」「絵になる!」と、女性を中心にSNSなどで注目されています。

かわいいフルーツバス停が突然現れる!長崎でフルーツ狩り

フルーツバス停は、各フルーツの細かいところまで再現された屋根付きバス停(待合室)。

長崎フルーツバス停 の待合室

有明海沿いをドライブしていると、突如として現れるインパクト大のフルーツたちに、思わず車をとめて写真を撮りたくなります。次はどんなバス停が現れるのか?ドライブの楽しみの一つになります。

トイレの歴史詰まった「TOTOミュージアム」世界も認める日本トイレの魅力に迫る

TOTOミュージアムは、九州・北九州市にある古今東西のトイレをあつめた博物館。あの「ウォシュレット」で世界に名を馳せたTOTOが、会社創立100周年を記念して、2015年に開館したTOTOの博物館です。ちなみに、TOTOの社名は、創業時の社名・東洋陶器(TOYO-TOUKI)の略。

トイレの歴史詰まった「TOTOミュージアム」世界も認める日本トイレの魅力に迫る

TOTO創業の地である福岡県北九州市小倉北区の本社・小倉第一工場の敷地内にあるミュージアムは、近代的でちょっと変わった形をしており、小倉(福岡県北九州市)の街に異彩を放っています。

TOTOミュージアムが予想以上の見応え!100年を超える歴史と遊び心詰まった館

TOTOミュージアム館内では、創業からおよそ50年にわたりTOTOを支えてきた「食器」の展示や、“下水道”の概念さえ一般的でなかった時代の日本で製造された「腰掛式水洗便器」や、その普及と共に一変し進化を続けてきたTOTOの足跡が、現物の展示と共に詳しく解説されています。

TOTOミュージアムは無料で見学できます。館内はかなりの広さ!展示品を見て回るだけでも見応え十分です。

客船 ガンツウ、瀬戸内海に浮かぶ高級宿が宮島沖に停泊する様子

瀬戸内海をめぐるクルーズ船・ガンツウ(guntû)は、2017年10月に就航したラグジュアリー船。和風建築物が船の上に乗っているような外観がちょっと珍しい。

客船 ガンツウ、瀬戸内海に浮かぶ高級宿が宮島沖に停泊する様子

その外観に華やかさはないものの、客室はこだわりのスイートルームのみで、料金は40万円~(コースや客室タイプにより異なる)という高級客船です。

客船 ガンツウ、瀬戸内海をめぐる高級クルーズ船

ガンツウのコンセプトは「せとうちに浮かぶ小さな宿」。

ガンツウのコンセプトは「せとうちに浮かぶ小さな宿」

そのため、客室や船内には木材がふんだんに使用され、

ガンツウ 船内の様子

ガンツウ 船内の様子
ガンツウ 船内の様子

切妻の屋根、縁側などがある、客船としてはめずらしい造りになっているのが特徴です。

新造船 シルバーティアラ、八戸と苫小牧間を運航するフェリーが就航

全長148.8m、幅23.4mの新造船 シルバーティアラが、2018年4月25日に就航した。川崎近海汽船が運航する「シルバーティアラ」は、内海造船株式会社 瀬戸田工場(広島県尾道市)で造られた車両も積載可能な客船。

新造船 シルバーティアラ、八戸と苫小牧間を運航するフェリーが就航
内海造船で進水式が行われたシルバーティアラ / 川崎近海汽船

シルバーティアラ 豪華な客室も

八戸(青森県)と苫小牧(北海道)間を以下のスケジュールで約7時間強かけて運航する大型フェリー。

  • 八戸発 13時00分 ~ 苫小牧着 20時15分
  • 苫小牧発 23時59分 ~ 八戸着 7時30分

シルバーティアラのプロムナード
プロムナード

車両搭載台数は、12mトラックが約82台、乗用車約30台、大型バイク約57台。また、客室は特等室から2等寝台まで様々なタイプが用意されています。

ロマンスカーミュージアム、2021年に誕生!小田急の運転士気分も味わえる鉄道博物館

小田急電鉄が初の鉄道ミュージアム「ロマンスカーミュージアム」を、2021年春に神奈川県海老名市の小田急小田原線海老名駅隣接地に開業すると発表しました。

ロマンスカーミュージアム開業、運転士気分も味わえる小田急新スポット

ロマンスカーは、主に新宿から箱根湯本間を運行する小田急電鉄の特急列車。

ロマンスカーミュージアム 外観
ロマンスカーミュージアム 外観

ロマンスカーミュージアムは「“子供” も “大人” も楽しめる鉄道ミュージアム」をコンセプトに、小田急の歴史を彩る車両が展示されるほか、運転士気分を味わえる「電車運転シミュレーター」や「キッズゾーン」、

沿線の風景を模したジオラマや、カフェ・グッズショップといったコンテンツも揃えられる予定。

世界が認めた「日本の絶景」河内藤園・藤のトンネルが美しい

河内藤園(かわちふじえん)は、世界のニュースを発信するCNNのトラベル情報サイト「CNNトラベル」にて「日本の最も美しい場所31選(Japan’s 31 most beautiful places)」として紹介された福岡県のスポット。

世界が認めた「日本の絶景」河内藤園の藤のトンネルが美しい

“絵の世界を歩いているようだ” と絶賛されたその風景は、福岡県北九州市の山あい、静かな場所にあります。

河内藤園の藤棚が満開時の様子2

河内藤園に足を踏み入れると、そこには美しい世界が。2018年も見頃を迎え、国内外からも沢山の花見客が訪れ賑わっていました。

トリッキーなお茶パフォーマンス!四川豆花の茶芸師(ティーマスター)

表情ひとつ変えずテーブルに近づき、細長い首の急須を使ってトリッキーなお湯の継ぎ足しサービスをしてくれる、茶芸師(ティーマスター)!

トリッキーなお茶パフォーマンス!シンガポール四川豆花の茶芸師

この茶芸師(ティーマスター)は、シンガポール中心部のオフィスが点在するビーチロード沿いにあるホテル「パークロイヤルビーチロード(PARKROYAL on Beach Road)」ロビー階(1階)にある、

四川・広東料理レストラン「四川豆花飯荘(シーチャントウファ)」で出会ったもの。本場の味を楽しめるレストランなのですが、この店で一番印象に残ったのが、このティーマスターのお茶サービス!

沖縄・ブセナ海中公園でグラスボートを楽しむ!綺麗な海と魚に癒される20分間

連休や夏休みのお出掛けに人気の沖縄。美ら海水族館青い海と白い砂浜日本一早く咲く桜タコライスアグーのしゃぶしゃぶなどの沖縄グルメなどなど、楽しみは色々ありますが、

沖縄で気軽にできる体験観光としてオススメなのが、グラスボート!

沖縄・ブセナ海中公園でグラスボートを楽しむ!綺麗な海と魚に癒される20分間

グラスボートとは、船底がガラスになっていて、海底観察ができる観光ボートのこと。

グラスボートとは

青い海に繰り出して、海底に泳ぐ南国の魚たちやサンゴを間近にみることができ、水着を着なくても海の中の世界をのぞき見ることができます。

前の10件 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18

ページ上部へ