ラインスタンプ

2019年03月13日 うめっち/更新:2019.03.13

桜の花びらプールに埋もれる「サクラチルバー」でお花見!佐賀のお酒&イチゴを表参道で

 シェアする

120万枚の桜の花びらに埋もれる「桜プール」がある店内で、佐賀県の日本酒「佐賀ん酒」や名産品のおつまみを楽しむことができるお店、

サクラチルバー(SAKURA CHILL BAR) by佐賀 が、2019年3月22日より10日間限定で東京 表参道の「IKI-BA in commune2nd」にオープンします。

桜の花びらプールに埋もれる「サクラチルバー」でお花見体験!佐賀のお酒&イチゴ楽しむ

サクラチルバーは、昨年の開催時には連日1時間半待ちの長蛇の列ができたという、人気の「体験型インドアお花見」ができるバー。

2019年は、昨年好評だったメニューに加え、2018年に誕生した佐賀のいちご新ブランド「いちごさん」を大胆に加えた新メニューも提供する。

sponserd link

サクラチルバーby佐賀 開催概要

室内には桜の木を配置。花びらが膝の高さまで積もっているピンク色の桜プールの中にうもれることが出来ます。

サクラチルバー 画像2

天候や寒さに左右されない「体験型インドア花見」をしながら、表参道で佐賀の名産に舌鼓。提供メニューは

  • サクラチルSET(佐賀ん酒三種飲み比べ+佐賀名産おつまみ)…1000円
  • いちごさんSET(佐賀ん酒三種飲み比べ+佐賀名産おつまみ+いちごさん3個)…1530円

価格はいずれも税込で「佐賀ん酒」は、佐賀の23蔵元から1銘柄ずつ提供される予定。開催期間を前後半に分け、前半(3月22日~26日)に12銘柄/後半(27日~31日)に11銘柄を提供する。

サクラチルバー 画像

佐賀の名産おつまみも、海と山のものを取り入れた厳選おつまみや、佐賀でいま最も力を入れてPRしている「いちごさん」も味わえる。

「泡パ」など、今までにない斬新なパーティーを創造する「アフロ&コー」が、「さが県産品流通デザイン公社」とコラボレーションした期間限定のバー『サクラチルバー』は、2019年3月22日~31日まで開催。

開催場所はIKIBA in commune2nd(東京都港区南青山5-1-25)で、営業時間は平日15時30分~21時45分、土日11時~21時45分(21時15分最終入場)。

今回はお酒を提供する企画となっているため、20歳未満の方のみでの入店は不可。また、SAKURA CHILL BARのメニューを注文した人のみ、桜プールへ入れることとなっています。



あわせて読みたい

edit 『 グルメ・スイーツ 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ